ニュース
» 2005年05月24日 14時12分 公開

日立マクセル、2層DVD+R/16倍速対応DVD-RなどDVDメディア3種類発売

日立マクセルは、2層DVD+R、16倍速対応DVD-R、6倍速対応DVD-RWの録画用DVDメディア計3種類を発表した。

[ITmedia]

 日立マクセルは5月24日、2層DVD+Rメディア「D+R215」、16倍速対応DVD-Rメディア「DR120C」、6倍速対応DVD-RWメディア「DRW120C」の録画用DVDメディア計3種類を発表、6月27日より発売する。価格はいずれもオープン。

photo D+R215(左)、DR120C(中央)、DRW120C(右)

 D+R215、DR120CおよびDRW120Cは、DVDレコーダでの録画に対応するDVDメディアで、記憶容量は2層メディアのD+R215が8.5Gバイト、1層メディアのDR120CおよびDRW120Cが4.7Gバイト。最大記録速度はD+R215が2.4倍速書き込み、DR120Cが16倍速書き込み、DRW120Cが6倍速書き換えに対応する。

 また16倍速書き込み対応DVD-Rメディアには、内径21ミリまでの印刷に対応する“ひろびろ美白レーベル”仕様のホワイトレーベルを採用する「DR120WPC」も発売される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう