ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「実物大ガンダム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「実物大ガンダム」に関する情報が集まったページです。

動くガンダム、長期休業に 再開は7月中旬
動く実物大ガンダムを展示している「ガンダムファクトリー横浜」が長期休業に入った。再開は7月15日を予定している。(2022/5/10)

福岡の実物大νガンダム、25日公開
バンダイナムコグループは7日、福岡市内で建設を進めていた実物大ガンダム立像「RX-93ff νガンダム」を25日から一般公開すると発表した。(2022/4/7)

動く実物大ガンダムのSTEAM教材、経産省サイトで公開 制作はサンライズ
サンライズは30日、動く実物大ガンダムをテーマにした探求学習プログラムが経済産業省の「STEAMライブラリー」で公開されたと発表した。小学校高学年向けと高校生向けがある。(2022/3/30)

ガンダムの世界はどのくらい実現できる? 現役研究者が“ガチ考察”する書籍が登場
実現には何が必要かなど前向きに考えます。(2022/3/26)

ガンダム最終回のラストシューティング、全高17mのバルーンで再現 横浜ランドマークタワーで19日から
アニメ「機動戦士ガンダム」のラストシューティングを再現した全高17mのバルーンをが横浜ランドマークタワーに登場する。「みなとみらい線」各駅で関連イベントを行う「GUNDAM PORT YOKOHAMA」の一環。(2022/2/10)

動く実物大ガンダム、1年延長 23年3月まで
Evolving Gは28日、横浜の“動く実物大ガンダム”展示を1年延長すると発表した。23年3月31日まで公開を続ける。(2022/1/28)

2022年4月に:
「ガンダムパーク福岡」、ららぽーと福岡にオープン 3つのエリアで構成
BANDAI SPIRITSとバンダイナムコアミューズメントは、2022年4月開業予定のららぽーと福岡に複合エンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」をオープンすると発表した。ガンダムの世界観を楽しめる空間として訴求する。(2022/1/21)

「ガンダムパーク福岡」4月開業 限定ガンプラにガンダム仕様「太鼓の達人」など初登場
福岡ガンダム近くにオープンする複合施設「ガンダムパーク福岡」の概要が明らかに。限定ガンプラの他、ガンダム仕様の「太鼓の達人」なども初登場。(2022/1/20)

1年で倍に増えた「実物大ガンダム」 お台場、横浜から上海、福岡へ VR空間や東京五輪にも
2021年、コロナ禍に翻弄されながら倍に増えた実物大ガンダム。お台場と横浜から上海、そして福岡へと広がったガンダム立像とガンダム関連の話題を振り返る。(2021/12/29)

福岡の実物大「νガンダム」は頭と右腕が動く 高さ24.8メートルに
バンダイナムコグループは22日、福岡県に建設中の実物大「νガンダム」立像の概要を公開した。現地では立像に頭部を取り付ける上頭式を実施した。(2021/12/22)

動く実物大ガンダム、経産省が選ぶSTEAM教材に
横浜の「動く実物大ガンダム」をテーマにした小中学生向け「探求学習プログラム」が、経済産業省の2022年度「STEAMライブラリー」に採択された。(2021/11/29)

秋葉原「ガンダムカフェ」22年1月末に営業終了 お台場店・福岡店・大阪の「GUNDAM SQUARE」も閉店へ
2010年4月に1号店となる秋葉原店が2020年7月に約4倍に規模を拡張したばかりでした。(2021/11/3)

「ガンダムカフェ」22年1月に閉店へ
BANDAI SPIRITSは1日、東京・秋葉原駅前にある「ガンダムカフェ」など4店舗を2022年1月に閉店すると発表した。(2021/11/1)

「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が入場無料に 再生エネルギーで動く実物大ガンダムを体験できる「サステナブルデー」を11月3日に実施
先着7200人に「エコプラ 1/144 RX-78-2 ガンダム組立体験会Ver.」を無料配布。(2021/10/17)

動く実物大ガンダム、11月3日は入場無料 ガンプラ無料配布も
バンダイナムコグループは、11月3日を「サステナブルデー」として動く実物大ガンダムがある「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の入場を無料にすると発表した。(2021/10/15)

国民的キャラクター:
進むガンダムのメインカルチャー化 社会的アイコンとしてバンダイナムコが描くサステナブル戦略とは
今や国民的キャラクターといえる機動戦士ガンダム。バンダイナムコのサステナブル戦略を追った。(2021/10/14)

電力供給サービス:
実物大ガンダムが再エネ100%で“動く”、みんな電力が「ハマウィング」から電力供給
みんな電力が「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に、横浜市風力発電所で発電する電力を供給。「動くガンダム」などが話題の同施設の電力を、100%再生可能エネルギー由来に切り替える。(2021/9/15)

“横浜ガンダム”を撮ったらまるで映画のワンシーン 「これがCGじゃないってのがすごい」と感嘆の声
かがむ動作に伴うモモの装甲の割れ方といった発見も。(2021/9/3)

上海で実物大「フリーダムガンダム」立像公開 日本では限定ガンプラ登場
中国・上海市の商業施設「ららぽーと上海金橋」前に建造していた高さ約18mの「実物大フリーダムガンダム立像」が完成し、28日に公開された。(2021/4/30)

ガンダムとペッパーのコラボカフェが開催 ガンダムカラーのV字アンテナ付きペッパー君がお出迎え
配膳ロボのサービィもガンダム仕様。(2021/3/12)

アニメみたいだけどアニメじゃない「アニメのように撮れた実物大ガンダム」がほんとのことさ
すごいものを見たんだ。(2021/2/8)

動く実物大ガンダムも時短営業 緊急事態宣言受け 一部で払い戻し対応も
横浜の“動く実物大ガンダム”を運営するEvolving Gは、新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言発令を受け、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の営業時間を1時間短縮する。(2021/1/8)

実物大“動くガンダム”がギネス世界記録認定 「最大の可動型ヒューマノイドロボット」として
「最大の可動型ガンダム」としても認定。(2020/12/21)

動く実物大ガンダム、2つのギネス世界記録に認定 「最大の可動型ヒューマノイドロボット」など
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を運営するEvolving Gは12月21日、全高18mの動く実物大ガンダムが「最大の可動型ヒューマノイドロボット」など2つのギネス世界記録に認定されたと発表した。(2020/12/21)

「ジョージア」×「機動戦士ガンダム」 ガンダム名シーンをデザインした缶が登場
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」には、モビルスーツ仕様になった自動販売機が登場します。(2020/12/19)

動く実物大ガンダムの「起動式」をNHKが生中継 カメラ12台で
NHKは、12月18日の午後4時30分から「生中継!ガンダム動く」をBSプレミアムで放送する。(2020/12/17)

全高18mのガンダム、ついに動く ライトアップが作り出した「脅威のメカニズム」
「ガンダム、起動」の声を合図にゆっくりと左足を上げ始めた実物大のガンダム。鋼鉄製のフレームとカーボン強化樹脂の外装で造られた巨大な構造物が動く様子は圧巻だ。(2020/12/1)

JIMTOF2020 Online:
「実物大の動くガンダム」を実現した道筋とは、プロジェクト関係者が経緯を語る
2020年12月19日、“実物大の動くガンダム”が横浜の大地に立つ。アニメ「機動戦士ガンダム」の40周年プロジェクトとして開発された、このガンダム「RX-78F00」のプロジェクトはどのように始まり、どうやって実現したのか。「JIMTOF2020 Online」において、プロジェクト関係者によるトークイベントが開催されたのでその模様をお伝えする。(2020/12/1)

実物大ガンダム視点で横浜の街を一望 ソフトバンクが5G活用で
ソフトバンクが“動く実物大ガンダム”の視界を5G通信で共有するVRコンテンツを発表。コックピットに乗り込んだような体験ができる。(2020/11/30)

動く実物大ガンダム、起動実験に成功 「動きがリアル」「本当にガンダムができるんだな」と技術者
YouTubeのガンダム公式チャンネルで“動く実物大ガンダム”の起動実験の模様が公開された。(2020/11/27)

18メートルの動く実物大ガンダム、12月19日から期間限定で公開決定
入場料金は大人1650円、特別観覧デッキは3300円。(2020/9/29)

ソフトバンク、5Gパートナーとして「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に協賛
ソフトバンクは、12月19日から開催される「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」へ5Gパートナーとして協賛。5Gネットワーク環境を構築し、ガンダムのコクピットに乗り込んだかのような体験が可能なVRドームを提供する。(2020/9/29)

動く実物大ガンダムは12月19日公開 入場料は1650円
一般社団法人「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」(GGC)は9月29日、横浜の山下ふ頭で建造している“動く実物大ガンダム”を12月19日から公開すると発表した。全高18m、重さ約25t(トン)のガンダムが動く様子を間近で見られる。(2020/9/29)

実物大ガンダムが中指を……? 下品なフェイク画像に元画像の撮影者怒り
国内外で盗用が重ねられ拡散していました。(2020/8/7)

動く実物大ガンダム、全貌を現す 頭部を取り付ける「上頭式」の模様を公開
横浜の山下ふ頭で建造中の“動く実物大ガンダム”。頭部を取り付ける「上頭式」の模様など最新映像がYouTube公式チャンネルで公開された。一般公開時に披露するポーズも一部明らかに。(2020/8/5)

ガンプラ「ガンダリウム合金モデル」は22万円、予約受付開始
BANDAI SPIRITSは7月21日、「ガンプラ」40周年を記念して開発した「ガンダリウム合金モデル 1/144 RX-78-2ガンダム」の予約受付を始めると発表した。価格は22万円(税込)。(2020/7/21)

全高18mの実物大フリーダムガンダム、上海に上陸へ
サンライズと創通は、高さ約18mの実物大「フリーダムガンダム」立像を中国・上海市の商業施設「ららぽーと上海金橋」前に設置すると発表した。(2020/7/13)

フリーダムガンダム、上海に立つ! 2021年、実物大ガンダム立像が海外進出
「ガンダムチャイナプロジェクト」の発表会で明らかに。(追記あり)(2020/7/13)

動く実物大ガンダム展示、延期が決定 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」事前限定プログラムも中止に
特設サイトは英語版も用意しており国内外へ告知していました。(2020/5/26)

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:
【8年前の今頃は?】実物大ガンダム大地に立つ!! お台場がガンダムファンの聖地に
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/4/17)

ガンダムファンクラブに年会費1万円の「プレミアム会員」 オリジナルガンプラや実物大ガンダムの早期見学も
ガンダム公式ファンクラブアプリで年会費1万円(税別)の「プレミアム会員」サービスがスタート。オリジナルガンプラや実物大ガンダムの早期見学など多数の特典を用意した。(2020/3/24)

40周年のガンプラ、ついに「ガンダリウム合金モデル」登場
BANDAI SPIRITSは、ガンプラ40周年を記念して「ガンダリウム合金モデル 1/144スケール RX-78-2ガンダム」を発売する。エプソンアトミックスの協力を得て「最新の金属成型技術で精製した」という。(2020/2/21)

ロボット開発ニュース:
プロジェクト始動から5年、実物大「動くガンダム」の情報がついに解禁
ガンダム GLOBAL CHALLENGEとEvolving Gは、18mの実物大「動くガンダム」を展示する施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」を横浜市の山下ふ頭にオープンすると発表した。(2020/1/24)

「動く実物大ガンダム」詳報 「RX-78-2」は現代の技術でどこまで再現できるのか
一般社団法人「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」が発表した「動く実物大ガンダム」。発表会で展示された1/30スケールモデルの写真とともに、実物大ガンダムの細部を見ていく。(2020/1/21)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「ガンダム大地に立ち、動く!!」、腰に支持台車を接続して
なるほど、そうきたか……。(2020/1/21)

実物大の“動くガンダム”を間近で見られる施設が横浜・山下ふ頭にオープン 2020年10月1日から約1年間
夢のプロジェクトの成果がついに……!(2020/1/20)

実物大の“動くガンダム”、横浜に現る 10月から一般公開
高さ18メートルの実物大ガンダムが、横浜・山下ふ頭で10月から一般公開すると発表した。公開期間は約1年間。国内外のロボット研究者、エンジニア、クリエイターらが設計・検証し、動く仕組みにする計画だ。(2020/1/20)

メカ設計メルマガ 編集後記:
モノづくり視点でも注目したい「ガンプラ」40周年プレミアムイヤー
あの「ガンプラ」が買えなかったことをずっと後悔しています……。(2020/1/7)

実物大ガンダムを動かすプロジェクト「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」、メイキング動画配信開始
18メートルの巨体、どう動かす?(2019/11/15)

スマートモビリティーで激変する乗り物と移動のかたち:
「フェス化」で激変する東京モーターショーのかたち
東京モーターショーを見守ってきた筆者が気づいた「変化」とは?(2019/10/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。