ニュース
» 2014年05月27日 20時38分 UPDATE

パナソニック、19型と15型のバッテリー対応「プライベート・ビエラ」を6月15日より発売

パナソニックが、地上/BS/110度CSデジタル放送に対応した小型テレビ「プライベート・ビエラ」2モデルを6月15日より発売する。予想実売価格は19型が3万3000円前後、15型が2万8000円前後だ。

[ITmedia]

取っ手を備え、別売のバッテリーを搭載可能

ht_pv01.jpg 付属のリモコン

 パナソニックが5月27日に発表した「プライベート・ビエラ」は、19型の「SV-PT19S1」と15型の「SV-PT15S1」2モデルで構成され、発売は6月15日の予定だ。価格はオープンで、予想実売価格は19型が3万3000円前後、15型が2万8000円前後となっている。

 家庭内のさまざまな場所に持ち運べるよう背面に取っ手を備えているほか、別売のバッテリーパック「DY-DB35」や外部アンテナを併用すれば、電源のない場所でも地上デジタル放送を視聴できるのが特徴だ(19型で約3時間、15型で約5時間)。

 解像度は19型が1366×768ピクセル、15型は1366×756ピクセルで、HDMI端子とLAN端子を各1基ずつ備えている。ビエラリンク(HDMI)の対応をはじめ、「ECOスタンバイ」機能や「こまめにオフ」機能をサポートする。

 ディスプレイ下部にホーン型の構造を採用した「フロントホーンスピーカー」を搭載することで、スリムながらも音声がしっかり聞きやすくなっているほか、ディスプレイ部分は前に4度、後ろに16度の角度調整が可能だ。

 サイズは、SV-PT19S1が463(幅)×146(奥行き)×333(高さ)ミリ、重量が約3.5キロ、SV-PT15S1は391(幅)×146(奥行き)×291(高さ)ミリ、重量が約2.1キロとなる。

ht_pv02.jpg 「SV-PT19S1」(左)と「SV-PT15S1」(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.