ニュース
» 2014年03月20日 23時48分 UPDATE

実物大ガンダムにプロジェクションマッピング!――それを再現できる限定「ハコビジョン」も登場

全高18メートルの実物大ガンダム立像にプロジェクションマッピングを行う「ガンダムプロジェクションマッピング “Industrial Revolution”−to the future−」がスタート。

[ITmedia]

 東京・お台場のダイバーシティ東京プラザに立つ全高18メートルの実物大ガンダム立像にプロジェクションマッピングを行う「TOKYOガンダムプロジェクト2014 ガンダムプロジェクションマッピング “Industrial Revolution”−to the future−」がスタート。3月23日まで一般公開される。

ts_gundamu01.jpg 3月20日に実施された報道関係者向け内覧会の様子

 空間演出を担当したのは、2012年に東京駅で行われた「TOKYO HIKARI VISION」を手がけた村松亮太郎氏率いるNAKED.Inc.。「戦いを終えたガンダムを囲み、メカニックに扮したDJとともにドックヤードがパーティー会場に一変」というストーリーで、メカニックたちが巻き起こす“インダストリアル・パーティー”を映像と音と光で表現した。

 上映時間は1回につき約8分。3月21日から23日までは、19時、19時30分、20時、20時30分、21時の計5回(予定)実施する予定だ。

 また、今回のプロジェクションマッピングを再現できる「ハコビジョン 限定版 GUNDAM in DAIBA」が、同日より「ガンダムフロント東京」および「GUNDAM cafe ダイバーシティ東京プラザ店」で限定販売を開始した。価格は500円だ。

ts_gundamu02.jpgts_gundamu03.jpg 「ハコビジョン 限定版 GUNDAM in DAIBA」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.