ニュース
» 2014年05月13日 11時38分 UPDATE

木製家具調スピーカー:モダニティ、デンマーク・タンジェントのBluetoothスピーカー「Classic」を発売

天然木をボディに採用したBluetoothスピーカーが登場する。Bluetooth通信とapt-Xコーデックに対応している。

[ITmedia]

 モダニティはデンマーク・タンジェント社のBluetoothスピーカー「Classic」を発売する。出荷開始時期は5月下旬で、価格は7万円(税別)。

hs_tangent_a.jpg デンマーク・タンジェント社のBluetoothスピーカー「Classic」。本体色は2色用意する。左がウォールナット(クルミ材)、右がアッシュ(タモ材)。

 特徴は2つあり、1つは天然木のボディを採用した点だ。ボディの色はウォールナット(クルミ材)とアッシュ(タモ材)の2種類。専用リモコンにも木製リモコンカバーを用意し、オーディオプレーヤー用のスタンドも木製になっている。

 もう1つは、Bluetooth 2.1+EDR 通信に対応しており、携帯音楽プレーヤーやスマートフォンと通信できること。プロファイルはA2DP 1.2、コーデックはapt-Xに対応する。8台までのマルチペアリングが可能で、通信可能距離はおよそ10メートル。

 Bluetooth通信機能だけでなく、ステレオミニプラグの端子も搭載しており、プレーヤーとケーブルで接続して使用することも可能。さらに、スマートフォンなどの充電に向けて外部充電用USB端子も搭載する。

 内蔵アンプの出力は50W×2。周波数特性は50Hz〜22kHz。スピーカーの構成は127ミリ径のウーファー、25.4ミリ径のトゥイーター、アコースティックバスレフポートをそれぞれ2つずつ。外形寸法は580(幅)×300(奥行き)×235(厚さ)ミリで重量は約6.4キログラムだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.