ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NTTアド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ネットワーク可視化で未知の脅威に対処する:
PR:事例:「社内LANで何かが起きている!?」具体的な脅威の把握で対処が可能に
企業に忍び寄る全ての脅威を完全に防ぐことはできない。今、企業ができる対策は、ネットワークを可視化し、未知の脅威に気付き、自動的に対処できる体制を整えることだ。(2018/11/9)

25以上の広告配信プラットフォームと連携:
D2C、「dメニュー」などのドコモメディア群を中心としたプログラマティック広告取引システムを提供開始
D2Cは、NTTドコモ「dメニュー」をはじめとするドコモメディア群を中心とした広告枠を束ねるプログラマティック広告取引システム「D2Cアドプラットフォーム」を提供開始した。(2018/5/14)

訪日外国人の“足取り”、プリペイドカードで把握 JCBが実証実験
観光情報アプリをダウンロードした訪日外国人旅行者にプリペイドカードを配布し、位置情報や決済情報を取得してマーケティングにつなげる実証実験を、JCBが始めた。(2017/10/13)

3月27日:本格的な日本語検索エンジン「goo」サービス開始
(2016/3/27)

地元意識を持っている場所は? 東京圏に住む人の愛着心
地元意識を持っている場所はどこですか? 東京、大阪、名古屋など大都市に居住している人に聞いたところ……。NTTアド調べ。(2015/9/14)

東京の生活に満足しているのに、脱東京志向者は29.0%
東京以外のオフィスで働き、東京以外のところに住む……いわゆる“脱東京志向”の人はどのくらいいるのだろうか。20〜40代の東京で働くビジネスパーソンに聞いたところ、29.0%が脱東京志向者だった。NTTアド調べ。(2014/11/13)

オープンな10代とクローズな30〜40代:
Facebookでシェアする“ネタ”、性年代別で大きな違い?
スマートフォンの普及に伴い、LINE、Facebook、TwitterといったSNSの利用者も増えている。複数のSNSを目的別に使い分ける人もいるが、特にFacebookは年代によって使い方が異なるという。NTTアド調べ。(2014/8/7)

10代男性の5割が「インターネット経由でラジオを聴きたい」――NTTアドの「ラジオに関する調査」
NTTアドは、2000名を対象とした「ラジオに関する調査」を実施した。インターネット経由ラジオの聴取意向率は10代男性では約5割で、自分のライフスタイルに合わせて自由に聴けるという部分が評価に繋がっているようだ。(2013/12/18)

人気調査データをランキングで紹介:
「もっと自分をキラキラさせたい女性」は46.0%で男性と27.5ポイント差〜調査データランキングTOP10
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「東証1部上場企業の2012年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」や「女性の『見た目』に関する意識調査」がランクインしました。(2012/11/5)

オリンピックのテレビ観戦、PCとの“マルチスクリーン”視聴にニーズ
7月27日に開幕するロンドンオリンピック。オリンピックの観戦スタイルでは「自宅でテレビ中継を観戦」が断トツで多かったが、テレビ視聴する時に併用したいメディアでは「PC」がトップとなった。NTTアド調べ。(2012/7/10)

何歳に見られたい? 若く見られたい人が増えている
あなたは周囲の人から何歳くらいに見えると言われますか? 首都圏に住む30〜59歳の人に聞いたところ、実年齢よりも若く見られると回答した人は男性57.3%、女性64.7%だった。NTTアド調べ。(2011/12/21)

「組織」や「肩書き」はいらない――早期退職する20代
他にやりたいことがあって会社を転職した20代は、仕事についてどのような考え方を持っているのだろうか。就職後2年未満に転職した20代に聞いたところ、肩書きや組織といった既成の枠組みにとらわれることなく、自己実現を志向する若者の姿が浮き彫りになった。NTTアド調べ。(2011/11/1)

朝型生活のメリットは何ですか?
(2010/12/13)

あなたは何人? 携帯アドレス帳の登録数、20代74.8人、30代以上51.6人
クルマ離れやビール離れなど、これまでの世代とは異なった価値観を持っていると言われる現代の20代。人付き合いに関しては、30代以上とどのように異なっているのだろうか。NTTアド調べ。(2010/10/19)

プロモーションにウィジェットを活用――NTTアドが広告モデル開発
NTTアドが、携帯電話向けウィジェットを利用した2種のプロモーションモデルを開発。モバイル利用のプロモーション活動を支援する。(2009/5/12)

「F906i」ロードテスト:
第6回 “ながら利用”に便利な「サーチキー」、しかし……
「F906i」で新たに搭載されたのが「サーチキー」。待受画面からメニューをたどることなくWeb上の情報やアドレス帳を検索できるというものだ。ワンセグや地図アプリの利用中にも使えるなど使い勝手も良好だが、今後の改善に期待したいところもある。(2008/9/9)

年齢より若く見られたい?――複雑なオトコ心
(2008/8/25)

“テレビを見ながらケータイ”は、もはや常識?――10代・20代女性の9割が“ながら利用”
NTTアドが、情報やメディアへのアクセスの仕方に関する調査結果を発表。「ふだんの生活で利用できるメディアを1つだけ選択するとしたら何を選ぶか」という質問では、10代男女と20代女性で「携帯電話/PHS」がトップとなった。(2008/4/16)

「セキュリティ対策にお金をかけない派」が3割近くに
セキュリティ対策への支出は低下傾向にあり、ユーザーの3割近くはお金をかけない――NTTアドの調査でユーザーのセキュリティに対する意識と対策の実態が明らかになった。(2008/3/31)

受験生がもらってうれしいのは“画像付き応援メール”
エヌ・ティ・ティ・アドが、受験生を応援する商品とコミュニケーションルーツに関する実態調査の結果を発表。商品については「菓子/食品/飲料」の認知度が高く、購入経験も5割近くにのぼる。合格祈願や応援のメッセージはメールと通話が主流だ。(2008/2/29)

Twitterユーザーは「名前を知らなくても友達」?
SNSと「Twitter」のようなミニブログのユーザー間で友達のとらえ方に大きな差があるという調査結果が出た。ミニブログユーザーは「面識があるが本名は知らない」関係でも友達ととらえる人が多いという。(2007/11/8)

「アバター」認知度は9割以上 女性の関心高い
(2007/10/17)

gooが10周年 検索ブックマークレットなど公開
「goo」が10周年を迎え、特設サイトで検索ブックマークレットなどを公開した。(2007/3/27)

CGMから「感性」も抽出するマーケティングリポート
(2007/2/13)

ワンセグ、「携帯で見たい」が約9割──NTTアド調査
NTTアドとマイボイスコムが「モバイル端末による番組視聴」に関する調査を実施。「ワンセグを携帯で見たい」という声が86%に上った。(2006/3/30)

安全対策として子供に携帯を持たせている親は28.9%
携帯やPHSの「子供の安全を守る」役割が改めて今注目を集めている。調査によると、小学生の親の約9割は何らかの安全対策をとっているという。(2006/3/29)

InfoPathとの連携機能を備えたワークフローシステム
エイ・エヌ・テイは、InfoPathをはじめとするMicrosoft製品との連携機能を備えたワークフローシステム「スマートワークフロー」の販売を開始した。(2005/7/7)

ケータイでポスターを撮って情報を入手〜商用化目指しトライアル
ポスターや雑誌などに埋め込まれた電子透かしをケータイカメラで撮って送ると、詳細情報を入手できる「パ写WARP」。4月からマーケティングトライアルを開始、商用化を目指す。(2004/3/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。