ニュース
» 2015年01月07日 18時40分 UPDATE

2015 CES:テレビを“スマホレベル”にまで薄型化! コーニングがガラス導光板をCESで発表

米Corning(コーニング)は、液晶テレビを“スマートフォンレベル”まで薄型化できるというガラス基板「Corning Iris Glass」を発表した。エッジライト方式の液晶テレビに向けたガラス製導光板だ。

[ITmedia]

 米Corning(コーニング)は1月6日(米国時間)、液晶テレビを“スマートフォンレベル”まで薄型化できるというガラス基板「Corning Iris Glass」を発表した。同社ブースでは、堺ディスプレイプロダクト(SDP)と協力して作成した70インチの4K対応超薄型液晶モジュール試作機を展示している。

ts_corning01.jpgts_corning03.jpg CESのコーニングブース(左)と「Corning Iris Glass」のイメージ(右)

 エッジライト方式の液晶テレビに向けたガラス製の導光板。光透過率を高めたことにより、従来のプラスチックに代えてガラスを導光板材料として利用できるようになった。

ts_corning04.jpg とても薄い

 プラスチック導光板は、光透過率という点は問題ないが剛性が不足しており、パネルメーカーは追加の構造部品を組み込む必要があった。またプラスチックは湿気により膨張するため、メーカーはテレビのベゼル(額縁部分)の幅を広くとる必要があるという。

 Iris Glassは、プラスチックより36倍硬く、これを用いることでパネルメーカーは10ミリ厚未満のテレビも設計できる。また熱膨張率もプラスチックより90%低く、ベゼルの幅も狭い洗練されたデザインを実現するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう