ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「参考出展」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「参考出展」に関する情報が集まったページです。

IIFES 2024:
日立産機が“設備コンシュルジュ”を参考出展、生成AIとIoTサービスを組み合わせ
日立産機システムは、「IIFES 2024」において、生成AIとIoT接続による遠隔設備監視が可能な「FitLiveサービス」の組み合わせによる、設備コンシェルジュサービスを参考出展した。社内での実証を経て、2024年度以降の市場投入を検討している。(2024/2/2)

第8回 スマート工場EXPO:
落としても自分で拾う、内蔵カメラを持つ新型協働ロボットが野菜をカゴ詰め
安川電機は「第8回 スマート工場EXPO」において、「MOTOMAN NEXTシリーズ」の協働ロボットを参考出展し、野菜のカゴ詰めデモンストレーションを披露した。(2024/1/26)

材料技術:
リンテックが12μmのラベルを貼り付け可能なラベリングマシンを開発
リンテックは、「エコプロ [第25回]」で、12μmのラベルを貼り付けられる「薄膜ラベル対応ラベリングマシン(曲面貼付タイプ)」のデモ機を参考出展した。(2023/12/27)

2023国際ロボット展:
公道走行可能な自律移動ロボット基盤や、力制御可能なモジュール型ロボットを出展
パナソニック ホールディングスは「2023国際ロボット展」において、屋外走行可能な自律移動ロボット基盤や、力制御可能なモジュール型ロボット、多様な把持を可能とするロボットハンドなど、開発中のロボット技術群を参考出展した。(2023/12/1)

2023国際ロボット展:
三菱電機が国産リニア搬送システムを2024年投入へ、電気電子部品など主要市場に
三菱電機は「2023国際ロボット展」において、開発中のリニア搬送システムを参考出展した。2024年秋の発売を予定している。(2023/12/1)

Edge Tech+ 2023:
イノテックがRaptor Lake-P搭載の小型産業用PCを披露、顔認証などエッジAI向け
イノテックは、「EdgeTech+ 2023」において、インテル第13世代「Core」プロセッサ「Raptor Lake-P」を搭載する産業用PC「EMBOX TypeRE1283」を参考出展した。現在開発中で、2024年中ごろをめどに市場投入する計画である。(2023/11/22)

無人搬送車:
3つの基本機能をパッケージ化、NSKが屋外搬送用ロボットを開発へ
日本精工(NSK)はサービスロボット向け屋外走行ロボットの開発を開始した。開発品を「2023 国際ロボット展」に参考出展する。(2023/11/16)

シャープ、フクロウの省エネ飛行を手本にした「ヒーリングファン」開発中 CEATECで参考展示
シャープは16日、人が心地よく感じる風を生み出す“ヒーリングファン”の試作機を「CEATEC JAPAN 2023」で参考展示すると発表した。(2023/10/16)

第5回 建設・測量生産性向上展:
Haloworldが点群データを手軽に取得する「携帯型3Dスキャナー」を参考展示
国土交通省が推進するi-Constructionの進展とともに、測量や3次元設計、施工管理など、現場を3Dデータ化する需要が高まっている。だが、3Dデータ取得には高価な機器を手配し、運用にもある程度の知識が必要となる。Haloworldが開発した携帯型3Dスキャナーは、手軽さと低コストで新たな選択肢を提示するものだ。(2023/9/27)

産業オープンネット展2023:
省スペースなSPE対応マネージドスイッチ、イーサネット直結で現場のIoT化促進
フエニックス・コンタクトは「産業オープンネット展2023」において、シングルペアイーサネット(SPE)対応のマネージドスイッチ「FL SWITCH 2303-8SP1」を参考展示した。(2023/8/30)

MF-TOKYO 2023:
板金加工のアマダが自律型搬送ロボット開発、機械と連携し工場内の全工程自動化
アマダは鍛圧機械の国際展示会「MF-TOKYO 2023 第7回プレス・板金・フォーミング展」において、自社開発の自律型搬送ロボット「AMTES 500」を参考出展した。発売は2024年を予定している。(2023/7/14)

FOOMA JAPAN 2023:
日立が取り組む香りのデジタル化、ソフトウェア活用で複数の成分を同時計測
日立グローバルライフソリューションズは「FOOMA JAPAN 2023」において、日立製作所と共同で数年前から開発中の香りセンシングソリューションを参考出展した。2024年度以降の事業化を目指している。(2023/6/7)

ハノーバーメッセ2023:
ベッコフが制御盤をモジュール構造化、EtherCAT P対応カメラシステムも投入へ
ドイツのベッコフオートメーションは「ハノーバーメッセ 2023」において、制御盤をモジュール構造にした「MX-System」やなどを参考出展した。(2023/4/25)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
モトローラの画面巻き取り式「ローラブルスマホ」にはロマンがある
画面を巻き取ることのできるローラブルスマートフォンは数年以内に実用化されるかもしれません。MWC Barcelona 2023でレノボはコンセプトモデル「rizr」を参考出展。自在に巻き取られる画面を見ているだけでもわくわくしてしまいます。(2023/3/30)

脱炭素:
「ペロブスカイトの木」も展示、パナソニックがCES 2023で披露する環境技術
パナソニックグループは「CES 2023」で、同社が取り組む環境技術をテーマとした参考展示を行うと発表した。(2023/1/6)

SEMICON Japan 2022:
人が行う単純作業を自動化、THKが簡単導入可能な3軸ロボット投入へ
THKは「SEMICON Japan 2022」(2022年12月14〜16日、東京ビッグサイト)において、円筒座標型モジュール「MLS」を参考出展した。2023年1月頃の発売を予定している。価格は200万円前後になる見込み。(2022/12/20)

SEMICON Japan 2022:
半導体産業向け研削盤の実機出展、超音波の振動で自生発刃を促進
 ジェイテクトマシンシステム(旧 光洋機械工業)は「SEMICON Japan 2022」(2022年12月14〜16日、東京ビッグサイト)において、硬脆材料/複合材料ウェーハ研削盤「R631DF」の超音波援用ユニット搭載仕様を参考出展した。2023年以降の上市を予定している。(2022/12/19)

EdgeTech+ 2022:
音響解析で“いつもと違う”を検知、NECがインバリアント分析技術を横展開
NECは、「EdgeTech+ 2022」において、非接触で機器の稼働監視を行える音響解析ゲートウェイを参考出展した。2023年末までの製品化を目指している。(2022/11/18)

JIMTOF2022:
究極の0に挑む次世代リニアローラウェイを参考出展、荷重検出機能付き製品も
IKOブランドで製品展開する日本トムソンは「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、走行ブレ0を目指す次世代リニアローラウェイ「スーパーX ZERO」(仮称)などを参考出展した。(2022/11/15)

FAニュース:
高精度な角度検出と関節機構の小型軽量化を実現、複列磁気エンコーダー付き転がり軸受
NTNは耐環境性に優れ、高精度な角度検出が可能な「複列磁気エンコーダー付き転がり軸受」を開発したと発表した。2022年11月8〜13日に東京ビッグサイトで開催される「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」に参考出展する。(2022/11/7)

FAニュース:
温度上昇によるねじ軸の伸びの影響抑制、ボールねじ送り系の状態安定化新技術
日本精工は工作機械のボールねじ送り系の状態を安定化させる技術「NSK Feed Drive Adjuster(NSKフィードドライブアジャスター)」を開発したと発表した。同技術は「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)に参考出展する。(2022/11/2)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
表にも裏にも曲がる「360度折り曲げディスプレイ」をTCLが開発中
IFA 2022にて、TCLがスマートフォン向けの360度折り曲げ可能ディスプレイを参考出展していました。展示されていたディスプレイは実際に表示がされており、このまま基板などを入れればスマートフォンとして動作すると思われます。TCLは縦折りスマートフォンを開発していましたが、横折り式のスマートフォンも投入するかもしれません。(2022/10/11)

東京ゲームショウ2022:
新型「ゲーミングREALFORCE」のプロトタイプが東京ゲームショウに出現 試打可能 Amazonではクーポンも配布中
9月18日まで幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2022」において東プレの「REALFORCEキーボード」の新製品が参考展示されている。ゲーミングに特化した純粋な新製品で、実際に試すことも可能だ。(2022/9/15)

産業オープンネット展:
CC-Link IE TSNから既存設備を制御、CC-LinkやRS-232Cに対応するユニット製品
CC-Link協会(CLPA)は、「産業オープンネット展2022」において、TSN(Time Sensitive Networking)に準拠する最新のネットワーク規格「CC-Link IE TSN」から既存設備を制御するためのユニット製品2機種を参考展示した。(2022/8/5)

日本ものづくりワールド 2022:
サプライチェーンはネットワーク型へ、「つながりが見える」共通基盤を参考出展
東芝デジタルソリューションズは「日本ものづくりワールド 2022」(リアル展、東京ビッグサイト、2022年6月22〜24日)内の「第34回 設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展し、複雑に絡み合うサプライチェーンを、ネットワーク型で一元管理する「サプライチェーンプラットフォームサプライヤポータル」を参考出品した。(2022/6/28)

