ニュース
» 2015年03月02日 20時27分 UPDATE

それぞれのブランドは継続:新社名は「オンキヨー&パイオニア株式会社」――パイオニア、ホームAV事業などの譲渡完了

パイオニアのホームAV事業など、3事業のオンキヨーへの譲渡が完了した。両社のホームAV事業はオンキヨーが100%の株式を持つ「オンキヨー&パイオニア株式会社」に継承される。

[ITmedia]

 パイオニアは3月2日、ホームAV事業、電話機事業およびヘッドフォン関連事業のオンキヨーへの譲渡が完了したと発表した。両社のブランドは今後も維持する。

 事業譲渡により、両社のホームAV事業はオンキヨーが100%の株式を持つ「オンキヨー&パイオニア株式会社」に継承される。代表には現オンキヨー代表取締役副社長兼COOの中野宏氏が就任。これに伴い、販売を手がけるオンキヨーマーケティングジャパンも「オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社」に名称を改める。

 昨年来、パイオニアとオンキヨーは事業統合について協議を重ねてきたが、オンキヨーは2月13日に行われた取締役決議において、パイオニアの100%子会社であるパイオニアホームエレクトロニクス(PHE)の全株式を取得・子会社化すること、およびパイオニアグループの一部海外子会社が展開していた海外向けホームAV事業およびヘッドフォン関連事業を取得することを決定していた。また、オンキヨーはパイオニアを引受先とする1083万5900株の第三者割当増資を実施。これによりパイオニアは、議決権ベースで14.95%を保有するオンキヨーの主要株主となった。

 また同日、パイオニアは投資ファンド運用会社のコールバーグ・グラビス・ロバーツ・アンド・カンパニー・エルピー(以下、KKR)との間でDJ機器の開発・販売を手がける「Pioneer DJ」の株式取得手続きを完了したことも明らかにした。一連の取引を通じてKKRはPioneer DJの持ち株会社であるPDJホールディングスの発行済み株式の85.05%を保有することになった(パイオニアは14.95%)。Pioneer DJは、KKRの支援のもとで独立会社として成長を目指すという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.