ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NFC(Near Field Communication)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NFC(Near Field Communication)」に関する情報が集まったページです。

渋谷区、独自のデジタル地域通貨「ハチペイ」を2022年中に導入へ
渋谷区が独自のデジタル地域通貨「ハチペイ」を2022年中に導入を開始する。渋谷区内限定で使えるキャッシュレス決済で、コロナ禍以降、大きなダメージを受けている商店街や企業の活性化支援を目的としている。(2022/8/10)

モバイルIT用語辞典:
スマホをかざして手軽に通信「NFC」はどんな規格?
「おサイフケータイ」や「Suica」などのICカードの通信規格を含んだ「NFC」という仕組み。さまざまな規格をまとめた国際標準規格で、ソニーが開発した「FeliCa」もこの規格に含まれている。(2022/7/31)

「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
本当なのかどうか疑ってしまった……。(2022/7/30)

モバイルIT用語辞典:
スマホで簡単に決済できる「FeliCa」の意味は? どこが開発した?
スマホにも搭載され、交通系ICカードやおサイフケータイとして長く親しまれている「FeliCa」。知っている人は多いかもしれないが、日本企業の開発した技術だ。(2022/7/30)

アクティビティトラッカー「Xiaomi Smart Band 7」を使って分かった、付けさせたい人
Xiaomi Smart Band 7を試用したいしたにまさきさんによるインプレッション。(2022/7/29)

ウェアラブルニュース:
リアルタイムで映像や音声を共有できる、製造業や建設業向けボディーカメラ
アイフォーカスは、製造業や建設業向けのボディーカメラ「AAASBodyCamera」を発売した。作業者の衣服に取り付けることで、リアルタイムで映像や音声を共有できるため、業務効率や生産性、安全性の向上に寄与する。(2022/7/29)

「Pixel 6a」と「iPhone SE(第3世代)」を徹底比較 コスパに優れているのはどちら?
Googleから5万円台で発売される「Google Pixel 6a」。最大の注目点はミドルクラスAndroidの価格帯ながら6.1型の画面と大容量バッテリー、高画質カメラを搭載している点だ。同じ低価格帯の「iPhone SE(第3世代)」と比較してみよう。(2022/7/31)

クレディセゾン、クレカ申込時の本人確認「公的個人認証サービス」を活用 国内初
 クレディセゾンは7月26日、オンライン本人確認によるクレジットカード入会申込「マイナンバーカード読み取りで本人確認」の提供を開始した。(2022/7/28)

ドコモの「arrows 5G」「arrows Be4 Plus」にOSバージョンアップ Android 12に
NTTドコモが、FCNT(旧富士通コネクテッドテクノロジーズ)製スマートフォン2機種に対するAndroid 12へのバージョンアップの提供を開始した。arrows 5G F-51Aは2度目のOSバージョンアップとなる。(2022/7/28)

「霜降り明星」粗品、534万円でレクサスを購入 もちろん借金「新規の債権者です。アラザス」
車選びは妻と子どものため「酔いにくい車」を条件に検討。(2022/7/26)

クレカのタッチ決済「あるある」とは 筆者が実際に体験したケース
最近、VisaやMasterCard、JCBなどクレジットカードブランドが普及に力を入れているのがNFC TypeA/B(以下、NFC)を使った非接触決済だ。ただし、「クレジットカードをかざして決済する」という認識はまだ浸透しているわけではなさそうだ。(2022/7/24)

「Pixel 6a」先行レビュー 手頃な価格だけでない魅力をチェック!
Googleが7月28日に発売する「Pixel 6a」。Pixel 6の廉価版という位置付けだが、一部の機能をカットしつつ、基本スペックはPixel 6のそれをキープしていることが特徴だ。今回、発売に先駆けて試用する機会に恵まれたので、どんなスマホなのか簡単に紹介したいと思う。(2022/7/22)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(64):
「MacBook Pro」を分解、M1/M2と周辺チップの変遷をたどる
今回は、Appleの「MacBook Pro」の分解結果を報告する。同社のプロセッサ「M1」「M2」や、周辺チップの変遷をたどってみたい。(2022/7/21)

PR:これはスマホか、カメラか 「AQUOS R7」で一段上のレベルに足を踏み入れよう
プレミアムクラスのシャープ製スマートフォン「AQUOS R7」が、NTTドコモとソフトバンクから発売された。最大の特徴は、ライカカメラ社が監修した1型センサー搭載カメラ。高速オートフォーカスと、解像感と高感度を両立した約4720万画素の新型センサーにより、快適かつより多くの光を捉えた高画質撮影を楽しめる。(2022/7/21)

