ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「DVD-RW」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DVD-RW」に関する情報が集まったページです。

イメーション、「TDK Life on Record」ブランドのDVD-R/RWとCD-Rの新シリーズ
イメーションは、「TDK Life on Record」ブランドとしてDVD-R/RWとCD-Rの新スタンダードシリーズを発売する。録画用DVD-R/DVD-RWが23アイテム、データ用DVD-Rが13アイテム、データ用CD-Rが4アイテムで、全40アイテムのラインアップとなる。(2011/8/22)

マクセル、2倍速HD DVD-R/RWの発売を中止
日立マクセルが、東芝のHD DVD撤退を受け、2倍速記録対応HD DVD-R/RWメディアの発売を中止した。(2008/4/4)

ビクター、片面2層DVD-RWディスク商品化を中止
日本ビクターは、発売を延期していた片面2層DVD-RWディスクの商品化を中止した。「対応ドライブの発売見込みがなく、Blu-ray Discの急成長が見込まれるため」という。(2008/3/11)

日立マクセル、世界初の2倍速記録対応HD DVD-R/RW
日立マクセルが世界で初めて2倍速記録に対応した録画用HD DVD-R/RWディスクを発売。(2008/2/14)

2008年PC春モデル:
HD DVDの視聴機能を大幅強化し、書き換え対応モデルも――「Qosmio G40/F40」
東芝Qosmioの2008年春モデルは、世界初のHD DVD-RWドライブ搭載モデルをラインアップした。HD DVDをより美しく表示する「HD QosmioEngine」も見どころ。(2007/12/17)

2008年PC春モデル:
東芝、HD DVD-RWドライブを搭載したQosmioなど春モデルを一挙公開
東芝は2008年春モデルとして、HD DVD機能を強化した「Qosmio」2シリーズと、基本スペックを向上した「dynabook」4シリーズを発表した。(2007/12/17)

KDDI、自宅で「焼ける」映像配信サービス
KDDIが利用者宅でDVDを作成できる映像配信サービスを開始。カラのDVD-RWディスクを用意するだけで、料金は1タイトル500円より。(2007/9/25)

TDK、DVD-RW「超硬」をすべてインクジェットプリンタ対応に
TDKマーケティングは、DVD-RWメディア「超硬」をすべてインクジェットプリンタ対応として一新する。(2007/9/18)

ノート用薄型HD DVD-RWドライブ、東芝が製品化
東芝は、ノートPC用薄型ドライブとしては初めてHD DVD-RW記録に対応した新製品を7月からサンプル出荷する。(2007/6/4)

東芝、世界初のノートPC向け薄型HD DVD-RWドライブを発表
東芝は、ノートPC用となる薄型HD DVD-RWドライブ「SD-L912A」を発表した。7月よりサンプル出荷が行われる。(2007/6/4)

東芝、2層メディアにも対応した新型「カンタロウ」
東芝は、2層メディアに対応し、160GバイトHDDを内蔵したDVD/HDDレコーダー“カンタロウ”「AK-G300」と、CPRM(DVD-R/RW)対応のDVDプレーヤー「SD-280J」を発表した。(2006/4/19)

松下、傷やホコリに強い「プロハードコート」仕様の録画用DVDメディア
松下電器産業は傷/指紋/ホコリに強い保護膜仕様のDVD-RWディスクなど、録画用DVDメディアをラインアップに追加。(2006/3/8)

松下、傷やホコリに強い「プロハードコート」の8センチDVDメディア
松下電器産業は、独自の保護膜技術「プロハードコート」処理を施した8センチDVDメディア2種類を発表した。DVDビデオカメラ向けの展開に合わせ、DVD-RW2種4タイプとDVD-Rの1種類を2月1日に発売する。(2006/1/6)

三洋電機、ポータブルDVDプレーヤー“ムービッシュ”にCPRM対応モデル
三洋電機は、ポータブルDVDプレーヤー“ムービッシュ”シリーズの新製品「DVD-HP71T」を11月10日に発売する。CPRMに対応し、デジタル放送を録画したDVD-RWディスクを再生できるのが特長。(2005/10/6)

日立、世界初DVDマルチドライブ採用のDVDカム“Wooo”
日立製作所がDVDビデオカメラ“DVDカム Wooo”「DZ-GX25M」を発表。新開発8センチDVDマルチドライブ採用で、DVD-RAM/-Rに加えて、DVD-RWの記録・再生にも対応。(2005/7/13)

ビクター、ワイドな印刷エリアのDVD-RWディスクほか
日本ビクターは、印刷可能なレーベル面の面積を拡大したDVD-RWディスク「VD-W120PL5」「VD-W120PL10」と10色というカラーバリエーションを持つDVD-Rディスク「VD-R120XL10」「VD-R120XL20」を発売する(2005/7/12)

日立マクセル、2層DVD+R/16倍速対応DVD-RなどDVDメディア3種類発売
日立マクセルは、2層DVD+R、16倍速対応DVD-R、6倍速対応DVD-RWの録画用DVDメディア計3種類を発表した。(2005/5/24)

VRモードのDVD-RWも再生可能――ヤマハ「DVD-S657」
ヤマハは、幅広いメディアとフォーマットの再生に対応したユニバーサルプレーヤーのエントリーモデル「DVD-S657」を7月上旬に発売する。SACDやDVDオーディオはもちろん、VRモード録画したDVD-RWやDivXファイルの再生も可能だ。(2005/4/21)

日本ビクターが“片面2層DVD-RWディスク”技術を開発――書き換え型では世界初
日本ビクターは4月4日、片面2層のDVD-RWディスク技術を発表した。現行DVD-RWディスクの約1.8倍となる8.5Gバイトの容量を持つ。同技術の規格化をDVDフォーラムへ提案し、実用化を進める方針だ。(2005/4/4)

パイオニア、DVD-R DL対応のDVDレコーダー2機種を発表
新しいDVD規格への対応を積極的に進めているパイオニアだが、今回も新メディアに対応した。新製品の「DVR-530H/555H」は、DVD-Rの最大16倍速&DVD-RWの最大6倍速録画に対応。できたてホヤホヤの2層式メディア規格「DVD-R DL」もサポートした。(2005/3/31)

ビクター、6倍速対応DVD-RWなど高速記録に対応した録画用DVDメディア
ビクターは6倍速記録に対応した録画用DVD-RWメディアと、16倍速に対応したDVD-Rメディアを4月20日より発売する。(2005/3/31)

パイオニア、「DVR-A09」用最新ファーム公開
パイオニア6倍速DVD+R DL記録、16倍速DVD±R記録に対応する内蔵DVDドライブの最新ファーム Version 1.17を公開した。DVD-R/RW/+RW記録品質向上とCD-RWパケットライト時エラーを修正したとしている。(2005/2/22)

マクセル、6倍速記録対応DVD-RWメディア発売
日立マクセルは、6倍速記録対応のDVD-RWメディアを2月25日より発売すると発表した。(2005/1/25)

三洋電機、DVD-RW対応のポータブルDVDプレーヤー“ムービッシュ”
三洋電機は、ポータブルDVDプレーヤー“ムービッシュ”「DVD-HP62」を2月21日に発売する。6.2V型のワイドTFT液晶を搭載。DVDビデオ、音楽CD、CD-R/RWのほか、DVDレコーダーなどで録画したDVD-RW(ビデオモード)メディアの再生にも対応した。(2005/1/24)

日本ビクター、6倍速記録対応DVD-RWメディアを開発
日本ビクターは、6倍速記録対応のデータ用DVD-RWメディアを12月上旬に発売する。予想実売価格は1000円前後。(2004/11/1)

ビクター、ビデオカメラ用8センチ両面DVD-RWを発売
両面2.8Gバイトの8センチDVD-RWディスク。ウルトラハードコートにより傷に強くなっている。(2004/9/29)

「おまかせ・まる録」対応の新「PSX」
コピーワンス放送のHDDからDVD-RWへのムーブに対応。ユーザーの好みを覚えて優先的に録画予約する「x-おまかせ・まる録」を備えた。(2004/9/15)

マランツ、5万円を切る7ch AVアンプなど
日本マランツは、エントリーレベルの価格ながら130ワット×7chのパワーアンプを搭載するAVアンプ「PS4500」を9月に発売する。VRモードで記録したDVD-RWも再生可能なDVDプレーヤー「DV4500」も同時にリリース。(2004/8/30)

マクセル、ハードコートを施した8倍速対応DVD-Rと8センチDVD-RW
記録面にハードコートを施し、傷やほこりに強くした。(2004/8/24)

ビクター、ウルトラハードコート採用の2倍速録画対応DVD-RWディスク
日本ビクターは、新開発の表面保護技術「ウルトラハードコート」を採用した、2倍速録画対応DVD-RWディスク「HG」シリーズ4モデルを9月下旬に発売する(2004/8/6)

水性ペンで手書きもできるDVD-RWカラーディスク――TDK
TDKは、インクジェットプリンタ対応のDVD-RWカラーディスクを発売。ブルー、グリーン、ピンク、ゴールド、シルバーの5カラーをラインアップした。(2004/7/8)

マランツ、SACD/DVD-AからMP3/WMAまで再生できるユニバーサルプレーヤー
日本マランツが、ユニバーサルプレーヤー「DV6500」を発表。DVDビデオ/音楽CD/SACD/DVDオーディオ/SVCD/ピクチャーCDなど多彩なフォーマットに対応。DVD-R/RW再生やCD-R/RWに記録したMP3/WMA/JPEGデータの再生も可能。(2004/6/25)

ビクター、録画用DVD-RW/DVD-Rディスクのカラーミックス新製品
日本ビクターが、カラーミックスタイプの録画用DVDディスク「I’collection」シリーズの新ラインアップを発表。DVD-RWは2倍速記録、DVD-Rは4倍速記録に対応。(2004/6/24)

家庭用DVDレコーダーにも対応するDVD編集・作成ソフト――デジオン
デジオンは、DVD-RAM、DVD-R/RW、DVD+RWの各メディアとDVD-Video、DVD±VRの各形式に対応したDVD編集・作成ソフトを発売する。価格は9800円。(2004/6/16)

TDK、インクジェットプリンタ対応カラーDVD-RWメディア発売
TDKマーケティングは、インクジェットプリンタ対応のDVD-RWメディアを7月15日に発売する。(2004/6/1)

ビクター、多彩な再生機能の低価格DVDオーディオ/ビデオプレーヤー
日本ビクターが、DVDオーディオ/ビデオプレーヤー「XV-A707」を発表。マルチチャンネル音楽や市販DVD映像だけでなく、DVD-R/RW/RAMやCD-R/RWなど多彩なフォーマットに対応。値ごろ感ある実売も魅力。(2004/5/20)

フナイ、シンプル操作のDVD-R/RWレコーダー「Tolu:ga(トルーガ)」
フナイは、DVD-R/RWレコーダー「FDRS-01」と、DVD-R/RWレコーダーにVHSデッキを組み合わせた「FDRW-1000V」を発表、6月上旬から順次発売する。シンプルな使い勝手を武器に、これまでDVDレコーダーになじみの薄かった層への普及を狙う。愛称はTolu:ga(トルーガ)(2004/5/17)

ソニー、DVD一体型VHSビデオデッキなど3製品を発表
ソニーは、DVDプレーヤー一体型のVHSビデオデッキ「SLV-D373P」を5月21日に発売する。DVD-RW/+RWなどの再生をサポートしたほか、DVDビデオのプログレッシブ出力にも対応している。(2004/5/13)

業界最薄79ミリでCPRM対応――三洋、VHS一体型DVDプレーヤー
三洋電機が、業界最薄のVHSビデオデッキ一体型DVDプレーヤー“ダブルクルーザー”「VZ-DV3G」を発表。テープローディング機構を改良し、高さ79ミリの薄型ボディを実現。CPRM対応に対応し、コピーワンス番組を録画したDVD-RWの再生も可能だ。(2004/5/11)

多チャンネル時代のEPG「DEPG」を使う
東芝「RD-X4」の機能拡張キットが発売された。機能拡張キットは、テレビ画面で操作できる電子番組表「DEPG」をはじめ、フォルダ機能、DVD-RWのVRモードなど多くの機能を追加してくれる拡張ソフトウェアだ。特に多くの専門チャンネルをカバーしている点は、多チャンネル放送を視聴しているユーザーに福音だ。(2004/5/10)

レビュー
ハンディカムもDVD時代?――ソニーDVDカム「DCR-DVD201」
ビデオカメラの代名詞“ハンディカム”のソニーが、DVD-RW/Rを記録メディアに使ったDVDカム「DCR-DVD201」を発売した。ビデオカメラトップシェアメーカーが作るDVDカムの実力はいかに?(2004/5/7)

オウルテック、木目調スピーカ3機種と薄型DVD-R/RWを発売
オウルテックは、木目調2chスピーカ3機種、および東芝製の変換基盤付き薄型DVD-R/RWドライブ「SD-R6112」を4月下旬に発売する。いずれもオープンプライスで、推定市場価格は、木目調スピーカは5000円から、SD-R6112は2万7000円。(2004/4/23)

東芝、RD-X4の「機能拡張キット」を4月27日に発売
東芝は「RD-X4」の「拡張キット」を4月27日に発売すると発表した。パソコンなしでEPG予約録画が可能な「DEPG」をはじめ、「フォルダ機能」、DVD-RWへのVRモード録画など、多くの機能が追加される(2004/3/31)

レビュー:日本ビクター「DR-MV1」
DVDマルチでフル対応、画質にもコダワリを見せるVHS一体型
最初に取り上げる「DR-MV1」は、VHSの開発元でもある日本ビクターのVHS一体型DVDレコーダーだ。DVDマルチドライブを搭載し、DVD-RWはビデオフォーマットとDVD-VRフォーマットをサポート。さらに、画質にも一工夫がされている(2004/3/12)

TDK「超硬」に8センチDVD-R/RW
(2004/3/10)

TDK、4倍速記録対応のDVD-RWメディア
データ用、録画用の2種類で、1枚800円。(2004/3/8)

日立マクセル、4倍速記録対応のDVD-RWメディア
新開発の記録膜と「HGXスタンパ」を採用して高速記録時のエラーレートを低減したという。(2004/3/2)

ソニー、8センチDVD-R/RW採用のメガピクセルDVDカム
DVD-RWに記録できる小型DVDカムが登場。107万画素機が13万円前後、68万画素機が11万円前後。(2004/2/19)

三菱化学メディア、8倍速記録対応のDVD-Rメディア
8倍速記録に対応したデータ用DVD-Rメディア「DHR47H1」と、4倍速記録対応のデータ用DVD-RW「DHW47Y1」を3月下旬に発売する。(2004/2/13)

ビクター、8倍速対応DVD-Rメディア 4倍速対応DVD-RWも
8倍速記録対応のDVD-Rメディアが登場。実売価格は1枚600円前後、5枚セットが2500円前後。(2004/1/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。