ニュース
» 2013年12月20日 18時54分 UPDATE

三菱電機、プロジェクター事業から撤退

三菱電機がプロジェクター事業から撤退することを決めた。ホームシアター用のDLPプロジェクターも在庫限りとなる。

[ITmedia]

 三菱電機は、プロジェクター事業から撤退する。同社は民生用のDLPプロジェクターと業務用データプロジェクターの両方を手がけているが、いずれも現行製品の在庫限りで製造・販売を終了する。

ts_mitsubishi01.jpgts_mitsubishi02.jpg 現行機「LVP-HC7900DW」(左)と「LVP-HC7800D/DW」(右)

 同社広報によると、「データプロジェクターは、新興国需要こそ増えているが、低価格モデルが中心。欧米などの先進国では成熟市場であり、むしろ縮小傾向にある。中高級機をメインに据えたプロジェクター事業は見合わなくなってきた」という。また、ホームシアター向けプロジェクターはさらに市場規模が小さく、業務用機器の終息に伴ってプロジェクター事業そのものからの撤退を決めた。

 同社は、既に個人向け液晶ディスプレイやBlu-ray Discレコーダーからの撤退を明らかにするなど、事業再編を進めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.