ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トランスフォーマー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トランスフォーマー」に関する情報が集まったページです。

なんて答えるのが正解なの? 「自分の好みのタイプがわからない」問題
解像度が低いと言語化ができないんですよね……。(2019/5/8)

決してロボがトランスフォームすることはない 「トランスフォーマー」精神的続編群の奥深い世界
「トランスフォーマー」の精神的続編(決して続編ではない)。(2019/5/8)

「神回かカオス回しかない」「見る抗うつ剤」と評判 アニメ「戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー」GWまで無料配信中!
GWはみんなでスタースクリーム様の勇姿を見よう。(2019/4/24)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
輝夜月の原点は「ギャグマンガ日和」 マシーナリーとも子、あの超大物VTuberにインタビューするの巻
VTuberにVTuberをぶつける暴挙。(2019/4/10)

バットモービル、デロリアン、バンブルビーも!? ウォルマート、最新CMで「奇跡のコラボ」をバーゲンセール
1分30秒にいくら使ったんだろう……。(2019/1/10)

2日目も熱いぞ冬のコミックマーケット(C95)! 僕らを“退屈”から救ってくれそうなコスプレ写真まとめ
ネタからガチまで幅広くお届け!(2018/12/30)

マシーナリーともコラム:
メガトロンは本当に“理想の上司”? 会社経営モノとして見る「トランスフォーマー」論、あるいはスタースクリームが重い問題
メガトロンとスタースクリームの話をついに。(2018/12/26)

AUTOSARを使いこなす(6):
AUTOSARの歴史と最新動向に見る、Classic PlatformとAdaptive Platformの関係
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載の第6回では、2018年11月時点でのAUTOSARの最新動向を紹介するとともに、Classic PlatformとAdaptive Platformの関係について説明する。(2018/12/17)

「トランスフォーマー」を創る男たち―― 日本生まれの変形ロボットは、なぜ世界130カ国で愛される一大コンテンツとなったのか
「トランスフォーマー」の玩具シリーズを開発する、タカラトミーの担当者に話を聞きました。(2018/12/17)

「G-SHOCK」とコラボしたトランスフォーマーが誕生 “至高の時計”と共鳴合体するアツい展開……!
G-SHOCKとの合体が無類の防御力を誇るトランスフォーマーを生み出す……!(2018/11/17)

カシオ「G-SHOCK」とトランスフォーマーが合体 35周年でコラボ
カシオ「G-SHOCK」とトランスフォーマーの変形ロボットが一体化したコレボ商品が登場。両製品の35周年を記念したもの。(2018/11/16)

胸に時計を装着:
G-SHOCKとトランスフォーマーがコラボ 腕時計と「オプティマス」が変形合体
G-SHOCK・トランスフォーマーがコラボ。「オプティマスプライム」のフィギュアと合体できる腕時計を12月8日に発売する。希望小売価格はセットで税別2万9000円。(2018/11/16)

PR:富士山目指して大進撃する怪獣をロボットがボコ殴り 細かく見直すと面白い「パシリム:アップライジング」を超高速で振り返ってみた
1分ちょっとの動画でざっくり面白さをお伝えします。(2018/10/5)

「警戒モード発令!」 長いお耳をレーダーのように動かすチャーミングなうさぎさん
シャキーン。(2018/9/21)

「キャタピラ付けて」「槍持たせて」etc.……フォロワーの要望をかなえたCG「フォロワー1500人記念ロボ」がカオスかっこいい
フォロワーが一定数増えるごとに要望通りのオリジナルロボットを作る企画。増えすぎると収拾がつかなくなるので、作者がフォロワーを減らそうとしていたという不思議な経緯も。(2018/9/20)

マシーナリーともコラム:
補完が見事! 理想の二次創作! 解釈一致!!! なぜ人類はもっとアニメ版「美味しんぼ」の話をしないのか
世界は大体「美味しんぼ」でできている。(2018/9/16)

製品分解で探るアジアの新トレンド(31):
貿易摩擦に屈しない、中国半導体技術の“体力”
トライ&エラーを繰り返し、着実に実績をつけている中国の半導体技術。こうした実績はやがて、貿易摩擦などの圧力に屈せず、自国の半導体で多様な機器を作ることができる“体力”へとつながっていくのではないだろうか。(2018/9/12)

マシーナリーともコラム:
VTuberマシーナリーとも子はなぜPS4「スパイダーマン」のPVで「ウッッッ!!!!!!!!」ってなってエモ死したのか
許せる!(2018/9/7)

トランスフォーマーと高知県がコラボ 坂本龍馬とトランスフォーマーをイメージした刀剣が誕生する
刀剣には「サイバトロン」エンブレムとメッセージを刻印。(2018/7/28)

“日本が知らない”海外のIT:
中国は「VR大国」になるか 東京ドーム約28個分、巨大テーマパークの正体
中国に東京ドーム約28個分の巨大VRテーマパークが登場。中国はVR市場でも「大国」となるのか。(2018/7/25)

声優・山口勝平のイラストが激うま! 尾田先生タッチを完コピした模写がウソみたいな完成度
お絵かきってレベルじゃない。(2018/7/11)

「トランスフォーマーもどきはやめて」「監督と方針次第」 「機動戦士ガンダム」シリーズがハリウッドで実写化、ネット上は期待と不安の声であふれる
「PACIFIC RIM」シリーズや「GODZILLA」などで知られるLEGENDARYと共同開発。(2018/7/6)

au30周年×ハロプロ20周年――auの「ケータイ図鑑」が“スッペシャル”バージョンに
KDDIの前身の1社であるIDO(日本移動通信)が携帯電話サービスを開始してから30周年を迎える。一方、アップフロントプロモーションのアイドルプロジェクト「ハロー!プロジェクト(ハロプロ)」は20周年を迎える。両方を記念して、KDDIの「ケータイ図鑑」がハロプロとコラボすることになった。(2018/5/28)

「トランスフォーマー」のコスプレキッズがちっちゃかわいい しっかりビークル形態へトランスフォーム
オプティマスプライム・スタースクリーム・バンブルビーが勢ぞろい。(2018/5/27)

全長約4メートル! 人が搭乗できる人型変形ロボット「ジェイダイト・ライド」の試作機が公開
大河原邦男氏デザインのトランスフォーマー……!(2018/4/29)

ダンボール製自作トランスフォーマー コンボイに変形するトラックを作る動画がすごい
子どもと作ると楽しそう。(2018/4/10)

これが人とロボットの自然な距離感? おもちゃメーカー発のコミュニケーションロボット「マイルームロビ」
タカラトミーのコミュニケーションロボット「マイルームロビ」は、住環境の変化などを感知しながら話しかけてくる“気配り上手”。しかし基本的に会話は一方通行だ。同社が考えるロボットと人の距離感とは?(2018/2/28)

SOLIDWORKS WORLD 2018:
ホットロッド、超音速旅客機、ジェットボード、そしてハリウッド映画――「SOLIDWORKS」活用事例
米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS」ユーザーの祭典「SOLIDWORKS WORLD 2018」(会期:現地時間2018年2月4〜7日)では、カスタムカーや超音速旅客機、水上ジェットボード、ハリウッド映画のセットなど、SOLIDWORKSを活用したさまざまな設計開発事例が披露された。(2018/2/21)

一部仕様に変更あり:
「トランスフォーマー」に変形する「INFOBAR」のおもちゃが数量限定で再販売 3800円
KDDIとタカラトミーがクラウドファンディングで販売した「INFOBAR OPTIMUS PRIME(NISHIKIGOI)」。再販売を臨む声に応えて、一部仕様を変更した上で再販売されることになった。数量限定なので、気になる人はお早めに。(2017/12/11)

「ダークナイト」のバットスーツに「BTTF2」のパトカー 東京コミコン2017のブース・展示を画像235枚で振り返る
「ブレードランナー」の小道具にはカール・アーバンさんも興味津々。(2017/12/4)

お前らが変形するんかい! 「ストII」のリュウやベガがコラボ企画でトランスフォーマー化
変形過程を想像するとシュール。(2017/11/22)

「スト2」とトランスフォーマーがコラボ 波動拳、昇龍拳も再現
「ストリートファイター2」とトランスフォーマーがコラボした変形フィギュアが登場。(2017/11/22)

「ニコラス・ケイジうまい棒」配布前日にまさかの配布中止が決定
えええ……。(2017/10/12)

もしもマイケル・ベイがワッフルを作ったら? 想像で描いた映像が爆発的にスタイリッシュ
変形こそしないものの、ものすごくトランスフォーマー感ある。(2017/8/14)

プラレールで再現した葛飾やダイヤで飾ったリカちゃんを披露 タカラトミー、地元葛飾区と連携して特別展を開催
区と協定を締結しての連携企画第1弾。(2017/7/28)

