ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マレーシア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マレーシア」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

“3次元”の五条悟で話題、マレーシアのコスプレイヤー八犬が写真集発売 ファンへの感謝もコメント「いつも私のそばにいてくれてありがとう」
最強。(2021/9/18)

Appleのフィットネスサブスク、日本にはまだ来ない 「Apple Fitness+」、字幕対応でサービス国を拡大
字幕付きなら日本での提供を始めてもいいはずだが、対象国には入っていない。(2021/9/16)

医療機器ニュース:
装着型ロボットが米国食品医薬品局の医療機器認証を取得
CYBERDYNEが開発した装着型ロボット「HAL医療用単関節タイプ」が、米国食品医薬品局(FDA)のクラスI医療機器に登録された。脳神経系疾患によるまひや、整形疾患による運動障害などを持つ患者の機能回復の治療に使用できる。(2021/9/9)

スマートファクトリー:
製造現場のデジタル変革、コニカミノルタが失敗からつかんだ成功のカギ
「現場力とデジタル化の融合」を掲げ「生産DX(デジタルトランスフォーメーション)」に取り組むのがコニカミノルタである。現場力とデジタルマニュファクチャリングを組み合わせた新たなモノづくりの確立に取り組む現状や苦労について、コニカミノルタ 上席執行役員 生産・調達本部 本部長の伊藤孝司氏に話を聞いた。(2021/9/7)

工場ニュース:
東レがマレーシアでABS樹脂の生産増強、グループで年産42万5000トンに
東レのマレーシア子会社Toray Plasticsは、「ABS樹脂トヨラック」透明グレードの生産能力を増強し、本格生産を開始した。既存の東レ千葉工場と合わせると、東レグループ全体の生産能力は年産49万7000トンまで拡大した。(2021/9/2)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(1):
いきなり社長に呼ばれたらDXセキュリティ対策を丸投げされた件
中堅化学薬品メーカーのABC化学薬品に勤める新卒入社6年目の青井葵。彼女はいきなり社長室に呼ばれ、社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命される。それまで社内のセキュリティ問い合わせ担当だった青井にとって、これはいきなり荷が重すぎる! 元工場長の変わり者、古井課長の支援の下、果たしてプロジェクトの命運はいかに!?(2021/9/1)

レノボ、アジア地域における遠隔授業の効果を調査
レノボ・ジャパンは、日本を含むアジア地域における遠隔授業の効果についての調査結果を発表した。(2021/8/30)

自動車メーカー生産動向:
2021年上期の新車生産は2019年比13%減、変異株や半導体不足で回復半ば
2021年1〜6月(上期)の自動車産業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による世界的な市場低迷から着実に回復している様子が伺える結果となった。日系乗用車メーカー8社の2021年上期のグローバル生産は、全社が前年実績を上回り、8社合計では前年同期比30.0%増と2桁パーセント増となった。(2021/8/30)

Air Indiaの大規模なデータ流出の教訓
航空会社の顧客情報450万人分が漏えい 「SITA」攻撃で何が起きたのか?
SITA(国際航空情報通信機構)がサイバー攻撃を受け、航空会社に影響が広がっている。Air Indiaは450万人の顧客情報が流出したことを発表した。今回の事件から企業が学ぶべきことは何か。(2021/8/25)

「コロナに逆らえず」 業績回復の自動車業界に再び暗雲
東南アジアの新型コロナウイルス禍は自動車部品の供給を滞らせ、トヨタ自動車を9月に計画比で4割の減産へ追い込むまでの事態となった。今年に入り世界的な半導体不足に悩まされ減産を余儀なくされてきた自動車各社は、9月以降の挽回を想定していたが、収束が見通せないコロナ禍に阻止されかねない状況だ。計画に狂いが生じれば、回復傾向にあった業績が再び悪化に転じる恐れもある。(2021/8/20)

「コロナに逆らえず」 業績回復の自動車業界に再び暗雲
東南アジアの新型コロナウイルス禍は自動車部品の供給を滞らせ、トヨタ自動車を9月に計画比で4割の減産へ追い込むまでの事態となった。(2021/8/20)

変革への危機意識:
販売数は34万個超え! 静岡名物「わさび漬け」の老舗メーカーが、ヒット商品「わさビーズ」を開発できた理由
「わさび漬けの会社」から「総合的なわさび専門店」に生まれ変わろうとする田丸屋本店。その足がかりとなるのが、2018年秋に発売した「わさビーズ」だ。SNSなどで大きな反響を呼び、しばらくは品薄が続いた。新商品開発に込めた思いを同社に聞いた。(2021/8/20)

舞台「NARUTO」、中尾暢樹主演で4年ぶりに新作上演 ファンから「ナルトくんが変わってる!?」「新ナルト役にも期待大!」などの声
新旧キャストが熱い思いをSNSにつづっています。(2021/8/19)

海外も好調:
PPIH、通期決算を発表 インバウンド“蒸発”で駅前ドンキが苦戦するもユニーが好調
ドン・キホーテなどを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが2021年6月期通期の連結決算を発表した。コロナ禍で国内のディスカウント事業が苦戦する一方、GMS事業や海外事業が好調で、増収増益を達成した。(2021/8/18)

パナは新工場 ダイキンは増産 家電各社、空気清浄機に注力
新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、家電メーカー各社は空気清浄機の販売を強化している。独自技術の性能を高めた新製品を投入し、増産体制も構築。国内外で攻勢を強める。(2021/8/16)

「赤ちゃんよりもこっちを見てニャ!」 おじいちゃんの気を引きたい猫ちゃんのワガママがかわいい
赤ちゃんとおじいちゃんの間に割って入る猫。(2021/8/13)

ポストコロナの国際交流教育 オンラインで繋がり強化
新型コロナウイルスの影響によって海外渡航が難しくなり、日本と海外の学校をインターネットで結ぶ交流の手法が関心を集めている。(2021/8/11)

“アフターコロナ”の国際交流教育 オンラインで繋がり強化
新型コロナウイルスの影響によって海外渡航が難しくなり、日本と海外の学校をインターネットで結ぶ交流の手法が関心を集めている。「コロナ後に会うときにはお互いをもっとよく知ることができているはず」。コロナ禍後を見据えた国際交流の形が見えてきた。(2021/8/11)

製造マネジメントニュース:
ソニーの1Q決算はデジカメやテレビが好調、利益見通しも上方修正へ
ソニーグループは2021年8月4日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(4〜6月)の業績を発表した。“巣ごもり需要”関連でゲーム関連事業や音楽事業などが好調な他、2020年度はコロナ禍の影響を受けたエレクトロニクス分野が回復し、増収増益となった。(2021/8/5)

イメージセンサーも「工場はフル稼働」:
ソニーが営業利益見通しを上方修正、デジカメなど好調
ソニーグループは2021年8月4日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(2021年4〜6月)決算を発表した。2021年度第1四半期は、エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(以下EP&S」)分野と音楽事業で大幅増収があり、売上高は前年同期比15%増の2兆2568億円、営業利益は同26%増の2801億円の増収増益を達成した。(2021/8/4)

スピン経済の歩き方:
海外メディアは日本の「コンビニ」をベタ褒めしているが、外国での普及が難しいワケ
東京オリンピックが開催され、選手たちの間で、日本のコンビニや自販機などが話題になっている。海外メディアがベタ褒めして、「五輪レガシー」になりそうなモノはなにか。(2021/8/3)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
3万円台で1億画素カメラ搭載 「realme 8 pro」はXiaomi低価格スマホの好敵手
4Gモデルながら1億画素カメラを搭載した「realme 8 Pro」は、Xiaomiの低価格モデル「Redmi Note 10 Pro」と真っ向から対抗する製品です。realme 8 Proは、価格を抑えながらも1億800万画素カメラを搭載しています。本体の仕上げも悪くなく、カメラスペックも申し分ないだけに、この価格で日本で出しても十分売れるようにも思います。(2021/7/29)

自動車メーカー生産動向:
新車グローバル生産、8社全てで前年増を継続するも半導体不足の影響は深刻
日系乗用車メーカー8社による2021年5月のグローバル生産実績は、COVID-19の感染拡大の影響で生産が停滞した前年同月と比べて8社全てが大幅な増加を示した。その一方で、世界的な半導体不足の影響は深刻で、コロナ禍前の2019年5月との比較では8社合計のグローバル生産は32%減にとどまっている。(2021/7/28)

製造業DXが生む3つの価値(1):
いま一度確認しておきたい、製造業DXで「結局何ができるのか」?
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。前回連載の「製造業に必要なDX戦略とは」では、製造業におけるDXへの取り組み方を3つ例に挙げて解説した。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。(2021/7/27)

foodpanda、日本で即配 日用品など30分で配達「pandamart」
フードデリバリー「foodpanda」が、日用品や食品など約1500種類の商品を、注文から30分で届ける即時配達サービス「pandamart」を日本でスタート。(2021/7/26)

