ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プロジェクションマッピング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロジェクションマッピング」に関する情報が集まったページです。

「SFみたい」「カッコいい」――ネットで反響“球体ドローン”、生みの親が貫く信念
丸いボディーに映像を表示しながら飛行できる「浮遊球体ドローンディスプレイ」、プロペラがなくても空を飛べる「羽根がないドローン」など、球体のドローンを手掛けてきたのが、NTTドコモの山田渉さんだ。山田さんは「SFをサイエンスにする」をモットーに掲げ、モノづくりに取り組んできた。そんな山田さんに、ドローン開発にかける思いやこだわりを聞いた。(2019/5/22)

ポケGOリアルイベント、横浜で開催 ピカチュウも大量発生
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)のリアルイベントが8月に横浜で実施されることが分かった。ピカチュウも(リアルで)大量発生。(2019/5/15)

マシーナリーともコラム:
ホスピタリティが完璧なのかよ マシーナリーとも子、輝夜月のライブを見に行ってきたの巻
バーチャルYouTuberがバーチャルYouTuberのライブを取材する時代。(2019/5/10)

ニコニコ超会議2019:
“羽根なしドローン”なぜ生まれた? ドコモ担当者が語る
「ニコニコ超会議2019」で、NTTドコモがプロペラのないドローンのデモ機を展示している。(2019/4/27)

プロペラを使わないので静か&安全 「羽根なしドローン」をNTTドコモが開発
ニコニコ超会議にも出展。(2019/4/21)

RPA:
RPAでトンネル切羽の評価点を自動予測、プロジェクターで安全性を色分けして投影
安藤ハザマは、トンネル切羽安定度予測システム「TFS-learning」に、RPAを用いて切羽前方の評価点を予測して地山等級を判定する機能と、カラーコンター図を切羽に投影するプロジェクションマッピング機能を追加した。(2019/4/18)

“羽根がないドローン”ドコモが開発 超音波振動で移動
ドコモがプロペラのないドローンを開発した。本体表面に取り付けた「超音波振動モジュール」が生み出す推進力で空中を移動する。(2019/4/17)

動画あり:
ロボが読経……世界初「アンドロイド観音」高台寺に登場 「仏様を人間に近づけることができないか」石黒浩教授に持ちかけ
豊臣秀吉の正室、ねねゆかりの寺として知られる高台寺が23日、世界初というアンドロイド観音「マインダー」を報道陣に公開した。多くの人に仏教に興味を持ってもらおうと、大阪大と協力し製作した。(2019/2/25)

製造業IoT:
PR:製品データをどう活用すべきか、製造業のサービス化は小さく素早く簡単に
製造業のIoT活用は広がりを見せている。その中で今後拡大すると見られているのが、製品のIoT化によるデータを生かしたサービスビジネスの構築である。ただ新たなビジネス構築は容易ではない。製品のIoT化へのポイントにはどういう点があるのだろうか。(2019/3/11)

ハイタイプが人気:
「こたつ」で乾杯……カフェや展望台に専用席に予約殺到
「こたつ席」を設けたカフェやレストラン、居酒屋などが話題になっている。JR大阪駅(大阪市北区)のビル内のカフェや、あべのハルカス(同市阿倍野区)の展望台に設置したところ、幅広い世代の人気を集め、予約でいっぱいという。席ではイルミネーションや都会の街並みを眺めながら、ホットドリンクや鍋料理が味わえ、「リラックスできる」などと好評だ。かつてはこたつを囲んでの家族だんらんがお茶の間の風物詩だったが、核家族化が進んでこたつそのものの生産も減少傾向にある。果たして、こたつが再び脚光を浴びることはあるか――。(高橋義春)(2019/2/6)

渋谷×都市×IT:
「渋谷発、“強い日本”行」――AIや5Gで“渋谷”という都市はどう変わるのか?
AIや5Gなど新しいテクノロジーが登場するのに伴い、都市も変わりつつある。今回は、「渋谷」がどのように変わろうとしているのか、渋谷未来デザインに聞いてみた。(2019/2/6)

