ニュース
» 2014年08月07日 16時34分 UPDATE

販売単価も1900円/型まで回復:7月の販売データ、液晶テレビ平均画面サイズが過去最高の34型を記録―BCN調査―

液晶テレビの平均画面サイズが34.0型と過去最大を更新した。1型あたりの単価は1900円台まで回復。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 BCNは2014年8月7日、BCNランキング7月の実売データにおいて液晶テレビの平均画面サイズが過去最大の34.0型に達したと発表した。1型当たりの単価(税別)は上昇が続いており、1900円台になった。テレビの大型化と収益重視のメーカー各社の動きを反映したものとBCNは分析している。

hm_bcn01.jpg BCNランキング7月の実売データで、液晶テレビの平均画面サイズが過去最大の34.0型になった

 平均画面サイズは2013年11月と12月に「33.9」を記録したが、その後縮小してしまい、なかなか34を超えることができなかった。2014年は新生活需要で小型モデルの売上げが増加する3、4月に平均画面サイズが縮小し、5月以降拡大基調に乗せ、7月にはついに34を記録した。大型中心の4Kテレビの売り上げが貢献したものと考えられる。今後は年末商戦に向けて、さらに大型化すると予想している。

hm_bcn02.jpg BCNランキングによる「液晶テレビ販売上位4社の画面サイズ推移」

 液晶テレビでトップシェアのシャープは、上位4社のなかでは平均画面サイズは小さめ。小型テレビの多い3月、4月の新生活需要を取り込んだ後、流行が大型テレビに戻り、7月には33.1型まで拡大したが、それでも他社と比べると小さめだ。

 平均画面サイズが最大となったのはソニー。この1年の間「40」を超える値を維持している。大型化の動きを後押しする存在だ。販売数では4位だが、シェアは昨年7月の7.2%から15.6%と大きく伸ばした。

 1型当たりの単価は上位4社中で最も高い2000円台だ。ただし、この数字は下落傾向にあり他社の価格に近づいている。この値動きが、同社のシェア拡大の一因となったと分析できる。

hm_bcn03.jpg BCNランキングによる「液晶テレビの画面サイズ帯別販売金額構成比」40型以上が主戦場になってきたのが分かる

関連キーワード

テレビ | 画面 | BCN | 液晶テレビ | 液晶 | ランキング


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう