ニュース
» 2014年11月13日 16時11分 UPDATE

BluetoothとNFCにも対応:JVCケンウッド、ハイレゾ音源も再生可能なCD一体型オーディオ「CLX-50」

JVCケンウッドが、ケンウッドブランドのCD一体型オーディオシステム「CLX-50」を11月下旬に発売する。実売予想価格は2万3000円前後(税別)だ。

[田中宏昌,ITmedia]

 JVCケンウッドは11月13日、CD内蔵のポータブルシステム「CLX-50」を発表、11月下旬に発売の予定。価格はオープンで、実売予想価格は2万3000円前後(税別)の見込み。本体カラーはスレートブルー、セラミックホワイト、アーバンブラックから選べる。

ht_ke01.jpg パーソナルオーディオシステム「CLX-50」

 CLX-50は、BluetoothとNFCを内蔵し、CDやFM/AMラジオ、USBメモリの再生、PCとの接続にも対応したパーソナルオーディオシステム。BluetoothのコーデックはAAC/SBCに対応し、SCMS-Tもサポートする。

 USBメモリではハイレゾファイル(FLAC/WAV)の再生が、USB経由でPCに接続すればストリーミング再生(どちらも96kHz/24bitまで)も行える。また、CD-R/RW内のMP3/WMA/FLAC/WAVファイルの再生や、USBメモリにMP3(192kbps)でリッピングも可能だ。その他、ステレオミニのアナログ入力端子やイヤフォン端子も備えている。

 無料で提供されているAndroid用アプリ「KENWOOD Audio Control BR1」を使えば、スマートフォンから再生/録音/音量調節/電源/タイマー設定/ソース切り替えの操作、USB内のファイル名表示などに対応する。

ht_ke02.jpg 3色のカラーバリエーションを用意する

 9センチ径のフルレンジスピーカーを2基内蔵し、スピーカダクトに吸音材を配したダンプドバスレフ方式を採用することで、小型ながら豊かで切れのある低音を再生するという。

 外形寸法は380(幅)×192(奥行き)×135(高さ)ミリ、重量は約3.1キロ。消費電力は20ワットで、待機時の消費電力は0.5ワット以下となっている。

ht_ke03.jpg リモコンのほか、AMループアンテナや電源コードも付属する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.