ニュース
» 2015年02月20日 16時57分 UPDATE

城下工業、Sound Warrior「SW Desktop-Audio」シリーズに低価格のクロックジェネレーターを追加

城下工業は、“Sound Warrior”ブランドのデスクトップオーディオ「SW Desktop-Audio」シリーズに追加できるクロックジェネレーター「SWD-CL10」を2月下旬に発売する。

[ITmedia]

 城下工業は2月20日、“Sound Warrior”ブランドのデスクトップオーディオ「SW Desktop-Audioシリーズ」に外部からクロックを供給するジェネレーター「SWD-CL10」を追加すると発表した。価格は6万円(税別)で、2月下旬に発売する。

ts_soundw01.jpg 「SWD-CL10」

 「SW Desktop-Audioシリーズ」では、CDトランスポート「SWD-CT10」、USB-DAC「SWD-DA10」の2機種が外部クロックの供給に対応しており、「SWD-CL10」で同期動作させることで「さらに高精細な音を作り出すことができる」という。

ts_soundw02.jpg 背面端子

 また、超高精度な10MHzルビジウムクロックやGPSクロックなどを外部から入力して各ワードクロックを生成したり、スーパークロックにも対応するなど、SW Desktopシリーズ以外の機器と連携する機能も持たせた。

 内蔵する発振器はTCXO(温度補償水晶発振器)。また受注時オプションおよび有償アップグレードとして、内部高精度発振器(OCXO:恒温槽付高精度水晶発振器)の実装にも対応予定だという。本体サイズは146(幅)×40(高さ)×165(奥行き)ミリ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう