ニュース
» 2014年07月02日 15時16分 UPDATE

ハンディにもなるロボット掃除機:自動でごみ回収もするロボット掃除機「Deebot D79」――ハンディタイプにも変形

エコバックスジャパンは7月2日、自動でごみの回収もするロボット掃除機「Deebot D79」を発表した。ごみ回収ユニットは付属アダプタによってハンディ掃除機にもなる。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 エコバックスジャパンは2014年7月2日、ロボット掃除機「Deebot D79」を発表した。

 自動で床を掃除し、充電ステーション“オートステーション”に戻ると、ロボット掃除機の中に溜まったごみをオートステーションの上に載っている“スーパーソニック”と呼ぶユニットが自動的に回収する。

 スーパーソニックユニットは脱着可能で、付属のアタッチメントによって“ハンディ掃除機”としても使えるという。発売は9月、価格は6万2800円(税別)の予定だ。本体カラーは、”カーナリアンレッド”1色のみとなる。

hm_eco01.jpg ロボット掃除機「Deebot D79」

hm_eco02.jpg ロボット掃除機「Deebot D79」のほこり自動回収システムのイメージ

スペック

製品名 Deebot D79
消費電力 30ワット
作業速度 20(センチ/秒)
連続稼働時間 120分
連続作業面積 150〜180平方メートル
ダストボックス容量 0.7リットル
充電時間 約5〜6時間
動作音 60dB
ほこり認識機能
狭域クリーニングシステム
クリーニングモード 4モード搭載
吸気フィルター 抗菌フィルター
サイドブラシ 2個搭載(予備2個)
リモコン
清掃ブラシ
3D掃除機能 搭載
本体サイズ 約336(幅)×約336(高さ)×約96(奥行き)ミリ
重量 3.1キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.