ニュース
» 2015年02月06日 16時38分 UPDATE

オヤイデ、DAC&ポタアンのハイブリッドモデル「FiiO E17K」

オヤイデが2月13日、ポータブル・マルチファンクション・ヘッドフォンアンプ「FiiO E17K」を発売する。価格はオープンで、実売予想価格は2万4000円。

[渡辺まりか,ITmedia]
 ポータブル・マルチファンクション・ヘッドフォンアンプ「FiiO E17K」

 オヤイデは2月6日、ポータブル・マルチファンクション・ヘッドフォンアンプ「FiiO E17K」を発表した。オープン価格で、実売予想価格は2万4000円(税別)。2月13日発売予定。

 FiiO E17Kは、同軸/光デジタル入力(SPDIF)に対応したDAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ「E17」とその廉価版「E07K」の後継種。

 新たに、スムーズ動作のスクロールホイールを搭載し、音質バランスをカスタマイズする10段階のTREBLE/BASS調整機能の操作も快適。ライン入力端子はライン出力端子としても機能し、外部スピーカーやコンポなどへの接続に対しても自動的に切り替わるなど親和性を高めた。

 DACは、USB接続時にはPCM最大32ビット/96KHzのファイルを、またWindows環境では2.8MHzのDSDファイル再生に対応した(要ASIOドライバー)。SPDIF端子接続ではPCM最大24ビット/192KHzのデジタル・コアキシャル入力も可能。iOSデバイスとも「Lightning - USMカメラアダプタ」を使用して接続できる。

 E07K、E17、E17Kの比較表
mwls26-3.jpgmwls26-4.jpg 上部にヘッドフォン出力端子、SPDIF端子を装備(写真=左)。iOSデバイスとも接続可能(写真=右)

 1500mAHのバッテリーを内蔵し、約15時間の駆動が可能。付属のUSBケーブルを使用すれば約220分で満充電になる。

 ヘッドフォン出力は160ミリワット(16オーム)、200ミリワット(32オーム)、60ミリワット(300オーム)。SN比は105デシベル〜113デシベル、インピーダンスは16オーム〜300オーム。DAC機能では、USB接続時のビットレートがPCMで16ビット〜32ビット、サンプルレートがPCMで32KHz〜96KHz、DSDで2.8MHz。SPDIF端子接続時のビットレートがPCMで16ビット/24ビット、サンプルレートが32KHz〜192KHz。

 サイズは62.2(幅)×104.1(奥行き)×12.8(高さ)ミリ、重量は110グラム。3.5ミリステレオミニケーブル、USB - Micro USBケーブル、コアキシャル(ミニ - USB)接続用アダプター、パネル保護フィルムなどが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.