ニュース
» 2014年07月15日 20時48分 UPDATE

テレビ、ときどきスマホ――オンキヨーからNFC対応のサウンドバー「SBT-200」

オンキヨーは、2Wayスピーカーを搭載したサウンドバー「SBT-200」を7月下旬に発売する。Bluetooth ver.2.1に加え、新たにNFCをサポート。

[ITmedia]

 オンキヨーは7月15日、2Wayスピーカーを搭載したサウンドバー「SBT-200」を発表した。Bluetooth ver.2.1+EDRとNFCを搭載し、「テレビ、ときどきスマートフォン」の使い方を提案する。7月下旬に発売予定で、価格はオープンプライス。店頭では2万4000円前後になる見込みだ。

ts_onkyosoundbar01.jpg 「SBT-200」

 高さ73ミリのコンパクトな筐体(きょうたい)ながらモノコック構造を採用。ツインウーファーとツィーターで構成される2Wayシステムで、映画やゲームはもちろん、音楽再生など幅広い用途に対応する。テレビとの接続は光デジタルケーブル1本だ。

ts_onkyosoundbar02.jpg 設置イメージ

 サウンドモードは「シネマ」「ミュージック」「ニュース」「ダイレクト」の4種で、視聴時の疲労感を抑えるというバーチャルサラウンド機能も搭載。このほか、急激にボリュームを上げた際にも聴きやすいバランスに自動処理を行い、音割れを防ぐ“スマートアンプ”を採用している。実用最大出力は20ワット×2ch。

 外形寸法は、940(幅)×73(高さ)×83(奥行き)ミリ。重量は2.4キログラム。リモコンと1.2メートルの光ケーブル、スピーカースタンドが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう