ニュース
» 2014年12月03日 15時13分 UPDATE

お好きな場所で続きをどうぞ:DLNAクライアント機能搭載で“どこでも再生”iVプレーヤー「VDR-P300」

日立マクセルは、iVプレーヤーの新製品「VDR-P300」を発表した。新たにDLNAクライアント機能を搭載、ホームネットワーク接続で録画した番組を楽しめる。価格はオープンで実売1万4800円前後(税別)。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 日立マクセルは、DLNAクライアント機能を搭載したカセットHDD「iV(iVDR)」プレーヤー「VDR-P300」を12月10日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は1万4800円前後(税別)。

hm_ma01.jpg iVプレーヤー「VDR-P300」

 iVプレーヤー「VDR-P300」は、機器を変えても再生できるコンテンツ保護技術「SAFIA」に対応したカセットHDD「iV」を挿入できるiVDR-Sスロットを前面に搭載。日立“Wooo”シリーズや同社製iVレコーダーなどで録画したiVを挿入すれば、iVDRスロットのないテレビでもコンテンツを楽しめる。特徴的なのはコンパクトなボディ。友人宅などにも気軽に持ち運んで録画番組を楽しめる。

 また、同シリーズとして初めてDLNAクライアント機能を搭載。同社製の「BIV-TW1000」などDTCP-IP/DLNA対応のレコーダーで録画した番組をネットワーク経由で再生可能になった。

 さらに前面にUSB 2.0端子を新設し、USBメモリ内の写真や動画の再生を手軽に楽しめるように改良された。なお、従来機「VDR-P200」/「VDR-P200H」に搭載されていたコンポジットビデオ出力は、VDR-P300では省かれている。

hm_ma02.jpghm_ma03.jpg 「VDR-P300」利用イメージ。iVDRスロットのないテレビでも、同機を接続すれば日立の液晶テレビ「Wooo」やマクセルのiVDRスロット搭載ブルーレイディスクレコーダー「アイヴィブルー」でカセットHDD「iV」に録画した番組を楽しめる(写真=左)。DLNAクライアント利用イメージ(写真=右)

hm_ma04.jpg 「VDR-P300」の各部名称と機能。前面にUSB 2.0ポート、背面には、LAN端子、HDMI出力端子を備える

 本体サイズは、280(幅)×198(奥行き)×39(高さ)ミリで、重量は約865グラム。専用リモコン、単四形乾電池2本、取扱説明書、保証書が付属している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.