ニュース
» 2014年08月28日 17時14分 UPDATE

コードスッキリ:オーテク、コード巻き取りホルダーとヘッドフォンキャリングケースをリニューアル

オーディオテクニカは、9月12日にコード巻き取りホルダー「AT-CW5」およびヘッドフォンキャリングケース「AT-HPP300」を発売する。価格はオープン、AT-CW5が700円前後、AT-HPP300が1000円前後の見込み。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 オーディオテクニカは8月28日、コード巻き取りホルダー「AT-CW5」、ヘッドフォンキャリングケース「AT-HPP300」を発表した。価格はオープン。市場想定価格はAT-CW5が700円前後、AT-HPP300が1000円前後の見込み(いずれも税別)。9月12日発売する。

コード巻き取りホルダー「AT-CW5」

 人気のコード巻き取りホルダー「AT-CW4」の後継モデル。ブラック/ブルー/ブラウン/ライトグリーン/レッド/ホワイトの全6色展開。

hm_a01.jpg コード巻き取りホルダー「AT-CW5」

 レザー調のコード巻き取り部にヘッドフォンコードを巻き付けて、好みに合わせて長さを調節可能(最大40センチ程度)。フラットコードにも対応する。

 また、背面クリップでポケットなどに留めてぶらつきを抑制し、ワンタッチで着脱可能なスナップボタンを装備する。

 主な材質は、ポリウレタン/ABS。本体サイズは、24(幅)×57(高さ)×13(奥行き)ミリ(スナップボタン留め時、クリップ除く)。質量は約8グラム。

ヘッドフォンキャリングケース「AT-HPP300」

 ヘッドフォンキャリングケース「AT-HPP33」のリニューアル版。コードを巻きつけるリード部の深さを見直し、ハウジングが大きめなイヤフォンでもケース内に収まるように設計された。ブラック/ブルー/レッド/シルバー/ホワイトの全5色展開。

hm_a02.jpg ヘッドフォンキャリングケース「AT-HPP300」

 ファスナー付きのセミハードケース仕様で、外部の衝撃からヘッドフォンを守る。また、プラグを起点に巻き付けるだけの簡単リール構造でストレートとL型プラグ両対応する。さらに、プラグを巻き付けないようストッパーを設け、断線を防止するという。

 収納部はヘッドフォンを傷付けにくいラバー素材を採用。バッグなどに取り付け可能なカラビナが付属し、バックやベルトループなどに取り付け可能だ。

 主な材質は、ポリウレタン/TPE。本体サイズは、90(幅)×90(高さ)×40(奥行き)ミリ。質量は約58グラム。

適合機種:ATH-C310、ATH-C320、ATH-C350TV、ATH-C351TV、ATH-C505、ATH-C505i、ATH-C505TV、ATH-CHX5、ATH-CHX5iS、ATH-CHX7、ATH-CHX7iS、ATH-CK251TV、ATH-CK323、ATH-CK323i、ATH-CK323iS、ATH-CK505M、ATH-CK505S、ATH-CKF303、ATH-CKL203、ATH-CKL203i、ATH-CKL203iS、ATH-CKN50、ATH-CKN70、ATH-CKR3、ATH-CKR3i、ATH-CKR3iS、ATH-CKR5、ATH-CKR7、ATH-CKR9、ATH-CKR10、ATH-CKS55X、ATH-CKS55Xi、ATH-CKS55XiS、ATH-CKS77X、ATH-CKS99、ATH-CKS99i、ATH-CKS1000、ATH-CKX5、ATH-CKX5iS、ATH-CKX7、ATH-CKX7iS、ATH-CKX9、ATH-CKX9iS、ATH-CM707、ATH-J100、ATH-SPORT2

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう