ニュース
» 2014年05月14日 18時18分 UPDATE

乾電池も使えます:「beats by dr.dre」からNFC対応のBluetoothスピーカー「Beatbox Portable」が登場

完実電気から、米Beats ElectronicsのポータブルBluetoothスピーカー「Beatbox Portable」が登場。NFCやapt-Xをサポートした。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 完実電気は、米Beats ElectronicsのポータブルBluetoothスピーカー「Beatbox Portable」を5月22日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は5万4000円前後(税込)。ブラック、ホワイトの2色を用意した。

hm_be01.jpghm_be02.jpg Bluetoothスピーカー「Beatbox Portable」、本体両脇に「キャリーハンドル」を備える(写真=左)、カラーバリエーションは2色(ブラック、ホワイト)(写真=右)

 4.5インチ径のウーファーと2つの2インチドライバーを搭載した横長スタイルのポータブルスピーカー。Bluetooth 2.1およびNFCに対応したことにより、スマートフォンなどとのペアリングがスマートに行える。またapt-XやAACをサポートしているため、対応する機器との組み合わせならより広帯域・低遅延のワイヤレス伝送が行える。

 背面には、3.5ミリステレオ入力端子を装備。さらに外部機器を充電できるUSB給電ポートを1つ備えた。電源は付属のACアダプター、もしくは単一形乾電池6本を使用する。

 外形寸法は約390(幅)×130(奥行き)×170(高さ)ミリ。本体重量は約4キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.