FOOMA JAPAN 2022:
AIを用いた異物検査を食品製造に適用、新型自律ロボットでは新たな市場目指す
安川電機は「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」(2022年6月7〜10日、東京ビッグサイト)において、AIを用いた異物検査、除去システムなどを提案した。2023年投入予定の新型自律ロボットも参考出展した。(2022/6/14)

IoT&5Gソリューション展:
カシオがエンドポイントAIカメラの事業化へ、リョーサンとエコシステムを構築
カシオ計算機は、「第11回 IoT&5Gソリューション展 春」のリョーサンブースにおいて、開発中のエンドポイントAIカメラモジュールの試作機を披露した。今回の参考出展を契機に、入退室管理や工場内の作業分析、店舗における顧客分析などの用途に向けて2022年度内を目標に事業化を目指す。(2022/4/8)

日本ものづくりワールド 2022:
純国産ペレット式金属3Dプリンタの実働デモや3Dプリントオフィス家具を訴求
エス.ラボは「日本ものづくりワールド 2022」内の「第4回 次世代3Dプリンタ展」に出展し、ペレット材に対応する材料押し出し積層方式の金属3Dプリンタ「GEM200DG」のデモ展示と、バイオマスプラスチック材料を用いた3Dプリントオフィス家具の参考展示を行った。(2022/3/18)

2022国際ロボット展:
ダイヘンがアーク溶接向け協働ロボット、軌跡精度確保し専用ショックセンサーも
ダイヘンは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」において、アーク溶接などに最適な協働ロボットを参考出展した。(2022/3/16)

2022国際ロボット展:
扉を開けて台車を運ぶ、芝浦機械が手足一体型の移動型双腕ロボットを披露
芝浦機械は、「2022国際ロボット展(iREX2022)」(東京ビッグサイト、2022年3月9〜12日)において、台車をそのまま運び、扉の開け閉めやワークの積み下ろしを行える移動式ロボット2機種を参考出展し、デモンストレーションを行った。(2022/3/15)

FAニュース:
非接触でイーサネット通信と給電を可能に、ロボットのツール変更などで活用
フエニックス・コンタクトは、「スマートファクトリーJapan 2021」(2021年12月1〜3日、東京ビッグサイト)において、非接触でイーサネット通信と給電が行える「NearFiカプラ」を参考出展した。ロボットのツールチェンジや製造ラインのトレーサビリティー用途などでの活用を想定し、2022年の発売を目指している。(2021/12/6)

製品化予定:
EIZOが鉄道技術展で「超高感度HDカメラ」を展示 暗所を低ノイズかつ高精細に映し出す
EIZOが鉄道技術展2021において開発中の「超高感度HDカメラ」を参考展示している。暗所を低ノイズかつ高精細に映せ出せることが特徴で、今後の製品化を予定しているという。(2021/11/25)

CEATEC 2021 ONLINE:
起きてすぐ頭がさえる目覚まし、ダイキンと京セラが開発 「ふわっふわっと優しく頬をなでられる感触」
ダイキン工業と京セラは13日、光と空気の優しい刺激で起こす「パフォーマンス向上起床システム」の効果を確認したと発表した。「CEATEC 2021 ONLINE」の京セラブースで参考展示する。(2021/10/13)

太陽光:
200cmの積雪でも太陽光パネルの変形を防ぐ、エクソルが新型架台システム
エクソルは「第1回 脱炭素経営EXPO 」(「スマートエネルギーWeek2021 秋」内、2021年9月29日〜10月1日)に出展し、開発中の積雪地帯向けの太陽光発電用架台システムを参考出展した。(2021/10/6)

キヤノン、フルサイズミラーレス「EOS R5」発表 「8K動画」「ボディ内手ブレ補正」「20コマ/秒連写」に対応
キヤノンがフルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS R5」の開発を進めていることを発表した。ボディ内手ブレ補正搭載は同社初。CP+に参考出展する。(2020/2/13)

まずは産業用ロボット向けに:
可動部なしの360度Flash LiDAR、独自レンズで実現
立山科学工業は、「オートモーティブ ワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)で、独自の全方位レンズを用いることで可動部なしで360度スキャンを実現した、Flash LiDARシステムを参考展示した。(2020/1/28)

オートモーティブ ワールド2020:
非接触充電システムやGaNパワーモジュールを展示
新電元工業は、「オートモーティブ ワールド2020」で、開発中の「非接触充電システム」や「車載用DC-DCコンバーター」、さらには大電力で高効率スイッチング電源に向けた「パワーモジュール」などを参考展示した。(2020/1/17)

