ニュース
» 2014年07月22日 16時41分 UPDATE

近づけるだけでBluetoothペアリング:イメーション、TDKブランドのBluetoothヘッドフォンを発表――NFCで簡単ペアリングにも対応

NFCに対応し、対応機器に近づけるだけでBluetoothのペアリングを済ませることができるヘッドフォンが登場した。

[ITmedia]

 イメーションは7月22日、“TDK Life on Record”ブランドのヘッドフォンの新製品「WR780」を発表した。8月5日から発売の予定。価格はオープンで、実売予想価格は1万円前後(税込)。

hs_Imation_TDK_WR780_1.jpg イメーションが発売する“TDK Life on Record”ブランドのヘッドフォン「WR780」。Bluetoothだけでなく、NFCにも対応する

 WR780最大の特徴は、BluetoothだけでなくNFCにも対応している点にある。NFCとBluetoothの両方に対応した機器(スマートフォンなど)を近づけるだけでBluetoothのペアリングができる。

 Bluetooth Ver.2.1+EDRに準拠し、プロファイルはHFP(Hands-Free Profile)、HSP(Headset Profile)に対応する。さらに本体にマイクを内蔵しているため、スマートフォンでの通話時にハンズフリー通話も可能だ。Bluetoothの対応プロファイルは、A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)とAVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)をサポート。なお、コーデックはSBC(SubBand Codec)のみに対応する。

 高音質の音声データの無線伝送だけでなく、音楽の再生、停止、早送り、戻しなどの操作をヘッドフォンに付いているボタンで行える。本体は大きめだが、ヘッドバンドを折りたためるようになっているので、持ち運びは比較的容易だ。

hs_Imation_TDK_WR780_5.jpg ヘッドフォンには再生、戻し、早送りなどのボタンが付いている

 電源としてニッケル水素充電池を内蔵しており、最長で8時間の連続再生が可能。充電池の電力が切れた場合、付属のケーブルを使ってヘッドフォン本体とプレイヤーを接続すれば、通常の有線ヘッドフォンとして引き続き使用できる。なお、付属のケーブルはスマートフォン対応のリモコン(再生、停止など)付きだ。

hs_Imation_TDK_WR780_3.jpghs_Imation_TDK_WR780_4.jpg 内蔵充電池の電力が切れた時は、付属のケーブルを使えば引き続き使える(左)。ヘッドバンドを折りたたんだところ(右)

 再生周波数帯域は20〜2万Hz、有線接続時のインピーダンスは32オーム、感度は102±3dB。有線接続用のケーブル(1.2メートル)、充電用のmicro USBケーブルなどが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.