「au Design project」15周年:
INFOBARやiida、幻のコンセプトモデルも展示 「ケータイの形態学 展」を見てきた
au Design projectが発足してから15年がたった。KDDIは15周年を記念した展覧会「ケータイの形態学 展」を、東京・丸の内の「GOOD DESIGN Marunouchi」で7月21日から7月31日まで開催する。au Design project〜iida、そして幻のコンセプトモデルまでを展示する。(2017/7/20)

今度は白のオプティマスだっ! INFOBAR×トランスフォーマーコラボの変形玩具に「ANNIN」モデル追加
2004年の名機がロボットモードへ。(2017/7/18)

auのINFOBAR×トランスフォーマーコラボ玩具に「ANNIN」が追加
「au×TRANSFORMERS PROJECT」の新製品として「INFOBAR OPTIMUS PRIME (ANNIN)」が登場。今回はauショップでも購入できる。価格は5400円(税込)。(2017/7/18)

撮った車がグゴガガギギッ! 映画「トランスフォーマー 最後の騎士王」とARアプリのコラボで愛車の変形が楽しめる
愛車がオートボットの仲間に(たまにディセプティコン)。(2017/6/26)

ニコニコ超会議2017:
動画&写真60枚でニコ超2017の見どころを一挙振り返り! オープニングダッシュから小泉進次郎議員視察までを網羅
会場でGETしたノベルティーグッズ33点も公開します!(2017/5/1)

初代「INFOBAR」と「トランスフォーマー」がコラボ スマホ連携もできる変形おもちゃに
INFOBARがロボットに変形する玩具を、クラウドファンディング経由で発売する。(2017/2/1)

「携帯モード」から「ロボットモード」にトランスフォームというロマン 「au×TRANSFORMERS PROJECT」始動
人間にも“運命(情報)”を選ぶ権利はある。(2017/2/1)

auの「INFOBAR」が「トランスフォーマー」に変形!――KDDIとタカラトミーがコラボ
auの「INFOBAR」が、新たなカタチでよみがえる。初代「INFOBAR」が「トランスフォーマー」に変形する携帯電話型玩具が登場。クラウドファンディング限定で販売する。(2017/2/1)

「Amazon Echo」「Google Home」などのプレゼント候補を紹介
品薄“ファミコンミニ”かAI家電か――ITギークが歓喜する一押しプレゼントは?
2016年版のITギークの欲しいものリストは、例年と様相が違うようだ。本稿では、複数の専門家の意見を基に、懐かしいものから最新の製品までギークへのプレゼントの候補を提案する。(2016/12/17)

SWの内装設計デザイナーやコミック版バットマンの作者も 東京コミコンにはビッグアーティストが大集合!
アメコミファン垂涎のアーティストが集結しています!(2016/12/3)

あなたの本好き、病気じゃないですか?
SFに一生を捧げたSFバカ、SF作家・山本弘が考える。今回のテーマは「本を捨てられない人は冗談抜きで病気かも?」。(2016/10/12)

新興国自動車事情(3):
小型バイクが減少し始めたバンコクの街並み、次に減るのはピックアップトラックか
タイは以前から「アジアのデトロイト」を掲げ、自動車産業の集積と育成を進めてきました。そのかいあってASEAN地域のなかではいち早く、生産拠点としての地位を確立。2015年の国内自動車販売台数は約80万台ですが、生産台数は191万台に達しています。今回はそんなタイの首都で3月末に開催されたバンコクモーターショーと、街の様子を紹介したいと思います。(2016/9/23)

レンダリング工程を支える高性能サーバ:
PR:時代の先端を行く映像制作を――ポリゴン・ピクチュアズが「Lenovo NeXtScale System」を採用した理由
世界でも有数の歴史と実績を誇るデジタルアニメーションスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。同社はレンダリング・サーバとして高密度コンピューティング向けの最新プラットフォーム『Lenovo NeXtScale System』を導入。最近ではVR(仮想現実)などの用途でワークステーションを社外に持ち出す必要も出ていることから、モバイル・ワークステーションの導入も検討しているという。(2016/8/12)

お待ちしておりました司令官! 映画「トランスフォーマー」最新作でオプティマスプライムが帰還
すべてのオートボットへ。オプティマスプライムは闘う準備ができている。君たちはどうだ?(2016/5/17)

トランスフォーマーに変形するタブレット、XiaomiとHasbroがコラボ
エイプリルフールではない模様。(2016/4/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。