ニュース
» 2014年08月12日 17時16分 UPDATE

マグカップに直接ドリップすることもできるコーヒーメーカー、タイガーから

タイガー魔法瓶は、マグカップに直接ドリップすることもできるコーヒーメーカー「ACC-S060」を8月下旬に発売する。近年増加している一杯抽出タイプのコーヒーメーカーを意識したもの。

[ITmedia]

 タイガー魔法瓶は、マグカップに直接ドリップすることもできるコーヒーメーカー「ACC-S060」を8月下旬に発売する。価格はオープン。店頭では5000円前後になる見込みだ。

ts_tiger01.jpg コーヒーメーカー「ACC-S060」はオレンジとホワイトの2色

 オレンジもしくはホワイトのボディーにステンレス製サーバーを組み合わせたシンプルデザインのコーヒーメーカー。操作ボタンを前面に配置したことにより、約14センチの幅があれば設置できる省スペース設計とした。

ts_tiger02.jpg 幅14センチで設置可能

 給水タンクの容量は810ミリリットル(約6杯分)。リブを深くしてペーパーフィルターとドリッパーの間に空間を作り、コーヒー粉をしっかりと蒸らす「深リブフィルター」、さらにコーヒー粉の上にシャワー状にお湯を注ぐ「シャワードリップ方式」でコーヒーの香りとコクを引き立てるという。ドリッパー部や水タンクは着脱式のため、給水やメンテナンスも容易だ。

ts_tiger03.jpg 「専用カップトレイ」

 マグカップに直接ドリップする機能は、近年増加している一杯抽出タイプのコーヒーメーカーを意識したもの。サーバーの代わりに付属の「専用カップトレイ」を設置し、その上にマグカップを置く。するとカップトレイの上部に延びた部分が本体の出水レバーを押し、コーヒーが出てくる仕組みだ。給水タンクにはマグカップ1杯分の目安になる目印も付いている。

 本体サイズはサーバー使用時で138(幅)×273(奥行き)×279(高さ)ミリ。重量は1.6キログラム。

 なお、専用カップトレイを省き、一般的なガラスサーバーを組み合わせたバリエーションモデル「ACC-A060」も同時に発売する。価格はオープンプライスで、店頭想定価格は4000円前後。本体色はブラックとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.