CES2020:
「世界初」の眼鏡型VRグラス、パナソニックが5G時代を見据えて開発中
パナソニックは「CES 2020」において、4K超の解像度でHDRに対応する「世界初」(同社)の眼鏡型VR(仮想現実)グラスを参考展示した。今後は、5G商用サービスの本格化に向けてさまざまな用途に応用できるよう開発を進めていくとしている。(2020/1/10)

CES 2020:
多面体のグランドピアノ ローランドがCESで参考展示 Android搭載
ローランドが電子ピアノのコンセプトモデルを発表。多面体でキャビネットを構成した近未来的なグランドピアノだ。(2020/1/7)

2019国際ロボット展:
力覚センサー搭載ロボットのプログラミング、実機レス機械学習で最適化
セイコーエプソンは、「2019国際ロボット展(iREX2019)」(2019年12月18〜21日、東京ビッグサイト)において、産業用ロボットと力覚センサーを組み合わせた接触作業の内容を機械学習で効率的に作成する技術を参考展示した。(2019/12/24)

IIFES2019:
調整作業工数を75%削減する近接スイッチ、アズビルが「従来の概念を覆す」
アズビルは、「IIFES2019」において、新開発の2出力近接スイッチ「アジャスタブル近接スイッチ H3C」を参考展示した。マシニングセンターなどの工具交換時におけるクランプ位置検出の作業工数を75%削減できるという。(2019/12/2)

ET&IoT Technology 2019:
ソシオネクスト、量子化DNNエンジンをデモ展示
ソシオネクストは、「ET&IoT Technology 2019」で、AIエッジコンピューティング向け量子化DNN(Deep Neural Network)ソリューションを参考展示した。(2019/11/27)

ET2019:
1.5Gの振動を加えても70℃でも安定動作する耐環境コントローラ、PFUが披露
PFUは、「ET&IoT Technology 2019(ET2019)」において、半屋外、車両、粉じんや有害ガス環境などの過酷な環境でも安定して動作する「耐環境コントローラ」を参考展示した。(2019/11/21)

CEATEC 2019:
においセンサーと機械学習で「においの見える化」
太陽誘電は、「CEATEC 2019」で、「においセンサー」や「SMD型全固体リチウムイオン二次電池」などを参考展示した。(2019/10/17)

太陽光:
京セラが軽量で曲がる太陽電池、結晶Siの採用で発電効率と耐久性も両立
京セラは「CEATEC 2019」で開発中の曲げられる太陽電池モジュールを参考出展。一般的に利用されている結晶シリコン太陽電池を採用し、湾曲可能かつ軽量という特性と、発電効率や耐久性の両立を可能にしているのが特徴だという。(2019/10/17)

防水防じん筐体、高性能、小型化実現:
高画素車載カメラモジュール初出展、日本ケミコン
 日本ケミコンは、名古屋オートモーティブワールド2019(ポートメッセなごや/2019年9月18〜20日)で、車載、産業機器向けのカメラモジュールを展示している。今回、防水防じんのドライブレコーダー向け200万画素カメラモジュール「NCM20-**」を初めて参考出展。同社は、「近年、ドライブレコーダーが普及する中で高まる小型化、高画素化、そして筐体での供給にも対応できる」としている。(2019/9/19)

Rakuten Optimism:
OPPOが5Gスマホ「Reno 5G」で下り1.7Gbpsの通信に成功 ARグラスも参考展示
楽天のイベントにOPPOが出展し、「Reno 5G」を使った5G通信を実演。基地局シミュレーターと有線接続し、下り最大1.72Gbpsの速度を出していた。見るだけでさまざまな情報を取得できるARグラスも参考展示している。(2019/7/31)

OPPOが5G対応スマホを披露 7月31日開催の楽天イベントにて
オッポジャパンが、楽天のイベント「Rakuten Optimism」に出展。5G対応のスマートフォンやARグラスを参考展示する。ただしユーザーが手に取って触れることはできない。(2019/7/29)

ソニー、360度から映像を見られる円筒型透過ディスプレイ 米国で参考出展
ソニーが360度全方向から映像が見られる透過ディスプレイを開発し、ロサンゼルスで開催されている国際会議で展示していると発表した。(2019/7/29)

メカ設計ニュース:
トポロジー最適化による工作機械、新しいカタチを追求するDMG森精機
DMG森精機は2019年7月9〜13日、同社伊賀事業所で開催するユーザーイベント「伊賀イノベーションデー2019」において、トポロジー最適化による工作機械の動作モデルを参考出展した。(2019/7/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。