マレーシア警察、ロードローラーで1069台のコンピュータを踏み潰す 押収したビットコイン採掘マシンの処分風景を公開
敷地に並べられたPCを無慈悲に潰していくロードローラー。(2021/7/18)

いまこそ積極財政をせよ:
田原総一朗に森永康平が問う どうすれば日本経済はコロナ禍を乗り越えられるのか?
コロナ禍において国家は、生活困窮者を中心に国民全員を支援するべきであるものの、これ以上の財政出動をすれば日本は財政破綻してしまうかもしれない――。それでは、日本政府はいかにして現状を打破すればいいのか。京都大学大学院の藤井聡教授とともに『こうすれば絶対よくなる! 日本経済』(アスコム)を上梓した田原総一朗氏に聞いた。(2021/7/8)

モバイル決済で店舗改革:
FeliCaに対応、スマホが決済端末になる「Tap on Mobile」の可能性
スマートフォンを決済端末にして手軽にキャッシュレスを導入できる「Tap on Mobile」。海外ではNFC対応でクレジットカードのタッチ決済が可能だが、日本では独自にFeliCaを搭載。幾つかの店舗で実証実験を行っているが、店舗側の反応は良好だという。(2021/7/7)

高周波回路基板の需要増に対応:
三井金属、キャリア付極薄銅箔の生産能力を増強
三井金属鉱業は2021年6月、パッケージ基板用キャリア付極薄銅箔(はく)「MicroThin」の生産能力を増強したと発表した。上尾事業所(埼玉県上尾市)の生産能力を50万平方メートル増強し、月産200万平方メートル体制に引き上げた。(2021/6/30)

「緊縮財政」路線からの転換点:
「格差の是正」へ舵 経産省の“画期的”提言が「コロナ禍で生まれた希望」といえるワケ
長引くコロナ禍によって多くの人が疲弊するなか、一筋の希望の光ともいえるような変化があったことを共有したい。経済産業省が「経済産業政策の新機軸」という資料を発表した。これまでは経産省といえば、グローバル化や構造改革を推進してきた印象を持つが、今回の提唱内容は今までの戦略とは一線を画す内容となっている。(2021/6/25)

日本人が基盤築いた台湾パイナップル ケーキ輸入で支援を
中国による禁輸措置のため窮地に陥った台湾のパイナップル産業を支援しようとする取り組みが広まる日本。日本人が台湾のパイナップル産業を築いた歴史もある。その伝統の製法を今も誇りに生産を続ける畑からパイナップルケーキを日本に届けようという動きもある。新たな日台交流の象徴となるか。(2021/6/24)

親指サイズからこんな太さに!? 10年育てたヘビが腕より大きくてすごい
すごい迫力だ。(2021/6/23)

自動車メーカー生産動向:
4月の新車生産は2020年実績から大幅増、コロナ禍前には届かず
日系乗用車メーカー8社が発表した2021年4月のグローバル生産実績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で生産がストップした2020年4月に対する反動で、8社全ての国内および海外生産が前年実績を大幅に上回った。(2021/6/23)

オンキヨーAV譲渡:
衰退止められず……気になる御三家パイオニアの行方
老舗オーディオメーカーのオンキヨーホームエンターテイメントが7月、AV機器事業をシャープと米音響機器メーカーの合弁会社に譲渡する見通しとなった。(2021/6/21)

オンキヨーAV譲渡 気になる御三家パイオニアの行方
オンキヨーホームエンターテイメントが7月、AV機器事業をシャープと米音響機器メーカーの合弁会社に譲渡する見通しだ。2015年に買収したかつての「オーディオ御三家」パイオニアのAV機器事業もまとめて手放す予定で、その行方に注目が集まっている。(2021/6/21)

IMURAYA AZUKI BAR:
井村屋、「あずきバー」をマレーシアで発売 ASEAN市場の開拓目指す
井村屋グループが主力製品の「あずきバー」を9月にもマレーシアで発売すると発表した。(2021/6/18)

古田雄介の週末アキバ速報:
グラフィックスカードの棚が埋まってきた! HDDとSSDはどうだ?
PCパーツショップのグラフィックスカード売り場が、久方ぶりに商品で埋め尽くされるようになった。GeForce RTX 3080もRTX 3070Tiも複数の在庫が見つかる。ただし、「まだ楽観は禁物」との声も多い。(2021/6/12)

