ニュース
» 2014年12月10日 17時41分 UPDATE

ソニー、BDレコーダー秋モデルに「お引越し機能」を追加

ソニーは「BDZ-ET2200/ ET1200/ EW1200/ EW520」のソフトウェアアップデートを12月11日から実施する。

[ITmedia]

 ソニーは12月10日、Blu-ray Discレコーダーの2014年秋モデル「BDZ-ET2200/ ET1200/ EW1200/ EW520」のソフトウェアアップデートを発表した。10月の製品発表時に予告していた「お引っ越し(データダビング)機能」が追加される。

ts_bdz05.jpg

 アップデート方法は、デジタル放送ダウンロードとUSBメモリーなどを介した手動アップデート。いずれも12月11日にスタートする。

ts_bdz07.jpg 最上位の「BDZ-ET2200」

 「お引っ越し機能」は、LAN経由でほかのレコーダーに録画番組を“引っ越し”(ダビング)できるというもの。内蔵HDDとUSB外付けHDDから最大30タイトル(1回あたり)を指定すると、一括してネットワークダビングが行える。引っ越し後の番組はコピーネバーとなるが、レコーダー買い替え時の手間を省くことができる。対象機種は今回の新製品と今後の同社製品となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.