ニュース
» 2014年06月13日 15時46分 UPDATE

Bluetooth対応:テレビの後方に置いてスッキリ――円筒形のエンクロージャー採用「レグザサウンドシステムRSS-AZ77」発表

東芝ライフスタイルは、テレビの後方に設置できるなどレイアウトの自由度が高いサウンドバー“レグザサウンドシステム”「RSS-AZ77」を8月下旬に発売する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 東芝ライフスタイルは6月13日、横長のサウンドバータイプでテレビの後方にもすっきりと設置することができるBluetooth対応音響システム“レグザサウンドシステム”「RSS-AZ77」を8月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、店頭想定価格は3万3000円(税別)。

hm_to01.jpghm_to02.jpg 「レグザサウンドシステム RSS-AZ77」(写真=左)、付属のワイヤレスリモコン(写真=右)

 RSS-AZ77は「高効率サテライトスピーカー」2台と、「デュアルドライブウーファー」1台から構成される。サテライトスピーカー用に20ワット+20ワット、ウーファー用に40ワットの「ハイパワークラスDアンプ」を搭載し、パワフルなサウンドを楽しめるという。また、音の広がりや奥行き感を向上させる「DTS Studio Sound」を搭載し、映画や音楽を臨場感たっぷりに楽しめるとしている。

 操作は、レグザのテレビ用リモコンで可能。サウンドシステムの電源ON/OFF、音量調節などの操作が行えるため、テレビ内蔵スピーカーのように操作できるという。もちろん、専用リモコンも付属し、他社テレビユーザーも電源ON/OFF、音量はもちろん、番組にあわせて3つのモードから選べるサウンドモードの設定変更などが操作可能だ。

 出力端子はHDMI×1、入力端子はHDMI×1、外部×1となる。また、Bluetooth対応でスマートフォンやタブレットに保存した音楽をワイヤレスで接続できる。

 サテライトスピーカーは、150(幅)×95.5(高さ)×112.5(奥行き)ミリ、デュアルドライブウーファーは、660(幅)×95.5(高さ)×90(奥行き)ミリ。重量は合計3.7キロ。ワイヤレスリモコン、リモコン用電池、ACアダプター、赤外線レシーバー、スペーサー(2個)、ネジ(4個)、サテライトスピーカー用シール(1枚)が付属する。

hm_to03.jpg 「レグザサウンドシステム RSS-AZ77」の設置イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.