ついに3:2の画面になった「Dragonfly G3」やハイスペックなChromebookが続々登場! 日本HPのビジネス向けPC新製品
日本HPが2022年秋以降に発売するビジネス向けの新製品を一挙に発表した。1kg切りのモバイルノートPC、ハイエンドChromebookなど、たくさんある見どころをかいつまんで紹介する。(2022/7/19)

石野純也のMobile Eye:
「Nothing Phone(1)」の正体に迫る 操作感良好でコスパも悪くないが、課題も
Nothing Technologyの開発した初のスマートフォン「Nothing Phone(1)」が、8月に日本で発売される。背面はどこか懐かしさもあるシースルー仕様で、ワイヤレスチャージ用のコイルやネジなどが透けて見える。操作感も良好でコストパフォーマンスも高いが、ローカライズには課題が残る。(2022/7/16)

コナミの『桃太郎電鉄』、Jリーグと期間限定コラボ 限定グッズ販売も
コナミデジタルエンタテインメントは「桃太郎電鉄〜昭和 平成 令和も定番!〜」(以下、桃鉄)でJリーグとのコラボキャンペーンを実施すると発表した。(2022/7/15)

Innovative Tech:
タッチ決済時の「〇〇Pay」の音をこっそり盗聴し、決済アプリを乗っ取る攻撃 韓国の研究チームが指摘
韓国のChung-Ang UniversityとAjou Universityの研究チームは、スマートフォンをかざすだけで決済が完了するサービスにおいて、決済時の音を盗聴して乗っ取る手法を指摘する論文を発表した。(2022/7/13)

eKYCのいま:
なぜ今「eKYC」が求められているのか? 「面倒くさい」決済を解消する?
金融サービスが使いにくいものになる理由の一つは、犯罪に利用される可能性があるためだ。犯罪防止の仕組みが、利用者に「面倒くさい」と感じさせる一因になっている。しかし新たなテクノロジーの導入や創意工夫によって、利用者の手間を下げるケースもある。eKYCもその一つだ。(2022/7/13)

猫ちゃんをお風呂に入れると……「リアクションが薄すぎてほんとに猫か疑うレベル」 お利口すぎるお風呂風景に驚きの声
これは助かるな〜!(2022/7/7)

STマイクロ ST25R3916B-AQWT、ST25R3917B-AQWT:
決済システム向けNFCリーダーライターIC
STマイクロエレクトロニクスは、NFCリーダーライターIC「ST25R3916B-AQWT」「ST25R3917B-AQWT」を発表した。非接触決済、機器のペアリング、ワイヤレス充電、ブランド保護などに適する。(2022/7/6)

Xiaomi、ほとんどスマートウォッチなバンド「Xiaomi Mi Band 7 Pro」を約7700円で発売
Xiaomiは新スマートバンド「Xiaomi Mi Band 7 Pro」を中国で発売した。価格は379元(約7700円)。1.64型長方形ディスプレイでGPSとNFCをサポートする。(2022/7/5)

トミカ「エヴァ RT 初号機 Z34」発売決定、カラーやディテールも再現
価格は1000円です。(2022/7/1)

マイナポイント第2弾受け付けスタート 1万5000円分のポイント付与
総務省がマイナポイント事業の第2弾受け取り申請の受け付けを始めた。カードを健康保険証として登録した場合に7500円相当、公金受け取り口座情報を登録した場合に7500円相当のポイントをそれぞれ付与する。(2022/6/30)

「+メッセージ」マイナンバーカードでの公的個人認証に対応
「+メッセージ」が、マイナンバーカードを使った本人確認が行える公的個人認証サービス(JPKI)に対応。銀行の口座開設や残高通知、クレジットカードの発行時の本人確認などの利用を想定している。(2022/6/29)

Joy-ConでNFC製品から怪獣を召喚 “ウルトラ怪獣”版「モンスターファーム」 2022年内に発売
バンダイナムコエンターテインメントが、モンスター育成ゲーム「モンスターファーム」と「ウルトラマン」シリーズのコラボ作品「ウルトラ怪獣モンスターファーム」を2022年内に発売する。(2022/6/29)

モンブラン、Wear OS 3搭載のスマートウォッチを16万3900円で発売へ
独Montblancは、「Wear OS 3」搭載の新スマートウォッチ「Summit 3」を発表した。プロセッサはQualcommの「Snapdragon Wear 4100+」。価格は16万3900円だ。(2022/6/28)

Android端末で撮影した写真をオフラインでもChromebookで開ける新機能
GoogleはChromebookとAndroid端末を連携する機能を発表した。1つはAndroid端末で撮影した写真をオフラインでもChromebookで開ける「スマートフォン ハブ」の新機能。もう1つは、「ニアバイシェア」でのWi-Fi接続の共有だ。(2022/6/24)

狙うは“原点回帰” テクノロジー愛好家向けブランド「POCO」を日本導入するXiaomiの狙いを聞く
Xiaomiが、第3のブランド「POCO(ポコ)」のスマートフォンを日本でも展開することになった。最新ハイエンドプロセッサであるSnapdragon 8 Gen 1を搭載しながらも、早期購入で7万円を切る価格で購入できることに驚くばかりだが、その狙いをXiaomiの担当者に聞いた。(2022/6/23)

京セラが法人向けスマホ「DIGNO SX2」「DIGNO WX」を発売 「京セラモバイルサポート」に対応
京セラが、メーカーブランドの法人向けスマートフォンを順次発売する。同社が導入から保守修理までトータルに支援するサービス「京セラモバイルサポート」にも対応する。(2022/6/15)

Suicaはライバルではない? クレカタッチで電車乗車を交通事業者が進めるワケ
三井住友カードやビザ・ワールドワイド・ジャパンらが進める、公共交通機関向けのクレジットカードのタッチ決済対応。5月31日には福岡市地下鉄が対応し、6月1日には長良川鉄道、7月15日からは西日本鉄道が対応するなど、次々とエリアを拡大している。(2022/6/14)

ネジ不要で固定できるXperia 1 IV用バンパー「CLEAVE G10 CHRONO for Xperia 1 IV」発売
ディーフは、Xperia 1 IV用バンパー「CLEAVE G10 CHRONO for Xperia 1 IV」を発売。特殊樹脂「G10」を採用し、QuickLock 2機構でネジや工具を使わず固定できる。背面はアラミド繊維製のシートを貼り付けて保護する。(2022/6/13)

スマホにスマホかざして「iD」支払い ドコモが実証実験 専用端末なしでもタッチ決済導入しやすく
NTTドコモは、AndroidスマートフォンをiDの決済端末として利用するための実証実験を開始した。専用リーダーを使う必要がなく、低コストでiD決済を導入できるようになるとしている。(2022/6/8)

石野純也のMobile Eye:
モトローラも参戦 オープン市場で「おサイフケータイ対応スマホ」が増えている理由
おサイフケータイや防水は、キャリアが扱うスマートフォンの“標準装備”ともいえる仕様だが、対応はまちまち。そんな中、ついにモトローラの端末が、オープン市場では初となるFeliCaと防水に対応した。オープンマーケットにおけるおサイフケータイの対応状況の変遷や拡大している背景を解説していく。(2022/6/4)

ディーフ、アラミド繊維を採用した約17gのXperia 1 IV向け軽量ケースを発売
ディーフは、アラミド繊維を採用したXperia 1 IV向けケース「Ultra Slim & Light Case DURO Special Edition for Xperia 1 IV」を発売。背面カメラの凸形状を吸収したフラットデザインに仕上がっている。(2022/6/4)

「クレカで乗車」は日本で普及するか? 交通系ICとのすみ分けは? 実験進める鉄道事業者の狙い
日本では過去2〜3年ほどの間に鉄道やバスなどを含む公共交通機関での一般的なクレカによる乗車の仕組み、業界的には「オープンループ」という料金徴収システムの普及が進んでいる。(2022/6/3)

PR:カメラも、ゲームも、音楽も極上の体験を 新フラグシップ「Xperia 1 IV」を使い倒す
2022年を代表するXperiaのフラグシップ5Gスマートフォン「Xperia 1 IV」が登場した。3つのレンズ全てでソニーのデジタル一眼カメラ「α」譲りのリアルタイム瞳AFや、動画の4K 120fpsのスローモーション撮影に対応。ディスプレイ、オーディオ、ゲームに関連する性能も底上げされており、エンタメコンテンツを満喫できる。(2022/6/3)

2022年大型連休の思い出:
できるかぎりスマホのタッチ決済だけで「船」と「電車」に乗る旅に出た(前編)
和歌山港と徳島港を結ぶ「南海フェリー」がVisaのタッチ決済に対応しました。この記事は、タッチ決済でフェリーに乗るべく徳島港に向かうことにした筆者が東京駅から高松駅に至るまでの記録です。(2022/6/2)

