ニュース
» 2013年12月18日 21時01分 UPDATE

10代男性の5割が「インターネット経由でラジオを聴きたい」――NTTアドの「ラジオに関する調査」

NTTアドは、2000名を対象とした「ラジオに関する調査」を実施した。インターネット経由ラジオの聴取意向率は10代男性では約5割で、自分のライフスタイルに合わせて自由に聴けるという部分が評価に繋がっているようだ。

[ITmedia]

 NTTアドは、「ラジオに関する調査」の結果を発表した。全国の10〜60代の男女2000名を対象とし、11月21日〜24日にインターネット調査を実施した。

Photo 「ふだんラジオ番組をどのように聞いていますか」(複数回答)

 これによるとインターネット経由ラジオの聴取意向率は41.5%で、聴取率20.0%を大幅に上回る結果となった。中でも、10代男性の意向率は48.1%と最も高い。

Photo 「あなたはインターネットラジオを聴きたいと思いますか」

 聴取意向理由として多いのは「好きな時間に聴くことができる」(63.8%)、「好きな場所で聴くことができる」(47.0%)、「いろいろな国や地域の番組を聴くことができる」(41.4%)と、ライフスタイルに合わせた自由な聴取スタイルが可能で、地域を超えたコンテンツを選択できる部分が評価につながったという。

 同社は今回の調査結果より、インターネット経由ラジオにはコンテンツ化による新しいビジネス展開やインタラクティブ性を活用したコミュニティの形成、マルチデバイス対応によるグローバルな情報発信といったさまざまな可能性を感じたとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう