ニュース
» 2015年02月17日 17時00分 UPDATE

上陸間近の「Netflix」対応!:パナソニック、高輝度IPSパネル搭載液晶テレビ、ビエラ「CS650」シリーズを発表――13万円台から

パナソニックは、高輝度IPSパネルを搭載した液晶テレビ、VIERA(ビエラ)CS650シリーズの2機種を発表した。価格はオープンで、予想実売価格は13万円前後(税別)から。3月上旬発売予定。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 パナソニックは2月17日、高輝度IPSパネルを搭載した液晶テレビ、VIERA(ビエラ)「CS650シリーズ」を発表した。49V型の「TH-49CS650」と43V型の「TH-43CS650」を3月上旬に発売する。価格はオープンだが、予想実売価格はTH-49CS650が17万円前後、TH-43CS650が13万円前後(いずれも税別)。本体色はブラック系のみ。

hm_p01.jpg TH-49CS650のイメージ

 CS650シリーズで採用した高輝度IPSパネルは、明るい部屋や斜めの位置から視聴しても、くっきりと鮮やかな広色域映像を楽しめるというもの。JEITA測定法による視野角は、上下左右とも178度となった。また通常は1秒間60コマのところ2倍の120のコマ数で表示する「倍速駆動」により、早い動きでも残像を低減したクリアな再現を可能にしている。

 薄型テレビでも良い音を楽しめるよう、最大出力30ワットの高出力アンプを搭載したフルレンジスピーカー2基で構成される「ダイナミックサウンドシステム」を採用。スピーカーボックスは、容量を従来モデル(TH-47AS650/42AS650)と比べ約5.5倍にし、高剛性化を図ることにより、豊かな低音、ひずみを抑えた高音質でのサウンドを楽しめるという。また、「バーチャル3DサラウンドIII」も搭載した。

 さらに同シリーズでは2015年秋に上陸する予定のサブスクリプション型動画視聴サービス「Netflix」や、外からでもスマホで放送中の番組やUSB接続したHDDに録画した番組を視聴できる「外からどこでもスマホで視聴」にも対応している。

 入力端子は、HDMI端子×3(HDMI 1端子はARC対応)、D4端子×1、コンポジットビデオ×1。ほかに光デジタル音声出力やLAN端子(10BASE-T/100BASE-TX)、USB端子×2を備えている。

hm_p02.jpg TH-49CS650の背面パネル

 スタンドを含む本体サイズと重量は、TH-49CS650が1106(幅)×230(奥行き)×681(高さ)ミリで17キロ、TH-43CS650は974(幅)×230(奥行き)×607(高さ)ミリ、15キロ。

 付属品は、据置きスタンド、リモコン、電池、電源コード、転倒・落下防止部品、取扱説明書、B-CASカード。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.