ニュース
» 2015年02月24日 14時35分 UPDATE

家のどこにでも置けてどこからでも録画番組が楽しめる:マクセル、DLNAクライアント機能搭載の小型BDプレイヤー「BD-P100」

日立マクセルは、厚さ4センチで重さ1キロの小型BDプレイヤー「BD-P100」を3月10日発売する。DLNAクライアント機能を搭載したのが特徴だ。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 日立マクセルは2月24日、Blu-ray Discプレイヤーの新製品「BD-P100」を発表した。発売は3月10日で、価格はオープン。店頭では1万3000円前後(税別)になる見込みだ。

hm_ma01.jpg BD-P100

 BD-P100は、DLNAクライアント機能を搭載しているのが特徴で、対応レコーダーなどで録画した番組をネットワーク経由で再生できる。

 BDドライブの再生可能メディアは、BD-RE(Ver.2.1 準拠)、BD-R(Ver.1.1以降に準拠)、BD-Video、DVD-RW/DVD-R、DVD-Video、CD-RW/CD-R、CD-DA(音楽用CD)。また本体前面のUSB端子にUSBメモリなどを接続してJPEG再生が可能だ。

 背面端子はHDMI出力とLAN端子のみ。本体サイズは、280(幅)×198(奥行き)×39(高さ)ミリ、重量は約1.05キロ。専用リモコン、単四形乾電池×2、取扱説明書、保証書が付属する。

hm_ma03.jpghm_ma02.jpg BD-P100の各端子(写真=左)と付属リモコン(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.