ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「撤退」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「撤退」に関する情報が集まったページです。

肉の万世秋葉原本店:
さようなら、秋葉原のシンボル「肉ビル」 完全撤退の理由は?
肉料理専門のレストランや焼肉店で知られる「肉の万世(まんせい)秋葉原本店」が3月31日をもって閉店することを発表した。閉店の発表後、店を訪れた利用者からは「秋葉原のシンボル的存在が無くなるのは寂しい」などの声が相次いだ。(2024/2/23)

「ストロング系酎ハイ」撤退の動き キリンとサントリーはどうする?
厚生労働省がビールロング缶1本のアルコール摂取でも大腸がんの発症リスクが高まるなどとするガイドラインを19日発表したことで、ビール各社が「ストロング系」と呼ばれる低価格で酔いやすい高アルコール酎ハイの販売から撤退する動きが活発化しそうだ。(2024/2/19)

日産撤退後も残った日本の「技術と心」 スペイン・バルセロナで進む電気自動車新プロジェクト
欧州でも有数の自動車産業があるスペイン。その中心地、バルセロナにかつてあった日本の大手自動車メーカー・日産の工場跡地を、電気自動車の新たな生産拠点として蘇らせようというプロジェクトが進んでいる。(2024/1/15)

サブウェイが京都や長崎に“復活” 一度撤退した地域への再出店続く、その狙いは
再出店が続くサブウェイ。その狙いを聞きました。(2023/12/10)

水曜日に「へえ」な話:
なぜバーガーキングの店舗数は増えているのか 100店→200店の舞台裏
「バーガーキング」が快進撃を続けている。ここ数年店舗数を増やしていて、100店舗から200店舗に。ハンバーガーチェーンの撤退が相次ぐ中で、どのようにして増やしたのか。(2023/11/22)

海で使うIT:
「TORQUE G06」は海上でも使えるアウトドアギアか 実際にヨットに乗って試してみた
京セラの「TORQUE G06」は、9月28日に発売され11月から個人向けに出荷が始まったアウトドア志向のスマホだ。京セラは5月に個人向け携帯事業からの撤退を発表しているが、「TORQUE」シリーズは継続するとしている。今回は本製品を実際に海上で使ってみた。(2023/11/21)

吉野家、ポケモンGOから撤退 ポケストップ・ジムは年内で終了
吉野家が「Pokemon GO」から撤退へ。「ポケストップ」「ジム」は、2024年1月1日にゲーム内から消去される。(2023/10/30)

材料技術:
DNPが透明導電フィルム市場に再参入、直径11nmの銀ナノワイヤを採用
DNPは粒径11nmの銀ナノワイヤ分散液を用いた透明導電フィルムを武器に、一度撤退した透明導電フィルム市場に再参入する。(2023/10/3)

かつてインターネットを支えた:
NTT東西が「テレホーダイ」の新規受付を終了 12月31日をもってサービスも終息
NTT東日本とNTT西日本が提供する深夜帯の通話定額サービス「テレホーダイ」の新規受け付けが、本日(9月30日)をもって終了となる。固定電話のIPネットワークへの移行が進んだことで、日本におけるインターネットの黎明(れいめい)期を支えたサービスも終焉(しゅうえん)を迎える。(2023/9/30)

知らないと損!?業界最前線:
焼けた肉を盤上で切ってそのまま口の中へ バルミューダのホットプレートが目指した“体験”、開発者に聞く
バルミューダがホットプレート「BALMUDA The Plate Pro」を発表した。扇風機やトースターなどで人気の同社だが、参入したスマートフォン事業は2年で撤退するなど迷走も見えた。起死回生を図るこのホットプレートについて、開発の経緯や目指す姿などを担当者に聞いた。(2023/9/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が米テスラに“撤退圧力” 企業が再考すべき「チャイナリスク」とは
「処理水」海洋放出を決めたことで、中国から日本国内の各所に迷惑電話が多発し「中国リスク」というものが浮き彫りに。同様に中国では米テスラへの撤退圧力が強まっており、企業は中国との関係を再考する時期が来ている。(2023/9/8)

CIO Dive:
コスト最適化はもう終わり? それでもAWSの成長率がMicrosoftやGoogleに劣る理由
ユーザー企業の「コスト最適化」は2023年の最大のトレンドとも言われるが、AWSによると、その傾向は終息しつつある。それでもAWSの売上高成長率がMicrosoftやGoogleよりも低い理由はどこにあるのか。(2023/9/4)

暗号資産の業者が撤退 口座の残高はどうなる?
ビットコインなど暗号資産の業者が「撤退」する際には、口座から残高を引き出しておく必要がある。うっかり口座に残したままにしてしまった筆者の実体験を基に、取り戻すのに必要な手続きをまとめる。(2023/8/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
どうするGap 思い出深い銀座の旗艦店は閉店 このまま日本からも撤退してしまいそうな苦しい事情
7月に銀座の旗艦店を閉じたGAP。コロナ禍の影響も指摘されるが、長らく苦境が続いていた。北米で期待感のある事業も日本ではなかなか難しそうな事情があり、このままいけば日本撤退もありそうだ。(2023/8/24)

ROLAND、海外事業撤退で6000万円損失は「単純に自分の実力不足」 気遣うスタッフに心境語る
マレーシア事業から撤退を決めた翌日の様子。(2023/8/17)

ROLAND、“6000万円”かけた海外事業から撤退「完全にやられた…」 日本人社長との直接対決に反響
事業は本当に大変。(2023/8/10)

KDDI高橋社長、楽天やドコモの新料金プランは「大きな影響なし」 国内メーカーの撤退は「非常に残念」
KDDIの2023年度第1四半期は減収減益となったが、楽天モバイルの新ローミング協定により、ローミングの減益は抑えられる。高橋社長はARPUを伸ばすことが重要だと述べる。楽天モバイルやNTTドコモの新料金プランの影響は軽微だとした。(2023/7/28)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
3Dプリンタ事業から撤退するあの会社に「ありがとう」と伝えたい
いろいろと思い出がよみがえってきます……。(2023/7/20)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
米IntelがNUC事業の直接的投資を停止 事実上の撤退へ/全世界のPC出荷台数が6四半期連続で減少
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、7月9日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/7/16)

3Dプリンタニュース:
XYZプリンティングが3Dプリンタ事業から撤退、SLS部門はNexa3Dに事業売却
XYZプリンティングはSLS部門をNexa3Dに事業売却することを発表した。SLS以外のデスクトップ型3Dプリンタに関しても本体の販売を2023年9月15日をめどに終了し、段階的に3Dプリンタ事業から撤退する。国内で販売済みの3Dプリンタの消耗品はイグアスを通じて供給を継続。修理などは今後3〜5年間を目標にサポートするよう努めるとしている。(2023/7/10)

経済の「雑学」:
ヤマハが「プール事業」から撤退、なぜ? 事業を始めたきっかけが面白い
「ヤマハ発動機がプール事業から撤退する」というニュースがありました。ヤマハ発動機といえば、バイクやボートをつくっているイメージがありますが、なぜプールを手掛けるようになったのでしょうか。歴史を振り返ってみると……。(2023/7/6)

製造マネジメントニュース:
ヤマハ発動機がプール事業から撤退、FRP技術の多角化目指した発足から50年で幕
ヤマハ発動機がプール事業から撤退する。2024年3月末で営業活動を終了し、他社への事業譲渡なども行わない。これまでに納入したプール本体などのアフターサービスは継続する。(2023/7/4)

Computer Weekly日本語版+セレクション
ITインフラ投資であの業界が“まさかの一人負け”
企業のITインフラ投資はパンデミック終息後、全体的に回復傾向にある。一方で、意外な業界が“一人負け”している状況や、企業の“クラウド離れ”が進む状況が明らかになった。背景にはどのような理由があるのか。(2023/7/4)

相次ぐスマホ日本勢の撤退 どうすれば生き残れたのか
元富士通のスマホメーカー「FCNT」が民事再生法を申請。スマホ市場から日本勢の撤退が相次ぐ中、大きな話題となっている。果たして生き残れる道はあったのか、筆者の視点から業界の動きを振り返ってみた。(2023/6/30)

スマホメーカーの撤退が相次ぐ中、Orbic(オルビック)が日本市場に参入する理由 “キャリア品質”にも対応できる
米国でシェアを伸ばしているOrbicが日本市場に参入する。日本法人の設立にあたり、代表に就任したのが、元モトローラ・モビリティ・ジャパンで社長を務めたダニー・アダモポウロス氏。参入当初はオープンマーケット中心の展開になるが、ゆくゆくは、大手キャリアへの納入も目指しているという。(2023/6/26)

まさに総力戦:
なぜ、イトーヨーカ堂とヨークは合併するのか 見据える3年後の布石
セブン&アイ・ホールディングスは6月16日、イトーヨーカ堂とヨークを9月1日に合併すると発表した。「物言う株主」たちがイトーヨーカ堂の撤退も含んだ改革を経営陣に要求し続けている中、今回の合併にはどのような狙いがあるのだろうか。小売・流通アナリストに聞いた。(2023/6/19)

ロシアで広がるライセンス違反【後編】
ベンダー撤退のロシアで広がる「並行輸入」「ライセンス無視」の無法なIT利用
ウクライナ侵攻を機にロシア国内からIT企業を含むさまざまな企業が撤退した。同国政府は経済活動に関わる商品を入手できない事態を避けるため、並行輸入を認めた。企業は安心してIT製品を使えるのだろうか。(2023/6/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「新NISA」が証券業界を崩壊させる意外なワケ LINE証券の廃業は序章か
日本の証券業界において、大きな波紋を呼んでいるのがLINE証券撤退のニュースだ。このケースを単に経営統合したからと安易に理解してしまうと、今後の業界における問題点を見過ごしてしまう危険性がある。そのため、今回は24年から始まる「新NISA」が業界に与える影響について深掘りする。(2023/6/16)

LINE、証券事業から撤退 「LINE証券」はFX特化に
LINE Financialは、野村ホールディングスとの合弁会社である「LINE証券株式会社」について、金融サービス事業の再編に合意した。証券事業を野村證券に移管。「LINE FX」を除く各サービスは野村證券で運用する。(2023/6/12)

個人向けスマホ撤退の京セラ、「TORQUEは今後も継続」 ファンから感謝の声
個人向けスマートフォン事業からの撤退を発表した京セラが、高耐久スマホ「TORQUE」シリーズについて「今後も(展開を)継続していきたい」との方針を発表した。(2023/6/9)

ロシアで広がるライセンス違反【前編】
ロシア企業にとって「ITベンダー撤退」が“完全な悲報”ではない裏事情
ウクライナ侵攻により、ロシアからIT企業が次々と撤退した。撤退に伴い、同国内の企業はライセンス期間の終了をもってIT製品やサービスを使用できなくなる。その対策に乗り出したロシア政府の答えは。(2023/6/7)

“ボロボロ”の国内スマホメーカー ここまで弱体化してしまった「4つの理由」とは
2023年5月、バルミューダと京セラが相次いで個人向けスマートフォン事業からの撤退を発表し、FCNTが民事再生法を申請するなど、国内スマートフォンメーカーの撤退・破綻が相次いだ。一連の出来事に大きく影響しているのは国内スマートフォン市場を取り巻く“四重苦”というべき現状だ。(2023/6/1)

OpenAIのアルトマンCEO、「もちろん欧州撤退の計画はない」とツイート
OpenAIのアルトマンCEOは5月26日、「もちろん欧州を離れる計画はない」とツイートした。同氏は24日、欧州でのAI規制法案について、「順守が不可能なら欧州での事業を停止するかも」と語ったと報じられた。(2023/5/28)

石川温のスマホ業界新聞:
京セラが個人向けスマートフォン事業から撤退へ――「シニア向けスマホ」はアクセシビリティを強化するiPhoneにシフトか
京セラが個人向け携帯電話端末事業からの撤退を発表した。今後は需要の見込める法人向け端末に注力するという。一方で、Appleが日本メーカーが取り組んできたシニア向け機能の強化に取り組み始めている。(2023/5/28)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
あの「Wiko」の5Gスマホが中国で登場 ベースになった意外な機種の正体
2019年に日本に参入し、その後事実上撤退したWikoが、現在中国で5Gスマホ「Wiko 5G」を販売している。これにはHuaweiが製造する「nova 9 SE」がベースモデルとなっている。米国がHuaweiのスマホ規制を強める中、Huaweiが行っている施策を調べた。(2023/5/28)

「ポケモンシャツ」6月に販売終了 コラボ先の事業終息に伴い ネットでは「うそだろ」「残念です」など悲しみの声
ブランド設立(2019年)から4年が経っていました。(2023/5/26)

ホンダ、5年ぶりF1参戦へ “終了宣言”を覆すまさかの5期目にネットざわつく 「あの時の撤退はなんだったのか」「復帰したら続けるんだぞ!」
マジか!(2023/5/24)