モトローラが方針転換「おサイフ対応SIMフリースマホ」投入の背景は?
モトローラは6月3日、割安なフラグシップモデル「motorola edge 30 PRO」と日本市場に特化した「moto g52j 5G」の2モデルを発売する。新モデルの投入の狙いを松原丈太社長が語った(2022/5/30)

フラグシップ「motorola edge 30 PRO」とおサイフ+防水対応の「moto g52j 5G」の実機を写真でチェック
モトローラ・モビリティ・ジャパンは、Androidスマートフォン「motorola edge 30 PRO」と「moto g52j 5G」を6月3日に発売する。SIMロックフリースマホとして、Amazon.co.jpや家電量販店、MVNOなどで販売される。(2022/5/30)

ワイヤレスジャパン 2022:
近接無線通信「TransferJet X」の規格化が完了 実効速度で5Gbps以上、スマホへの搭載は?
Transferコンソーシアムが5月24日、新たな近接無線通信規格「TransferJet X」の規格化が完了したことを発表した。60GHz帯のミリ波を用いており、理論値で最大13.1Gbpsの通信を実現する。通信の開始時間(遅延)を2ミリ秒(0.002秒)に抑えたことも特徴。(2022/5/27)

防水スピーカー「HUAWEI Sound Joy」登場 1万4800円で5月26日発売
ファーウェイ・ジャパンはBluetoothスピーカー「HUAWEI Sound Joy」を5月26日に発売する。価格は1万4800円(税込み)。スピーカーとアンプを手がけるフランスのDevialet(デビアレ)がチューニングした。特殊な織布でスピーカーユニットを保護し、IP67相当の耐水・防塵(じん)性能を有している。(2022/5/26)

Innovative Tech:
iPhoneの電源を切ってもサイバー攻撃される可能性 ドイツの研究チームが指摘
ドイツのTU Darmstadtの研究チームは、iPhoneの電源をオフにしても実は稼働し続けていることを悪用して、攻撃者がマルウェアを実行しiPhoneの追跡などができる可能性を示唆した論文を発表した。(2022/5/25)

福岡市地下鉄で「Visaのタッチ決済」を使った乗車実験を実施 5月31日から
三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)、日本信号とQUADRACの4社が、福岡市交通局が運営する「福岡市地下鉄」の7駅を対象にVisaのタッチ決済を使った乗車の実証実験を実施する。Visaのタッチ決済に対応するカードやスマートフォンを持っていれば、誰でも実験に参加できる。(2022/5/24)

Apple、謎用途のバッテリー内蔵ネットワークアダプター「A2657 Network Adapter」をFCCに申請 Studio Display拡張用?
豊富なネットワーク機能とローカルストレージ、メモリを搭載したApple純正ネットワークアダプター、いったい何に使うのか。(2022/5/23)

ブラザー、印刷速度を1.4倍に向上したA4対応の感熱モバイルプリンタ3製品
ブラザー販売は、小型感熱モバイルプリンタ「PocketJet」シリーズの新モデル3製品を発表した。(2022/5/20)

Xiaomiの「Redmi Note 11 Pro 5G」が日本上陸 4万4800円で5月30日発売
XiaomiがRedmi Note 11シリーズの新モデル「Redmi Note 11 Pro 5G」を5月30日に発売する。メーカー希望小売価格は4万4800円(税込み)。カメラ、ディスプレイ、バッテリーや急速充電機能に注力した、ミッドレンジまたはミッドハイに位置付けられるRedmi Note 11シリーズの最上位モデルに相当する。(2022/5/19)

ソニー、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」発表 タップだけでSpotify再生
ソニーはノイズキャンセル(NC)機能付きのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM5」を5月27日に発売する。市場想定価格は5万円(税込み)。カラーはブラックとプラチナシルバーの2色を用意する。(2022/5/13)

スマホが運転免許証代わりに 「Google Pay」から「Google Wallet」へ改名
米Googleは5月11日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O」で、スマートフォン、スマートウォッチ向けの決済サービス名称を「Google Wallet」に改めると発表した。Google Walletに車やホテルの鍵、それに運転免許証を格納できるようになる予定だ。同様の内容はAppleが「Wallet」アプリで先行している他、日本でもスマートフォンにマイナンバー機能の実装に向けた議論が進んでいる。(2022/5/12)

「Sonos Beam(Gen2)」で自宅のサウンド環境を手軽にグレードアップ! ビデオ会議にも使える?
各社からサウンドバーが相次いで登場している。Sonosの「Sonos Beam(Gen2)」は、TVのサウンドを迫力ある物にするだけでなく、Dolby Atmos対応コンテンツで立体サウンドを満喫することも可能だ。(2022/5/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。