プライバシー侵害のトップ3は中国、ロシア、UAE:
「顔認識技術」は日本や世界でどのように使われているのか
比較サイトComparitech.comは、顔認識技術利用状況を調査した結果を発表した。日本を含む世界99の国と地域を対象とした調査だ。政府機関や学校など用途別に得点を付けた結果、侵害的に広く利用している国のトップ3は中国、ロシア、UAEだった。ただし、これに続いて日本、チリ、インドが同点で並んだ。(2021/6/11)

毎月最大20時間:
会社公認「働かない制度」 “ITが好きな”企業が導入したワケ
フューチャースピリッツが「会社公認 働かない制度」を2016年6月にスタートさせた。どんな制度なのか。(2021/6/8)

古田雄介のアキバPick UP!:
ロックダウンが影響? HDD在庫不安の声が高まる
HDDマイニングによる大容量HDDの品薄傾向は現在も続いているが、先週は別の懸念を聞くことが多かった。ここに来て、グラフィックスカードとは別の危機感が漂い始めている。(2021/6/7)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
コニカミノルタが進める生産DX、デジタル化と現場力が生む“共通基盤”の真価
コニカミノルタでは、モノづくり革新への取り組みの中で、先進のデジタル技術を活用した独自の生産DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進している。コニカミノルタが取り組みモノづくり変革への取り組みの歴史と、今後目指すデジタル技術を活用した新たなモノづくりについて、2021年3月までコニカミノルタ 執行役 生産・調達本部長を務め、現在は顧問の立場にある竹本充生氏に話を聞いた。(2021/5/31)

小寺信良のIT大作戦:
もがくオーディオメーカー コンシューマーオーディオはどこへ行くのか? ゼンハイザー、オンキヨーの身売りで考える
苦境にあえぐ名門オーディオメーカー。ドイツと日本の老舗が相次いで身売りすることになった。その原因を探る。(2021/5/25)

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編、全世界での興行収入が約517億円に 海外でヒットした要因は?
アニプレックスは5月24日、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の全世界累計来場者が約4135万人、総興行収入が約517億円を記録したと発表した。日本国内の興行収入は約400億円にのぼる。(2021/5/25)

窪田製薬の“近視矯正メガネ”、2021年中に台湾でまず販売へ 価格は50万円以下に
窪田製薬ホールディングスが近視を抑制・治療する眼鏡型のウェアラブルデバイス「クボタメガネ」について、医療機器として台湾当局から製造許可を取得したと発表した。(2021/5/17)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
東南アジアのソーシャルコマース最新事情
SNS時代に新しいカスタマージャーニー。アジアの消費者の心をつかむには?(2021/5/14)

製造マネジメントニュース:
パナソニックは減収減益も低収益事業からの脱却にめど、津賀体制の有終は手堅く
パナソニックは2021年5月10日、2020年度(2021年3月期)連結業績を発表した。売上高は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で減収となったものの、2020年度第3四半期決算時に発表した修正公表値を上回る着地となり調整後営業利益では増益を達成。同年6月に代表取締役社長を退任する予定の津賀一宏氏による体制では最後の決算発表となるが掲げてきた「低収益事業からの脱却」に一定のめどが立った形となる。(2021/5/11)

自動車メーカー生産動向:
2020年度の新車生産、各社が受けた新型コロナのダメージは
2020年度の自動車産業は、通期で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に左右される1年となった。日系乗用車メーカー8社の2020年度(2020年4月〜2021年3月)のグローバル生産は、全社が前年度実績を下回り、8社合計では前年度比12.1%減と2桁%減となった(2021/5/11)

オンキヨー、ホームAV事業譲渡でシャープなど2社と協議
オンキヨーホームエンターテインメントが、ホームAV事業の譲渡に向け、シャープ、米VOXX Internationalの2社と協議を進めることに合意したと発表。5月20日までに詳細を決め、6月25日の株主総会で承認する予定。(2021/4/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
西武園ゆうえんちの準備は整った しかし、足りない要素が2つある
西武園ゆうえんちが5月19日、「新しくて古い都市型エンターテイメント」として生まれ変わる。1960年代の商店街を中心に据え、海外から認知度の高い日本発キャラクターを登場させることで、従来の「鉄道沿線遊園地」から「日本型テーマパーク」へ進化を遂げる。しかし、沿線外に訴求するには「あと2つの要素」が必要だ。(2021/4/16)

自動車メーカー生産動向:
寒波や地震の中でも4社が前年超え、2021年2月の新車グローバル生産
2021年2月の自動車生産は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が与えた影響からの回復が鮮明となる一方で、半導体の供給不足に加えて、地震や寒波など相次いで発生した自然災害が水を差す格好となった。(2021/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。