ニュース
» 2014年09月24日 18時55分 UPDATE

カラオケ大会にも使える大音量!:パナソニック、キャリーハンドルとキャスターを搭載したBluetoothスピーカー「SC-CMAX5」を発売

パナソニックは、迫力の大音量が楽しめるアクティブスピーカー「SC-CMAX5」を10月下旬に発売する。

[ITmedia]

 パナソニックは9月24日、迫力の大音量が楽しめるアクティブスピーカー「SC-CMAX5」を発表した。オープンプライスでは10月24日に発売する。店頭では10万円前後になる見込みだ。

ts_panaactive01.jpg 「SC-CMAX5」

 実用最大出力は合計800ワット。直径25センチの大型スーパーウーファーを搭載した大音量のアクティブスピーカーだ。2つのマイク端子を搭載しているため、カラオケ大会や講演会、エレキギターの演奏など、さまざまな用途で活躍する。約19.8キログラムという重量級ながら、伸縮式のキャリーハンドルとキャスターを備えており、移動も容易だとしている。

ts_panaactive02.jpg 伸縮式のキャリーハンドルとキャスターを装備

 6センチツィーター1基、10センチウーファー2基、25センチスーパーウーファー1基を搭載した3Way4スピーカーシステムで、BluetoothやUSBメモリー内の楽曲を再生できるUSB端子を搭載。さらにステレオミニとRCAピンのアナログ外部入力を備えており、CDプレーヤーなどさまざまな機器と接続できる。

 外形寸法は378(幅)×724(高さ)×436(奥行き)ミリ。電源コードやリモコンなどが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう