ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NFC(Near Field Communication)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NFC(Near Field Communication)」に関する情報が集まったページです。

ディーフ、特殊樹脂「G10」を採用したiPhone 12 Pro/Pro Max用バンパーを発売
ディーフは、1月中旬からiPhone 12 Pro用バンパー「CLEAVE G10 Bumper for iPhone 12 Pro」、iPhone 12 Pro Max用バンパー「CLEAVE G10 Bumper for iPhone 12 Pro Max」を順次発売する。(2021/1/8)

製品動向:
スキーデータ、VIPラウンジなどへの入退場管理デバイス「Door.Gate」を提供開始
スキーデータは、VIPラウンジや小規模なスペースの入場管理などに運用可能なデバイスとして「Door.Gate」「Door.Gate ’Pedestal’」を12月16日より提供開始した。ペーパーレスでユーザーの利便性と効率を高め円滑な入場をサポートする。(2021/1/8)

決済端末不要でNFCタッチ決済 GMOとSoft Spaceが本格提供
GMOフィナンシャルゲートSoft Spaceは、決済専用端末を必要としない端末レスの決済サービスを本格提供。市販の端末に専用アプリを入れるだけでNFCタッチ決済に対応する「Fasstap」を活用している。(2020/12/28)

Visaタッチ決済で改札通過、南海鉄道が実証実験 QRコードで出入りも
南海電気鉄道が、NFCを使った非接触決済「Visaのタッチ決済」を使って改札を通過する実証実験を行うと発表。利用者は改札機にカードをかざすことで運賃を精算できる。QRコードを使って改札を通過する実験も平行して行う。(2020/12/24)

3230万枚突破のVisaのタッチ決済 次のマイルストーンは東京オリンピック
Visaが推進する「タッチ決済」が普及のペースを上げている。対応するカードの国内発行枚数は9月末時点で3230枚を突破した。前年同月から2.3倍となる枚数だ。店舗側の対応端末数も前年同月から3.2倍に増加。(2020/12/21)

山根康宏の中国携帯最新事情:
XiaomiがAppleを抜きスマホ出荷数3位に さらに上を目指すのに必要なことは?
新型コロナウイルスの影響で、スマートフォンメーカーは出荷台数を大幅にダウンさせた。中国市場で出荷台数を回復させたHuaweiがSamsungをわずかな差で抜いて初のシェア1位となった。そして迎えた第3四半期(7月〜9月)は、XiaomiがついにAppleを抜いて3位に浮上したのだ。(2020/12/16)

運動しながら「デジモン」育成 心拍数・歩数を取得 バンダイが新型ウェアラブル玩具
バンダイがウェアラブル玩具「バイタルブレス デジタルモンスター」を発売する。発売日は2021年3月13日、価格は6380円(税込)。心拍数計と歩数計を内蔵し、ユーザーの運動量に応じて「デジモン」が育つ。(2020/12/7)

産業機械の異常を検知する「Amazon Monitron」、AWSが発売 センサーで熱と振動を監視
米AWSが、製造機械用の状態監視デバイス「Amazon Monitron」を発売した。機械に取り付けたセンサーで熱と振動を検知してクラウドに送信。AIがデータを分析し、異常があれば通知する。(2020/12/2)

京都丹後鉄道、Visaタッチ決済に対応 クレカのタッチで乗り降り可能に
京都丹後鉄道でNFCを使った非接触決済「Visaのタッチ決済」の対応が開始。駅や列車内に設置された読み取り端末にカードをかざすと、サインや暗証番号を入力せずに運賃を支払える。(2020/11/25)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
「Akerun入退室管理システム」が会員管理システムと連携、予約などの事務手続きを自動化
フォトシンスはまちいろと共同で、「Akerun入退室管理システム」と月額制の会員管理システム「hacomono 予約システム」のAPI連携を開始した。両社は、今回の連携で、コロナ禍における予約と決済のオンライン化やキーレスによる無人店舗の運営を支援する。(2020/11/24)

セキュリティやコネクティビティも網羅:
PR:MaaSの要となる技術を提供し、あらゆるサービス企業の市場参入を支えるNXP
自動車業界のみならず、建設、不動産、医療といったあらゆる業界や政府、自治体まで巻き込んで、拡大の一途をたどるモビリティサービス市場。モビリティサービスの実現には、自動運転技術、セキュリティ/セーフティ技術、コネクティビティ技術が欠かせない。これらを網羅し、あらゆるサービスプロバイダーからのニーズに応える柔軟なトータルソリューションを提供しているのが、NXP Semiconductorsだ。(2020/11/27)

Garmin、健康管理やSuicaに対応したスマートウォッチ「VENU SQ/VENU SQ Music」発売
ガーミンジャパンは、12月3日に健康管理やSuica決済にも対応したGPSスマートウォッチ「VENU SQ」「VENU SQ Music」を発売。価格は2万4800円(税別)から。予約受付は11月26日に開始する。(2020/11/19)

「Google Pay」、口座サービス「Plex」やワリカン機能追加、ロゴ変更などの大幅刷新(まずは米国で)
Googleのモバイル決済アプリ「Google Pay」が米国で大幅に刷新された。「あなたと友人、企業との関係を中心に設計」し、ワリカン確認ツールやクーポンの自動追加、財務管理機能などが追加された。来年にはCitigroupなどの銀行との提携による口座サービス「Plex」も始動する。(2020/11/19)

「Pixel 5」徹底レビュー 星空も撮影できるカメラ、4キャリアの5G+eSIM対応が魅力
Googleからミッドレンジの5G対応Android 11スマホ「Pixel 5」が発売された。星空撮影や超解像ズームなどGoogleの画像処理技術が注ぎ込まれたカメラを利用できる本機について、カメラ機能を中心にレビューしていく。(2020/11/13)

新パッケージで実装面積も低減:
NXPの新車載マイコン、ソフト開発の負担減を目指す
NXP Semiconductors(以下、NXP)は2020年11月10日、Arm Cortex-Mシリーズをベースとした車載向け汎用マイコン「S32K」ファミリーの新製品として、Cortex-M7コアを搭載した「S32K3」ファミリーを発表した。(2020/11/11)

Y!mobileが新スマホを発表 「AQUOS sense4 basic」と「Android One S8」
ソフトバンクとウィルコム沖縄のY!mobileブランドから新たなスマートフォンが登場する。いずれもミドルレンジ(エントリー)クラスの機種で、バッテリー持ちをよくしていることが特徴だ。【訂正】(2020/11/9)

「AQUOS sense5G」がドコモから2021年春に登場 オンラインショップ限定色も用意
シャープのスタンダード5GスマートフォンがNTTドコモからも登場。ボディーカラーは、通常の4色に加えてオンラインショップ限定の3色の計7色を用意する。(2020/11/5)

Lightning廃止の布石? iPhone 12で「MagSafe」を試して感じた可能性
「MagSafe for iPhone」は、ワイヤレス充電を扱いやすくすると同時に、将来性の拡張性も兼ね備えた技術だ。今後はLightningに代わる、標準的な充電手段になる? ただしユーザーの利便性を考えると疑問符が付く面もある。(2020/11/4)

スマートカーアクセス:
PR:スマホ時代のキーテクノロジーはNFC、BluetoothそしてUWB
自動車のメガトレンドである「シェアリング」が進むと、クルマの鍵は、仮想化、デジタル化されネットワークを介してやり取りされるようになる。すなわち、従来型の鍵からデジタル鍵に移行し、デジタル鍵を扱うスマートフォン自体が鍵の役割を果たすようになる。そうした「スマートカーアクセス」において重要になるであろうキーテクノロジーを紹介しよう。(2020/11/4)

iOS 14でCarPlayはどう進化した? 実際に車で試してみた
「Apple CarPlay(カープレイ)」対応のカーナビシステムを搭載する車種なら、USBケーブルで車とiPhoneを接続するだけでiPhoneから音楽を再生できる。こうしたCarPlay関連の機能について、iOS 14におけるアップデートをおさらいした(2020/10/29)

アプリのおいしい機能だけが簡単に使える:
iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法について解説します。(2020/10/26)

「Made for MagSafe」入り製品は来春から増える? iPhone 12のMagSafe対応製品を作る方法が判明
iPhone 12用ケース上からMagSafe充電器を当てて充電できたとしてもMagSafe対応とは呼べない。(2020/10/26)

「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」を1週間たっぷり使って体感した「今年のカメラ」
iPhone 12と12 Proを入手した米国在中YouTuberによる使用感レポート。(2020/10/25)

iPhone 12 Pro実機をチェックして分かったiPhone 12との違い、「Pro」の証
サイズは同じ、プロセッサも同じ。では「Pro」の違いとは何か? 詳細に調べてみた。(2020/10/23)

iPhone 12実機を詳細チェックして分かった、カメラ仕様、MagSafe、5G
iPhone 12実機をお宝流マニアックな視点でチェック。(2020/10/23)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 12」「12 Pro」を試して分かった実際の違い 11 Proから写真は大進化
10月23日の販売開始に先駆けて「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」を数日間試用した。iPhone 11からさらに進化したカメラの性能を中心に、実機を使い比べたインプレッションをお届けする。(2020/10/20)

「iPhone 12」「12 Pro」を使って見えた、買い換えへの決断ポイントと新しい「Pro」の定義
Appleが2020年に投入する「iPhone 12」の中で、スタンダードモデルとなるiPhone 12とiPhone 12 Proを徹底比較。そこから見えてくることについて、林信行氏がまとめた。(2020/10/20)

iPhone 12に磁石でフィットするApple純正MagSafeケース、その仕組み
Appleが販売開始したiPhone 12/Pro 12用クリアケース「Apple MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proクリアケース」実機レポート。(2020/10/20)

車載情報機器:
CCC準拠の高セキュリティ性、大日本印刷がデジタルキー開発・管理基盤を発表
大日本印刷は2020年10月12日、自動車のデジタルキーに配信する暗号鍵や電子証明書の生成、管理を安全に行えるプラットフォームを提供すると発表した。CCCのグローバル標準仕様に準拠した、高いセキュリティ性を強みとしている。2020年10月から自動車メーカーや車載機器メーカー向けに提供開始予定。(2020/10/16)

魅力のディテールを整理:
「映像美」を再定義するiPhone 12シリーズの新たな可能性
Appleが10月13日(現地時間)に行ったスペシャルイベントで、新型iPhoneとHomePod miniが発表された。そこから見えてくることについて、林信行氏がまとめた。(2020/10/15)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
上品で美しいパープルカラーの「Galaxy S20+ 5G BTS Edition」 日本で触れる場所は?
サムスンの「Galaxy S20+」とK-POPグループのBTSがコラボした限定モデル「Galaxy S20+ 5G BTS Edition」が発売。「Galaxy Harajuku」に実機が自由に触れる状態で展示されています。パッケージにはBTSのシンボルロゴである台形が配置されています。(2020/10/15)

Apple、iPhone12の背面に磁石でくっつくワイヤレス充電器を発表 「MagSafe」対応アクセサリー多数
ウォレットをケースの上に重ね着することもできる。(2020/10/14)

5G対応の「iPhone 12」登場 アルミニウムフレームに新アンテナを採用 5色から選べて8万5800円から
Appleが10月13日(米国太平洋夏時間)に開催したスペシャルイベントで「iPhone 12」と「iPhone 12 mini」を発表した。日本における販売価格は8万5800円(税別)からとなる。【更新】(2020/10/14)

DNP、自動車のデジタルキー用プラットフォーム提供へ
大日本印刷は、スマートフォンでクルマを施錠・解錠できるデジタルキーのプラットフォームを開発・提供する。DNPのデータセンターで暗号鍵や電子証明書を生成し、車載機やスマートフォンなどに安全に配信する。(2020/10/12)

モバイル決済で店舗改革:
老舗銭湯「小杉湯」がキャッシュレス化で変わったこと 密を避けるために活用したツールとは?
コロナ禍で、接触機会を減らせると改めて注目されているキャッシュレス決済。東京・高円寺で昭和8年から続く老舗銭湯「小杉湯」での取り組みを取材した。(2020/10/12)

電動化・ECU統合化に対応:
PR:xEVシステムを効率化しトータルコストを削減。電動化を支えるNXPの車載半導体ソリューション
自動車業界は、電動化や自動化など「CASE」と呼ばれる4つのメガトレンドに基づき、次世代の自動車開発に取り組んでいる。地球規模で深刻化する環境問題への対応や重大事故を無くすためにも、電動車(xEV)や自動運転車への移行は避けて通れない。本稿では、「バッテリーマネジメント技術」と「ECU統合化を見据えたプロセッシング・プラットフォーム」を中心に、xEVのシステム・コスト削減を可能にするNXP Semiconductorsの半導体ソリューションを紹介する。(2020/10/12)

JCBとNTTコム、バーチャルプリペイドカードの実証実験 外貨にも対応
JCBとNTTコミュニケーションズは10月8日、スマホアプリで利用できるバーチャルプリペイドカードの実証実験を始めると発表した。名称は「JCB Mobile Wallet」。JCBブランドのバーチャルプリペイドカードで、キャッシュレス決済や送金などを行える。(2020/10/8)

5G対応の「Pixel 5」「Pixel 4a(5G)」が日本上陸 10月15日発売 auとソフトバンクも取り扱い
Googleの5Gスマートフォンが、日本でも販売されることになった。日本向けモデルはおサイフケータイにも対応している。2機種のうち、Pixel 5はauとソフトバンク、Pixel 4a(5G)はソフトバンクも取り扱う。(2020/10/1)

Bluetooth接続切り替えの歴史が変わった Appleの「自動切り替え」はどこが画期的なのか
iOS 14の目玉機能の一つである「Bluetooth接続先の自動切り替え」は、歴史的に見ても画期的なのだ。(2020/9/25)

auから「AQUOS sense5G」登場 2021年春予定
シャープのミドルレンジ5Gスマートフォン「AQUOS sense5G」がauから登場する。発売は少し先の2021年春となる。(2020/9/25)

17日から配信 「iOS 14」の新機能をまとめてチェック!
日本時間の9月17日から、iPhone/iPod touch向け新OS「iOS 14」の配信が始まる。その主な新機能を改めてチェックしてみよう。(2020/9/16)

「Apple Watch Series 6」発表 血中酸素計測に対応 赤と青の新色、廉価版「SE」も
Apple Watch Series 6が予想通り発表された。予想外の廉価版「SE」もファミリーに加わった。(2020/9/16)

シャープが2020年秋冬のAQUOSスマホを発表 5G対応の「zero 5G basic」「sense5G」も
シャープがAQUOSスマートフォンの2020年秋冬モデルのラインアップを発表した。いずれもミドルレンジ、あるいはミドルハイレンジモデルとなるが、5G対応モデルやゲーミングを意識したモデルも用意していることが特徴だ。(2020/9/11)

なりすましなどの不正利用を防ぐ:
クラウドと連係可能な次世代FeliCa ICチップ開発
ソニーは、非接触ICカード「FeliCa(フェリカ)」向けの次世代ICチップを開発した。新たに「FeliCaセキュアID」機能を搭載した。クラウドと連係したデータ管理を行うことで、第三者の不正利用を防止できるという。(2020/9/10)

変わったのはプロセッサだけではない:
パナソニックの新型タブレット「TOUGHBOOK FZ-A3A」を通してタフネスさについて考えた
パナソニックが、10.1形タフネスAndroidタブレットをモデルチェンジした。プロセッサをIntel製からQualcomm製に切り替えただけではなく、いろいろな点が変わっているので、早速レビューしてみた。(2020/9/9)

「Android 11」製品版登場 Pixelを含む複数メーカーのデバイスに配信開始
Android OSの最新バージョンが“製品版”となった。GoogleのPixelスマートフォン(Pixel 2以降)の他、OnePlus、Xiaomi、OPPO、realmeの一部スマートフォンを対象に9月8日(米国太平洋夏時間)から順次配信される。他のメーカーでも、一部機種で数カ月以内にバージョンアップが実施される予定だ。(2020/9/9)

Xiaomi、Snapdragon 732G搭載の「POCO X3 NFC」を229ユーロで発売へ
XiaomiがQualcommの最新プロセッサ「Snapdragon 732G」搭載のミッドレンジ端末「POCO X3 NFC」を発表した。欧州で9月17日に発売する。価格は6GB/64GBで229ユーロ(約2万8800円)から。(2020/9/8)

組み込み採用事例:
サムスンの「Galaxy Note20 Ultra」がUWB技術を採用
NXP Semiconductorsは、同社のUWB高精度測距ソリューション、組み込みSIM、近距離通信、セキュアエレメントユニットがSamsung Electronicsの新型スマートフォン「Galaxy Note20 Ultra」に採用されたと発表した。(2020/9/8)

リアルタイムOS列伝(5):
ArmマイコンのRTOSとして充実する「Mbed OS」に一抹の不安
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第5回は、プロセッサコアIPベンダーのArmが独自に展開する「Mbed OS」を取り上げる。(2020/9/3)

ドコモ回線での稼働を確認:
京セラのタフネスSIMフリースマホ「DuraForce PRO 2」が日本上陸 SIMフリーで一般ユーザーも購入可能
京セラが、米国で販売中のタフネススマホ「DuraForce PRO 2」を日本でも発売することになった。SIMロックフリーで、国内ではNTTドコモ回線での動作を確認しているという。(2020/8/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。