ニュース
» 2014年10月15日 21時31分 UPDATE

メガトロンは16-BITだった?:「プレステ」と「メガドライブ」がトランスフォームするとこうなる

今年30周年を迎える「トランスフォーマー」と、20周年のソニー「プレイステーション」がコラボ。ゲーム機からロボットに変形するオリジナルアイテムが登場した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 タカラトミーアーツは10月15日、都内で「新春玩具商談会」を開催し、2015年春に発売する新製品を披露した。7月に発表したばかりの新しいホビーブランド「NEXTA」からは、今年30周年を迎える「トランスフォーマー」と、同じく20周年のソニー「プレイステーション」がコラボした「Optimus Prime Featuring Original Play Station」などが初めて公開された。

ts_sonic08.jpg 「Optimus Prime Featuring Original Play Station」。ロボット形態では全高19センチとなる

 「Optimus Prime Featuring Original Play Station」は、初代プレイステーションが変形してオプティマス・プライムになるという完全オリジナルのトランスフォーマーアイテムだ。ゲーム機形態では背面端子などを含むディティールを完全再現しているほか、ミニチュアのコントローラーやメモリーカードをセットすることも可能。一方のロボット形態は、ボディー中央にしっかりとプレステのマークがくるように設計されている。デザインは、メカニカル・キャラクターデザイナーの出雲重機氏が担当した。2015年2月発売予定で、価格は1万円(税別)。

ts_sonic09.jpg

 また、オプティマス・プライムに先立ち、10月下旬にはライバルの「MEGA DRIVE MEGATRON」が発売される。セガのメガドライブが変形してメガトロンになるというもので、プレステ同様、ゲーム機形態では細部まで正確に再現されている。デザインは出雲重機氏が担当し、ロボットアクションフィギュアシリーズの原型制作などで定評のある千値練が開発に協力した。価格は1万円(税別)。

ts_sonic06.jpgts_sonic07.jpg ロボット形態ではメガドライブを象徴する「16-BIT」がボディー中央で存在を主張する

 ちなみにMEGATRONの胸にささっているゲームカセットを確認したところ、セガの「SONIC THE HEDGHOG」だった。プレステのオプティマス・プライムにもゲームCD-ROMのミニチュアが付属する予定だが、タイトルは未定だという。

ts_sonic01.jpg SONICのミニチュアゲームカセット

1/6スケールの精巧なプレステフィギュアも

 このほか、プレイステーションプラットフォームの正式ライセンスを受けた1/6スケールのトレーディングフィギュア全6種類も実物が初めて公開された。こちらはプレイステーション2から4までのゲーム機本体にコントローラーなどの周辺機器を加えたミニチュアセット。今回は展示されていなかったものの、全種類にミニチュアのソフトケースとディスクが付属する。

ts_sonic02.jpgts_sonic03.jpg トレーディングフィギュアは全6種類(左)。PlayStation 3(CECHA00)のセット(右)

ts_sonic04.jpgts_sonic05.jpg 中には「トルネ」や「ナスネ」が含まれるものもある。右のPS3(CECHA4000A)とPS2の「SCPH-10000」はDVD-ROMドライブが開閉するギミック付きだ

 価格は各800円(税別)。ちなみに、トレーディングフィギュアは、購入時に中の商品を確認できない販売スタイルになっているが、「箱には全6種が1つずつ入っている」(同社)ため、“箱買い”すれば容易にコンプリートできるようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.