ニュース
» 2014年08月06日 14時05分 UPDATE

高輝度5200ルーメンを実現:オーエスプラスe、レンズが選べる3D対応フルHDプロジェクター「オプトマ EH503」

オーエスプラスeは8月6日、設置場所に応じて最適なレンズが選べるプロジェクター「オプトマ EH503」を発表した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 オーエスプラスeは2014年8月6日、家庭向けプロジェクターの新製品「オプトマ フルハイビジョンDLPプロジェクターEH503/EH503S1」を発表した。8月18日に発売の予定。EH503S1は、EH503にアクティブグラス(3D眼鏡)を付属させたもの。価格はオープンで、予想実売価格は35万円前後(税別)。

 EH503は、DLP方式を採用したプロジェクター。輝度は5200ルーメン。解像度は1920×1200ピクセルで、3D画像の投影にも対応する。3D画像の投影には、DLPを開発したテキサス・インスツルメンツ社の独自方式、「DLP Link」を利用する。その結果、眼鏡に同期信号を送る装置が必要なくなった。

 レンズは別売。設置用途に合わせて「短焦点」「標準」「長焦点」の3種類から選択できる。価格はいずれもオープン。予想実売価格は標準レンズが4万円前後、短焦点レンズが12万円前後、長焦点レンズが9万円前後(いずれも税別)。

hm_os01.jpghm_os02.jpg EH503(標準レンズ装着時)※レンズ別売(写真=左)、選べるレンズ(左から)短焦点レンズ、標準レンズ、長焦点レンズ(写真=右)

主な仕様

型式 EH503/EH503S1(3Dアクティブグラス付)
本体カラー マットホワイト
投写方式 単板DLP方式
表示素子 0.65型DC3DMDパネル(1920×1200)
アスペクト比 16:9/16:10
明るさ(輝度) 5200ルーメン
コントラスト 2000:1
投写レンズ 3種(短焦点、標準、長焦点)のレンズ(別売)から選択
使用ランプ 370ワットランプ(ユーザー交換可能)
ランプ寿命 1500時間(ブライトモード)
入力端子 HDMI×1、DVI- D×1、DisplayPort×1、VGA(YPbPr/オーディオ 3.5ミリジャック)×2、BNC(RGBHV)×1、コンポーネント(YPbPr+RCA)×1 、Sビデオ×1、コンポジット×1、RCAオーディオ×1
出力端子 VGA(YPbPr/オーディオ 3.5ミリジャック)×1、3Dシンクロ×1 、USB電源(1.5ワット)×1 、トリガー(12V )×1、コントロール端子 RS-232C×1、RJ45 ×1 、有線リモコン×1 、USBポート(メーカーメンテナンス用)×1
スピーカー 3ワット×2(ステレオ)
騒音値 37dB(ノーマルモード)
消費電力 480ワット(ブライトモード)
待機電力 10ワット(スタンバイモード)/0.5ワット以下(エコモード)
外形寸法 (突起部含まず)431(幅)×182(高さ)×340(奥行き)ミリ
製品質量 8.6キロ
3D 対応信号 ビデオ:480i&HDMI 1.4b Blu-ray 3D、コンピュータ:1280×720/1024×768/800×600
付属品 電源コード、VGAケーブル、リモートコントローラー、レンズキャップ、単四電池2本、取扱説明書、保証書、クイックスタートガイド、
hm_os03.jpg 背面の端子群

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.