32bitアプリは64bitモードで動作:
16bit/32bitサポートの“終息”でより高性能なCPUを――Intelが64bitオンリーの「X86-Sアーキテクチャ」の仕様を初公開 意見募集中
Intelが、16bit/32bitサポートを省いた「X86-Sアーキテクチャ」の仕様書の初版を公開した。16bit/32bitサポートを省くことで、CPUの純粋な性能向上にリソースを割くことが主な目的だ。しかし、従来にない大規模な仕様変更となるため、開発者から意見を募集している。(2023/5/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“オワコン扱い”だったのになぜ? 三菱重工の決算が「絶好調」な理由
MRJの撤退を正式に発表したことで、三菱重工の株価は一時的に下落。ちまたでも「オワコンだ」などと厳しいレッテルを貼られていたが、蓋を開ければ決算は絶好調そのものだった。どういうことなのか?(2023/5/19)

4期連続の減収減益:
JDIの22年度決算は258億の赤字、モバイルからは撤退
ジャパンディスプレイの2022年度通期業績は、ノンモバイルでの民生機器需要の減少や、モバイルなど不採算事業からの撤退の影響もあり、4期連続の減収減益となった。2023年度も赤字を見込んでいる。(2023/5/18)

小寺信良のIT大作戦:
「書店ゼロ」の市町村増加 “動画全盛”で、子どもの国語力はどうなる?
筆者は1981年まで宮崎県宮崎市に住んでいたが、市内に本屋はかなり多かったように思う。上京後、2019年に宮崎市へ戻り、37年ぶりの変化を楽しみつつ暮らしているところだが、当時あった本屋はことごとく存在しない。4つあったデパートのうち3つが撤退しており、街の様相も相当変わってしまっている。(2023/5/18)

京セラが個人向け携帯電話事業から撤退へ ただし高耐久スマホ「TORQUE」は継続予定
京セラが、個人向け携帯電話事業から撤退することが明らかになった。携帯電話事業を含むコミュニケーション事業が苦戦していた。高耐久スマートフォン「TORQUE」や、法人向け携帯電話は引き続き開発していく。(2023/5/16)

本田雅一の時事想々:
バルミューダ、スマホ事業撤退 失敗の根本はどこにあるのか
5月12日、バルミューダはスマートフォン端末の事業から撤退することを発表した。家電製品では多くの消費者を引き付けている同社。一体なぜ、“スマートフォン”では、消費者との相思相愛の関係を築けなかったのだろうか。(2023/5/16)

京セラ、個人向けスマホから撤退へ
京セラが個人向けスマートフォンから撤退する。5月15日に開かれた同社の決算説明会において、谷本秀夫社長が明言した。2025年3月までに販売を終了する予定という。今後は、法人向けスマートフォンや5G関連設備に注力するとしている。(2023/5/15)

「自分の力不足だった」 バルミューダ寺尾社長が語った「スマホ事業撤退」の理由
バルミューダの携帯端末事業が終了する。寺尾玄社長は、携帯端末事業の終了について「自分たちおよび自分の力不足だった」としつつも「非常に良いチャレンジだった」と振り返る。(2023/5/12)

バルミューダがスマホ撤退に追い込まれた理由 寺尾社長「存分に戦えなかったことに悔しさが残っている」
バルミューダ(BALMUDA)は5月12日、スマホ事業からの撤退を発表した。同日実施された決算会見において、寺尾玄社長が今後の方針を説明。新たなIoTデバイスの投入に意欲を見せる。(2023/5/12)

広報に聞いた:
バルミューダはなぜスマホ事業から撤退するのか 後継機種が幻と化した2つの理由
バルミューダはスマートフォン事業から撤退すると発表した。経営上の選択と集中を図るため。専用アプリのアップデートなどのアフターケア、関連アクセサリーの提供は継続する方針だ。(2023/5/12)

バルミューダ、スマホ事業から撤退 「事業環境を総合的に検討した結果」
バルミューダが5月12日、携帯端末事業の終了を発表した。同社は2021年11月に「BALMUDA Phone」を発売し、通信キャリアではソフトバンクが取り扱っていた。その後、後継機の開発に着手していたが、断念することになった。(2023/5/12)

CIO Dive:
メタバースって結局どうなった? 企業の野望の行方は
メタバースを取り巻く環境は厳しくなっている。MetaとMicrosoftは撤退し、Disneyは取り組みを保留、WalmartはRobloxのブランド仮想空間を閉鎖した。メタバースへの意欲が減少している今、企業の野望の行く末は。(2023/5/8)

製造マネジメントニュース:
三菱電機が自動車部品事業を分社化、カーナビなど課題領域は撤退
三菱電機は自動車機器事業の構造改革を発表した。(2023/4/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。