ニュース
» 2014年09月18日 18時32分 UPDATE

小児アトピー/喘息児に朗報か!:シャープ、プラズマクラスター技術により小児アトピーでぜんそく患者の気道炎症レベルが低減した結果を発表

シャープは、東京大学医学部附属病院臨床研究支援センターに委託した臨床研究において、小児アトピー型で軽症および中症のぜんそく患者の気道炎症レベルが低減する結果が得られたと発表した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 シャープは9月18日、東京大学医学部附属病院臨床研究支援センターに委託したアカデミア主導型臨床研究で、同社プラズマクラスター技術によって小児アトピー型のうち軽症および中症のぜんそく患者の気道炎症レベルが低減する結果が得られたと発表した。

hm_sh01.jpg 臨床研究デザイン図イメージ

 臨床研究では、6才から15才以下の小児アトピー型の軽症および中症のぜんそく患者130人を対象とし、自宅の寝室/居間/子供部屋の内、被験者の滞在時間が長い2つの部屋に、イオン濃度が最大で約10万個/立方センチメートルの臨床研究専用イオン発生装置を設置し、個人ランダム化クロスオーバー二重盲検比較法にて、前期および後期各8週間の観察を実施したという。

hm_sh02.jpg プラズマクラスターイオンの発生イメージ

 なお、同社によると「事前に設定した全被験者を対象とした解析では、おそらくは炎症の程度が高い被験者が含まれていたため、プラズマクラスターの効果を検証することはできなかったが、被験者を限定することにより、当初はあまり期待していなかった呼吸機能の改善までが見いだされた」としている。

 本臨床研究の詳細内容は、11月8日より開催される第51回日本小児アレルギー学会にて研究グループ(東京慈恵会医科大学附属第三病院小児科診療部長の勝沼俊雄氏と中央大学理工学部教授で東京大学名誉教授の大橋靖雄氏)が発表予定だという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.