ニュース
» 2014年09月12日 12時30分 UPDATE

電話で話すときに便利です:クリプシュ、独自ドライバーのイヤフォン「Reference」にスマホ向けリモコンを搭載

フロンティアファクトリーは、米Klipsch(クリプシュ)の独自ドライバー搭載イヤフォン「Reference」シリーズの新製品を発売する。

[ITmedia]

 フロンティアファクトリーは2014年9月12日、米Klipsch(クリプシュ)社のカナル型イヤフォンの新製品「Reference R6m」を発表した。9月26日に発売の予定で。価格はオープン。実売予想価格は1万1300円前後(税別)。

hs_Klipsch_Reference_R6m.jpg クリプシュのカナル型イヤフォンの新製品「Reference R6m」

 Reference R6mは、同社の既存製品「Reference R6」にスマートフォン向けのリモコンマイクを取り付けたもの。iPhoneやAndroidスマートフォンで音楽再生などの操作が可能で、通話時はマイクとして利用できる。

 リモコンマイク以外の仕様はReference R6とほぼ共通。アルミ合金とエラストマーでできたハウジングに、同社独自の「デュアルマグネット・ムービングコイル」を採用した6.5ミリ径のドライバーを搭載している。広い周波数域で細部まで鮮明に音を再生するが、特にロック、ポップス、R&Bなど、中低域が際立つ音楽の再生に向いているという。

 再生周波数特性は10〜1万9000Hz。インピーダンスは18オーム、感度は110デシベルとなっている。重量は15.2グラム。Klipsch独自のイヤーチップ「Oval Ear Tips」が4サイズ付属するほか、キャリングポーチとクリップも付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.