ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「撤退」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「撤退」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

電子ブックレット(組み込み開発):
ルネサスは新型コロナでも受注好調/東芝がシステムLSIから撤退
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2020年7〜9月に公開した組み込み開発関係のニュースをまとめた「組み込み開発ニュースまとめ(2020年7〜9月)」をお送りする。(2020/10/19)

F1撤退決めたホンダの裏事情 世界EVシフトでガソリンエンジン開発の意義低下
ホンダは、ガソリン車の最高峰を競うF1シリーズを巡り、2021年シーズンを最後に撤退することを決めた。八郷隆弘社長はCO2排出量を実質ゼロにするためEVやHVの販売に舵を切るとし、「再参戦は考えていない」と明言した。(2020/10/16)

世界EVシフト:
F1撤退決めたホンダの裏事情 ガソリンエンジン開発の意義低下
ガソリン車の最高峰を競うF1シリーズにパワーユニット供給で参戦しているホンダが、2021年シーズンを最後に撤退することを決めた。これまでも撤退や再参戦を繰り返してきたが、八郷隆弘社長は「再参戦は考えていない」と明言した。(2020/10/15)

コミケカタログの「共信印刷」が事業撤退及び解散を発表 ファンからは「親友を失った様な寂しさ」「感謝」と惜しむ声
お知らせにはコミケカタログで親しまれたネコさんの姿も。(2020/10/11)

サプライチェーン改革:
新型コロナによる分断と偏りに翻弄される物流業界、デジタル化を進められるのか
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で大きな影響を受けた物流業界。これまでもデジタル化の後れを指摘されてきたが、COVID-19の終息後に向けた革新につなげられるような恒久的なデジタル化施策を進められるのだろうか。(2020/10/9)

その場しのぎの対策に終止符を
働き方のニューノーマルに向けて、IT部門が今検討すべきこととは
COVID-19の終息が見通せない中で、新たな働き方を実現する企業が広まっている。そこで求められるIT環境は従来と何が違うのか。(2020/10/12)

事業継続が困難:
エアアジア・ジャパン 12月5日で全路線廃止 日本撤退へ
エアアジア・ジャパンは10月5日、運航している4路線を全て廃止することを発表した。新型コロナウイルス終息の見通しが不透明な中、事業の継続は困難だと判断した。(2020/10/6)

モータースポーツ:
ホンダが2021年シーズンでF1撤退、カーボンフリー技術への集中が背景に
ホンダは2020年10月2日、フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)へのパワーユニットサプライヤーとしての参戦を2021年シーズンで終了すると発表した。ホンダは2015年からF1に参戦。Red Bull Racing(レッドブル・レーシング)やScuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)とのパートナーシップの下、2019年シーズンは3勝、2020年シーズンも第10戦までに2勝を挙げるなど活躍してきた。(2020/10/3)

ホンダ、F1撤退へ 「研究開発に経営資源を重点的に投入するため」
ホンダがF1への参戦を2021年シーズンで終了する。F1撤退の理由は「パワーユニットやエネルギー領域の研究開発に経営資源を重点的に投入していくため」としている。(2020/10/2)

組み込み開発ニュース:
東芝がシステムLSI事業から撤退、770人リストラで150億円の固定費削減【訂正あり】
東芝がシステムLSI事業の構造改革方針を発表。連結子会社である東芝デバイス&ストレージ(TDSC)が手掛ける先端システムLSIの新規開発を中止し、システムLSI事業から撤退する。これに合わせて、TDSCの半導体事業部の約770人を対象に、人員再配置と早期退職優遇制度を実施する。(2020/9/30)

「スカスカおせち」騒動で物議醸したグルーポンが日本撤退 9月28日でサービス終了
日本参入は2010年でした。(2020/9/29)

「東芝Nextプラン」の遂行:
東芝D&S、システムLSI関連で700人の人員対策に着手
東芝は2020年9月29日、東芝デバイス&ストレージ(東芝D&S、以下TDSC)においてシステムLSI事業の構造改革を実施すると発表した。TDSCのシステムLSI事業については、車載および既存顧客のサポートを除くロジックLSIから撤退することが既に発表されていた。(2020/9/29)

「しまむら」初の直営オンラインストア10月オープン 「#どこでもファッションセンター」
しまむらが初の自社オンラインストア「しまむらオンラインストア」を10月にオープン。同社は2018年にZOZOTOWNに店舗を開設したが、19年に撤退。独自のECサイト構築を進めていた。(2020/9/29)

グルーポン日本撤退 参入から12年 過去に「スカスカおせち問題」も
グルーポンが日本市場から撤退。近年はグローバルで業績が低迷しており、ここ数年は、東アジアや欧州などの多くの国から撤退している。(2020/9/29)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
在来線の値上げも!? 4180億円という民営化後最大の赤字に転落するJR東日本の惨状
JR東日本が9月16日に発表した2021年3月期の業績予想によると、連結最終損益が4180億円の赤字。1987年の民営化以降で最大の赤字となる。新型コロナの終息が見えてこない中で、鉄道各社は生き残る事ができるのか。(2020/9/29)

韓国Samsung「脱中国」で飛躍 世界市場でHuawei代役に
韓国Samsung電子が、中国市場からの撤退を進めている。販売不振や人件費高騰が理由だが、米国を意識した動きとも受け取れる。5G基地局の分野でのHuawei排除に便乗し、代役としてシェアを広げるとの見方もある。(2020/9/25)

オンライン教育をより良くするデータ分析【後編】
学校は新型コロナ終息後の教育に「データ分析」をどう生かすべきか?
教育機関は、新型コロナウイルス感染症の脅威が過去のものになったときに備えて、データ分析をどのように進めるべきなのか。データ分析を実践する教育機関の取り組みから探る。(2020/9/7)

緊急事態宣言以降:
アルバイトが辞めた飲食店は48.7% 長引くコロナ禍、厳しい雇用維持
新型コロナウイルスの終息が見通せない中、飲食店での雇用維持が難しい状況が続いている。シンクロ・フードの調査結果によると、緊急事態宣言以降、アルバイトが退職している店舗は48.7%と約半数にのぼった。(2020/9/2)

新しい生活様式:
キンコーズ、24時間営業を廃止 オンライン入稿を強化
キンコーズ・ジャパンが、全店舗で24時間営業を廃止する。新型コロナの感染拡大に伴い、3月から営業時間を短縮。コロナ禍終息後も24時間営業を取りやめる。(2020/8/31)

経産省、企業のDX加速に向けた研究会を設置 新型コロナの影響で再検討必要
経済産業省が、企業のDXを推進するため、DXの課題と対策を検討する研究会を設置する。新型コロナ終息後における企業の事業安定化を見据えた対策を議論する。(2020/8/27)

新型コロナで前倒し:
ワールド、希望退職200人募集 一部ブランド廃止、358店舗を閉店
アパレル大手のワールドは8月5日、ブランドの統廃合や低収益店の撤退、希望退職募集を実施する構造改革を発表した。希望退職者は40歳以上の200人を募集。一部のブランド廃止などにより、計358店舗を閉店する。(2020/8/5)

東京商工リサーチ調査:
「コロナ禍長引けば廃業検討も」企業の6.6%が回答――中小では7.7%
経済への悪影響が続く新型コロナ。企業の6.6%が「コロナ禍の終息が長引いた場合、廃業検討も」と回答。東京商工リサーチが調査。(2020/8/3)

小樽の商店街が自虐ポスターで窮状うったえ話題に 「盛り下がってるぜーっ!!」「元気です! 空元気です!」
コロナさえ終息したら……。(2020/8/1)

米IT大手、香港撤退シナリオ 「国安法」が駆逐圧力に
国家安全維持法が施行された香港で、米大手IT企業が対応に苦慮している。中国のネット検閲の目が香港にも及ぶ可能性があり、撤退も含めた検討を迫られている。専門家は「米IT企業の駆逐が目的かもしれない」との見方を示している。(2020/7/27)

医療のデータ分析が難しい理由【後編】
新型コロナ対策に「BI」などのデータ分析ツールはどのように役立つか
新型コロナウイルス感染症の終息を目指すさまざまな活動に、ビジネスインテリジェンス(BI)などのデータ分析ツールが役立つ可能性がある。SAS Instituteの取り組みを紹介する。(2020/7/21)

「衝撃」「ショックでかい……」 セシルマクビーが店舗事業から撤退 SNSに驚きが広がる
「ショップバッグ」「ミラー」を懐かしむ声も。(2020/7/20)

新型コロナが投げ掛けるプライバシー問題【第4回】
AI×サーマルカメラの「画像分析で発熱確認」は新型コロナ終息後も常識に?
新型コロナウイルス感染症の対策として、AI技術とサーマルカメラを用いた非接触の体温測定を実現する製品が出回っている。そうした製品は感染症の流行が過ぎ去っても使われ続けるという声がある。その理由は何か。(2020/7/14)

「Apple News」からNew York Timesが撤退「読者との関係構築に不向き」
Appleのニュースサービス「Apple News」に立ち上げ当初から記事を提供してきたNew York Timesが、記事を引き上げると発表した。ほとんど収入に繋がらず、読者との関係構築の手段にもならなかったとしている。(2020/6/30)

国学院大博物館が「オンラインミュージアム」 手作り動画で展示紹介
国学院大学博物館が手作り動画を使ったオンラインミュージアムを開設している。手作りの動画で展示紹介を行うなど、新型コロナ終息後も見据えた博物館の新しい楽しみ方の提示には注目が集まっている。(2020/6/29)

キティさん、ついにアマビエになる ロングヘアの人魚風デザインがかわいい「アマビエ×ハローキティ」グッズ発売
事態終息を祈願するアマビエキティちゃん。(2020/6/24)

製造マネジメントニュース:
三菱電機がTFT液晶モジュール事業を終息、グローバル競争激化により
三菱電機は2020年6月15日、子会社のメルコ・ディスプレイ・テクノロジー(以下、MDTI)でのTFT液晶モジュールの生産を2022年6月をめどに終了し、液晶事業を終息することを発表した。(2020/6/16)

アフターコロナ見据え歌舞伎もオンライン化 時代に即したエンターテインメントを
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休演が続く歌舞伎業界も、終息後を見据えオンラインイベントの実施など新たな試みを実践している。歌舞伎俳優の松本幸四郎さんは「時代に即したエンターテインメントがやりたい。実現するのに良い機会かもしれない」と話した。(2020/6/16)

2022年6月めどに:
三菱電機、TFT液晶事業から撤退へ
 三菱電機は2020年6月15日、TFT液晶モジュールの生産を2022年6月をめどに終了し、液晶事業から撤退する、と発表した。同社は、「グローバルでの価格競争が想定以上に激化し、製品競争力の維持が困難な状況となった」と説明している。(2020/6/15)

KAMIYAMA Reports:
コロナ・ショック後の経済成長と景気
コロナ・ショックは、失業者数などでみるとリーマン・ショックを超えるとみられるが、財政出動や金融支援、ロックダウン(都市封鎖)などの解除で短期間でいったん終息するとみている。そうなれば景気サイクルとみてよいだろう。(2020/6/10)

IBM、顔認識事業からの撤退を宣言 「人種プロファイリングや自由の侵害を容認しない」
IBMが、汎用的な顔認識技術の開発と提供を廃止すると発表した。黒人男性が白人警官の暴行で死亡したことを契機に全米で人種差別抗議運動が続く中、「今こそ、法執行機関が顔認識技術を採用すべきかどうか話し合うべき時だ」とクリシュナCEO。(2020/6/9)

コロナ後見据え図書館も変化 感染症予防の他オーディオブック充実も
新型コロナウイルスの感染拡大を受け臨時休館を余儀なくされた各地の図書館が再始動している。各種感染症予防を行った上で、終息後も見据えてオーディオブックの充実を図るなど新しい取り組みも始まっている。(2020/6/9)

外食消費の変化を見込む:
ジョイフルが200店退店 新型コロナが影響、収益改善見込めない店舗を撤退
ジョイフルは7月以降、主力のファミレス「ジョイフル」を中心に、約200店舗を退店すると発表した。新型コロナウイルスによる影響を見込み、財務基盤の強化に乗り出す。(2020/6/8)

緊急事態宣言の解除で常識は変わるか
コロナ終息後も「フルタイムで在宅勤務」は本当に常識になるか?
新型コロナウイルス感染症対策として在宅勤務などのテレワークを採用が広がっている。テレワークは今後も定着するのか。それとも以前の勤務形態に戻るのだろうか。専門家の見解は。(2020/6/4)

全国で一斉に花火打ち上げ、1日夜8時から 新型コロナ終息願い SNSで世界へ
花火業者の有志で作る「Cheer up!花火プロジェクト」は、6月1日の午後8時から5分間、全国各地で一斉に花火を打ち上げる。(2020/6/1)

PR:おんせん県おおいたがアマビエと動画でタッグ! 新型コロナ終息を願って作られた動画がお守りになりそう
自宅で大分の温泉が楽しめる、プレゼントキャンペーンも開始!(2020/5/29)

3000人に聞いたこれからの働き方 「テレワークを継続したい」が「継続したくない」の倍に――Google調査
Googleの調査によると、新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを取り入れた人のうち、これからの働き方として、懸念終息後もテレワークを「続けたい」と回答した人は約半数で、「続けたくない」と回答した人の23.1%を大きく上回った。(2020/5/28)

職場は本当に必要?:
コロナ後もテレワーク、「オフィス消滅」企業が続々
コロナ対応で進むテレワーク化。終息後も思い切って「オフィスを無くす」企業が続々と登場。本当に職場は不要か、意外なメリットにも迫る。(2020/5/25)

「GU」韓国撤退、実店舗はどうする?
ファーストリテイリングは21日、低価格ブランド「ジーユー(GU)」の韓国の全店にあたる3店舗を8月前後に閉店し、同国内での店舗営業を停止すると発表した。(2020/5/22)

富士通の「親指シフトキーボード」が2021年5月をもって終息 関連ソフトも販売終了へ
1980年に誕生した富士通の「親指シフトキーボード」。その販売が2021年5月をもって終息することになった。これに伴い、同キーボードをサポートするワープロソフト「OASYS」とIMEソフト「Japanist」などの販売も順次終了する。(2020/5/19)

滋賀工場は全生産ラインを速やかに停止:
ルネサス、LD/PD事業から撤退
ルネサス エレクトロニクスは、2020年5月15日、LD(レーザーダイオード)、PD(フォトダイオード/フォトディテクタ)事業から撤退すると発表した。同社は、「次世代通信に向けた新商品開発の遅延などにより、当初期待していた売り上げの確保が困難な見通しとなった」などと説明している。(2020/5/15)

VUCA時代のエンジニアに求められるコンサルティング力(1):
新型コロナが終息してもエンジニアという職業は安泰なままなのか?
VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。2008年のリーマンショックも現在の新型コロナショックと同様に厳しい状況にあったが、そのときエンジニアの強みになっていたのは「コンサルティング力」だった。(2020/5/13)

次の一手は……?:
「DX推進やAI導入はコロナ終息後に」 エクサウィザーズが新型コロナウイルス感染症に関するアンケート
エクサウィザーズは、新型コロナウイルス感染症に関するアンケート結果を発表した。同感染症の影響が2021年以降も続くと考えている割合は6割弱。アフターコロナに向けた取り組みについては、65%の会社が働き方の再設計に注力するという。(2020/5/12)

Apple幹部、COVID-19終息後の経済回復を楽観視
ジェフ・ウィリアムズCOOが(2020/5/8)

石川温のスマホ業界新聞:
ドコモ、5G契約者数は4万超。約半分が5Gギガホを契約――コロナ終息後、ニッポンの経済を5Gが救うか
NTTドコモが2019年度の通期決算を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防止する取り組みが行われる中、事業面で影響が出ているようだ。しかし、そのことが5Gの普及を後押しすることになるかもしれない。(2020/5/8)

「また氷上で見られる日を願って」羽生結弦選手、3.11以降17曲の“スケート振付動画”披露しコロナ終息祈る
美しい……。(2020/5/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。