邪悪を討て、アントマン&ワスプとともに!:
アジアにおける“マーベルの拠点”へ――変化する最新の香港ディズニーランドを体験
日本から飛行機で5時間、香港・ランタオ島に2005年にオープンした香港ディズニーランドをご存じでしょうか。狭い、誰も行かないなんてのはもう昔の話。現在では世界でもここにしかない、ここでしか会えない要素もたくさんあり、特に日本のファンと“マーベルファン”が注目するパークになりました。(2019/2/2)

関西初の「変なホテル」はロボホン19体がお出迎え 心斎橋に開業、スマート照明「Hue」も導入
関西地区初となる「変なホテル大阪 心斎橋」が2月1日に開業。おなじみの恐竜型ロボットのほか、シャープのロボット「ロボホン」が19体で迎え、多言語であいさつしたり、季節や時間に合わせてダンスを繰り広げる。(2019/1/31)

一見普通の入館ゲートが……ピッ→「シュバババーン!」 玩具会社の遊び心あふれる近未来ドア、設置の経緯聞いた
これは格好良い。(2019/1/30)

プロジェクションマッピング:
自動ドアにプロジェクションマッピング?ナブテスコと凸版印刷が売上10億円を目指す投影ソリューション
ナブテスコと凸版印刷は、スライド式自動ドアの動きに合わせて映像を投影するソリューション「コネクトドア」を開発した。商業施設や空港などの自動ドアに、プロジェクションマッピングを行うことで、新たな広告媒体やエンタテイメント空間としての有効利用を見込む。(2019/1/16)

東京ディズニーランドの35周年イベントがグランドフィナーレ! パレード&ショーの見逃したくないポイントを全力紹介
昼も夜も“ハピエスト”なグランドフィナーレ。(2019/1/12)

新アトラクション名称も発表!:
2020、東京ディズニーランド再度爆誕――「美女と野獣」や「ベイマックス」アトラクションはここまでできていた
東京ディズニーリゾートが現在工事中のエリアを報道関係者に向け初めて公開。(2018/12/6)

掘削面を“スクリーン”に見立て地盤情報を投影する装置を開発、大成建設
大成建設は、山岳トンネル工事で掘削面をスクリーンに見立て、そこに地盤情報を投影する「切羽プロジェクションマッピング」を開発した。(2018/12/5)

エプソン販売、映像コンテンツの製作も行うプロジェクションマッピングのセットパッケージを提供開始
エプソン販売は、省スペース型3Dプロジェクションマッピング「COMPACT MAPPING」に同社製プロジェクターを組み合わせたセット製品の販売を開始する。(2018/11/28)

中国・深センで目撃された高層ビルの「超絶LEDマッピング」が桁違いの壮大さ 「メンテナンス作業を想うと震えた」
ここが未来か……!(2018/11/23)

実物大ガンダム、歩く可能性も “夢のプロジェクト”実現へ、ロボット研究者ら集結
全高18メートルの実物大ガンダムを実際に動かす――そんな壮大なプロジェクトを実現するべく、ロボット研究者らが集結。2020年夏、その夢が実現される予定だ。(2018/11/21)

製造ITニュース:
製造業としてのNECを最大活用、自社実践により“使える”ソリューションを訴求
NECはユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2018」において、NEC内の工場での自社実践拡大を紹介。これらで磨いた技術により、スマートファクトリーコンセプト「NEC DX Factory」の進化を訴えた。(2018/11/8)

これからのAIの話をしよう(音楽編):
人工知能で「ヒット曲」難しい理由 ”良い音楽”は科学できるのか
人工知能による自動作曲サービスがいくつも登場し、誰もが気軽にAIを使った楽曲の自動生成ができるようになった。今の自動作曲システムの実力や、AIはヒット曲を生み出せるのかなどを、自動作曲システム「Orpheus」の開発者に聞いた。(2018/11/8)

ガチャを引いてお悩み供養!? IT住職がプロジェクションマッピングで煩悩を払う法要が開催
町屋光明寺で、ユニークで幻想的な法要が開催されます。(2018/11/2)

Manufacturing DX:
OKI、スマート工場の実現を支援するIoT活用工場ソリューションを提供
沖電気工業(OKI)は、スマート工場の実現を支援するIoT(Internet of Things)活用工場ソリューション「Manufacturing DX」の提供開始を発表した。(2018/11/6)

「うさまるカフェ」に突然の最新技術が登場 ソニーのプロジェクションマッピングがすごいクオリティー
このうさまる……動くぞ!(2018/11/1)

六本木でポケモンの声に耳を澄ます バーチャルジムで足元ガクガク? NianticのARイベント体験レポート!
現実の庭園に本当にポケモンたちが隠れているような感覚に。NianticのAR技術が現実と虚構を融合させる。(2018/10/12)

六本木に「登れるポケモンジム」「Ingressの世界」出現! NianticがARイベント開催
六本木ヒルズにNianticのARが展開。(2018/10/4)

国際物流総合展2018:
プロジェクションマッピングで荷仕分けを支援、パナソニックとIHIが共同展示
パナソニックは、「国際物流総合展2018」において、IHI物流産業システムと共同で「プロジェクションマッピングを活用した荷仕分け支援システム」を参考出展した。(2018/9/14)

FAニュース:
映像とカメラで組み立て生産現場の作業ミスを低減するシステム
OKIは、プロジェクションマッピング技術と画像センシング技術を活用して、生産現場における組み立て作業ミスを低減する「プロジェクションアセンブリーシステム」を発売した。(2018/9/12)

プロジェクションアッセンブリーシステム:
OKI、組み立て作業ミスの“ゼロ化”を映像とカメラで支援するシステムを販売
OKIは、生産現場での組み立て作業ミスのゼロ化を支援する「プロジェクションアッセンブリーシステム」の販売開始を発表した。(2018/9/6)

日本屋外広告フォーラム 杉本委員長(ADK局長)に聞く:
「屋外広告×ソーシャルメディア」の可能性を調査・研究、日本屋外広告フォーラム
ビルの屋上や壁面に掲出されている屋外広告(Out of home media)――。屋外広告の業界には長い間、広告効果の目安となる指標が存在しなかった。この指標を策定するべく、1999年に任意団体が設立され、繁華街の歩行者向けと、ドライバー向けの2つを対象とした国内初となる屋外広告の効果指標を計算することができる「屋外広告指標推定システム」が構築された。現在は次のステップとして、ソーシャルメディアとの関連性を探る調査が進められている。(2018/8/17)

砂を掘ると海、盛ると山に早変わり 佐賀の土木展出展の「砂場マッピング」が注目集める
鳴らした音に合わせて光るカラーコーンや、有明海の干満差を体験できる映像など、ユニークな展示が多数。(2018/8/1)

SPORTEC2018:
サッカーみたいな“エアホッケー” プロジェクションマッピング活用で
足でパックを打ち返す“エアホッケー”を楽しめるブースが東京ビッグサイトで開催中の「SPORTEC2018」に登場した。プロジェクションマッピングを使って床にエアホッケー台やパックを映し出し、センサーで足の動きを検知する。(2018/7/25)

今日のリサーチ:
「ナイトプール」に「ナイトアクアリウム」 真夏の夜の女子的過ごし方――リクルート調べ
リクルートは、2018年夏の「ナイトアクティビティー」人気ランキングを発表しました。(2018/7/12)

新世代ナイトエンターテインメント、爆誕:
東京ディズニーランド35周年の夏、とんでもないナイトショーがスタートした!
新たなナイトショーをリポートします。(2018/7/9)

凸版印刷が没入感ある「空間演出」に新たな提案
世界最高水準となる1.5mmピッチの高精細LEDディスプレイをタテイシ広美社と共同開発。これに、映像コンテンツや空間デザインなどの領域で蓄積してきたノウハウを付加し、映像でありながら現実世界にいるような感動体験型空間を生み出す。(2018/7/9)

PR:「誰でも無償で使える研究所」 夢のオープンイノベーション拠点が生まれたワケは
(2018/6/29)

3D&バーチャルリアリティ展:
設計図面を建設現場に実寸投影する「MR」技術、Microsoft HoloLensを活用
インフォマティクスが提案するMR(複合現実)技術は、設計図面を建設現場に3次元で投影する方法。ヘッドマウントディスプレイは、PCやコードを必要としないMicrosoftの「HoloLens」を採用している。高センサーを搭載しているため、自分が動き回っても、図面がズレることが無い。(2018/6/25)

スマート工場:
デジタルツインで“カイゼンの自律化”を目指す、「NEC DX Factory」の狙いとは
NECは、次世代モノづくりを具現化する共創型体験スペース「NEC DX Factory」を同社玉川事業場内に開設。NECやパートナー企業の先端技術やソリューションなどを集約した次世代製造ラインを用いながら、その効果を体験してもらい、製造現場のデジタル変革を推進する。(2018/6/22)

スマートファクトリー:
スマート工場の理想像をみんなで描く、NECが共創型体験施設を開始
NECは2018年6月14日、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)など先進技術を活用して、次世代モノづくりを具現化する共創型体験スペース「NEC DX Factory」をNEC玉川事業場(川崎市中原区)内に開設した。(2018/6/15)

エプソン、同社初のネイティブ4Kモデルも用意したレーザー光源ビジネスプロジェクター計6機種を投入
エプソンは、レーザー採用光源ビジネスプロジェクターのラインアップに会議室向けモデルなど6機種7モデルを追加した。(2018/6/13)

乃木坂46、セラミュで華麗にメイクアップ! 白石麻衣の月の女王にタキシード仮面とのキスシーンも【画像18枚】
6月7日に行われたゲネプロ公開に行ってきました。(2018/6/8)

ワイヤレスジャパン 2018:
ドコモは5Gも“協創”を重視 通信だけでなくサービスも2020年に提供
「ワイヤレスジャパン 2018」と「ワイヤレス・テクノロジー・パーク」が開催。ドコモの吉澤和弘社長は「5Gでより豊かな未来を」と題して講演した。ドコモは5Gでどのような世界を目指しているのだろうか。(2018/5/24)

動いて会話も可能なキャラクターを制作 オーダーメイドできるロボットサービス「キャラロイド」が登場
どこまで表現の幅があるのか気になる……。(2018/5/10)

人工知能ニュース:
AIでウチのドアが執事に、YKK APの「未来ドア」は2020年発売を目標に
建材メーカー大手のYKK APは未来の窓やドアを形にする「未来窓」の第3弾となる「UPDATE GATE」の記者説明会を開催した。顔認証やAI(人工知能)、音声認識などを利用した自動開閉、遠隔見守り機能、伝言や情報配信機能などを備えたドアシステムであり、「ドアが執事のようにふるまう」ことをイメージしている。(2018/4/26)

「ドラゴンクエストVR」ゲーム画面公開 新キャラ「ホミリー」登場
「ドラゴンクエストVR」のゲーム画面が公開。オリジナルキャラクター「ホミリー」や、コラボフードなど新情報が発表された。(2018/4/20)

実物大「ユニコーンガンダム」でプロジェクションマッピング 明日から
お台場の“実物大ユニコーンガンダム”でプロジェクションマッピングを実施。4月21日〜5月6日の間に、1日3回行う。(2018/4/20)

日本初の超高層ビル「霞が関ビルディング」、竣工50周年を記念してプロジェクションマッピング
日本初の超高層ビル「霞が関ビルディング」。2018年4月12日で、1968年のビル完成から半世紀を迎える。三井不動産は竣工50周年を記念して4月12日〜5月31日、夜のビル壁面にアート作品をプロジェクションマッピングで投影するイベントを行う。(2018/4/12)

新パレード、小さな世界、チョコクランチでお祝いだ:
東京ディズニーリゾートは35周年、史上最大級の祭典「Happiest Celebration!」が始まる
1983年4月15日の東京ディズニーランド開園から35年。アニバーサリーイベントが始まります。(2018/4/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。