ニュース
» 2014年02月12日 20時20分 UPDATE

iPhoneやiPadでCATV番組の持ち出しが可能に、「DiXiM CATV Player Ver2.0.0」リリース

デジオンは、パナソニック製CATVデジタルセットトップボックスと組み合わせて利用するiOS用アプリ「DiXiM CATV Player」のバージョンアップを発表した。

[ITmedia]

 デジオンは2月12日、パナソニック製CATVデジタルセットトップボックス(以下、STB)と組み合わせて利用するiOS用アプリ「DiXiM CATV Player」のバージョンアップを発表した。録画番組をiPhoneやiPadに持ち出して外出先でも楽しめる「録画番組の持ち出し再生」に対応。「ケーブルテレビの視聴シーンが広がる」(同社)という。

ts_diximcatv01.jpgts_diximcatv02.jpg 「録画番組の持ち出し再生」に対応(左)。チャプター単位でのスキップ再生も新たにサポート(右)

 「DiXiM CATV Player」は、パナソニックからの開発委託に基づいてデジオンが開発した専用アプリ。インストールしたモバイル機器から、ホームネットワーク上にある対象STBにアクセスし、デジタル放送録画番組や放送中番組を視聴できる。さらに新バージョン“2.0.0”では、STBに保存している録画番組をiOSデバイスにダビングし、ネットワーク環境のない外出先などでも試聴できるようになった。また、録画番組のチャプター情報を参照し、チャプター単位でのスキップ再生をサポート。さらに、視聴して不要になった録画番組をアプリケーション側の操作で削除することも可能になっている。

 デバイス側は、iOS 6(iOS 6.0.1以降)もしくはiOS 7(iOS 7.0.4以降)が条件。なお、Ver.2.0.0からiOS 5.1は対象外になった。

iOSデバイスの対応機器

iPhone:iPhone 4、iPhone 4s、iPhone 5、iPhone 5s、iPhone 5c

iPad:iPad 2、iPad(第3世代)、iPad (第4世代)、iPad Air、iPad mini、iPad mini Retinaディスプレイモデル

iPod touch:iPod touch(第4世代)、iPod touch(第5世代)



STBの対応機器

パナソニックSTB:「TZ-HDW610シリーズ」「TZ-HDW611シリーズ」「TZ-CMP01シリーズ」「TZ-BDT910シリーズ」「TZ-BDT920シリーズ」

※1:番組持ち出しはTZ-HDW610シリーズ、TZ-HDW611シリーズを除く

※2:録画番組の削除はTZ-BDT910シリーズを除く



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.