ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「海外子会社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「海外子会社」に関する情報が集まったページです。

ソニー生命の海外子会社で170億円の不正送金 加入者への影響はなし
ソニーグループのソニー生命保険は、海外連結子会社のSA Reinsuranceで同社名義の銀行口座から未承認の送金が行われていたと発表した。送金額は約170億円で送金が行われていたのは5月。加入者への影響はないという。(2021/8/4)

医療機器ニュース:
次世代の精密診断を支援する診断データプラットフォームをグローバル展開
コニカミノルタの米子会社Konica Minolta Precision Medicineは、Amazon Web Servicesと連携して、精密診断プラットフォーム「LATTICE」をグローバル展開する。(2021/3/24)

工場ニュース:
水性インクジェットインクの需要増に対応、富士フイルムが色材工場を新設
富士フイルムは2021年3月18日、水性インクジェットインク製品を製造する米国子会社であるFUJIFILM Imaging Colorants(以下、米国FFIC)に約20億円の投資を行い、水性顔料インクジェットインク用色材である顔料分散液の製造設備を新設すると発表した。2021年4月に着工し、2022年4月に稼働を開始する。(2021/3/23)

攻撃者視点でサプライチェーンリスクを診断 ラックが評価サービスを提供
ラックは、「サプライチェーンリスク評価サービス」の提供を開始した。海外子会社や業務委託先などのサプライチェーンに向けたサイバー攻撃の増加を受け、サプライチェーン全体のセキュリティ状況を把握してリスクを見える化する。(2020/10/19)

誰も責任を取らない、実態が見えない:
PR:日本流マネジメントからの脱却 ニューノーマル時代のグローバルガバナンスとは
コロナ禍も含めた国際情勢の複雑化は、海外で事業を展開する企業にとってかつてない試練となる。従来の手法によるグループガバナンスが難しくなる一方でリスク要因は増え、企業は海外子会社の管理手法の見直しに悩むことになる。ニューノーマル時代における、グローバルガバナンスのあるべき姿とは。(2020/7/15)

ホンダやスタバ、コカ・コーラも──Facebookのヘイト放置抗議運動広まる
Facebookがヘイトスピーチを削除しないことに抗議する「Stop Hate For Profit」運動に、ホンダの米子会社もさんかを表明した。この運動は、7月いっぱいFacebookへの広告掲載を停止するというもの。VerizonやCoca-Colaも参加している。これとは別にStarbuckはSNSすべてでの広告掲載を停止すると発表した。(2020/6/29)

東京商工リサーチ調査:
上場企業の不適切会計、過去最多に――海外子会社のガバナンス徹底されず
19年は不適切会計を開示した上場企業数・件数が最多に。東京商工リサーチが調査。海外子会社にガバナンスが徹底されていない面も。(2020/1/24)

PR:海外子会社の会計業務、負担が増える? IFRS16対応から始める「資産管理」「不正防止」
会計基準のIFRSへのコンバージェンス(収束)がグローバルで進む中、日本でも「連結会計処理について、連結可能な財務諸表はIFRSに準拠したものとする」との指針が示されている。その対応に向けて、特に中国に進出している企業はどう取り組むべきなのか。(2019/12/6)

東芝の米子会社、元従業員が水増し発注で不正利益 被害額は調査中
東芝米子会社の元従業員が不正行為。9年近くにわたり、水増し発注で不当な利益を得ていた可能性があるという。(2019/10/31)

PR:IFRS16対応の“誤解”とは? 2019年はグローバル対応「元年」、どう進めるべきか
IFRS16の適用年度となる2019年を迎えたものの、多くの企業の対応はいまだ道半ば。加えて「2019年の課題」として持ち上がっているのが海外子会社のIFRS16対応だ。それを欠いては、思わぬ不利益を被りかねない。どう向き合い、対応するべきなのか。(2019/6/28)

メルカリ、米マサチューセッツ州にAI研究所を開設 MIT教授が協力、機械学習・画像認識を強化
メルカリの米国子会社が、米マサチューセッツ州に機械学習や画像認識の研究所を開設。個々人に適した商品などをレコメンドするエンジンを開発する。マサチューセッツ工科大学の教授2人が研究のアドバイザーに就く。(2019/6/21)

PR:石油インフラを担うグローバル企業の「財務戦略」 海外子会社設立の“壁”を乗り越えた改革とは?
エネルギーの「上流部門」を手掛ける日本最大の石油・天然ガス開発企業である国際石油開発帝石(INPEX)。グループ財務のさらなる高度化に向け、シンガポールに金融子会社設立を決断した。しかし、既存の仕組みでは対応困難な課題に直面。解決のために白羽の矢を立てたのが、キリバのクラウド型グローバル財務管理ソリューションだった。(2019/5/16)

PR:海外子会社のIFRS16適用を! 会計基準をグローバル統一する“最短”手法とは
ついにIFRS16の適用年度となる2019年が到来した。残された期間がわずかな中、作業が山場を迎える企業も多いことだろう。だが、たとえ対応作業を完了しても次の課題が待ち受けている。それが、海外子会社も含めた会計処理のIFRS16への統一だ。(2019/2/14)

CES2019:
自動車用ランプにカメラとLiDARを内蔵してセンシング、次はミリ波レーダーも
小糸製作所と米国子会社のノース・アメリカン・ライティングは消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、自動運転車の環境認識用センサーを内蔵したランプを出展する。2019年1月6日に先行して開催されたメディア向けのイベントでも同製品を紹介した。(2019/1/8)

工場ニュース:
米国の射出成形機組み立て工場拡張が完了、省スペース機需要に対応
宇部興産機械は、アメリカの子会社UBE Machineryにおいて、射出成形機の組み立て工場の拡張工事が完了したと発表した。大型射出成形機の供給能力が倍増となる体制を整えた。(2018/11/30)

太陽光:
積水化学が米国子会社に太陽光発電を導入、全量を自家消費
積水化学工業が米国子会社の本社と工場に、太陽光発電を導入。同社としては初となる、全量自家消費を目的とした太陽光発電設備だ。(2018/9/6)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
リコーが過去最大の赤字に……、転落の経緯と再起動に向けた策とは?
米子会社の業績悪化で1800億円の減損損失を計上し、リコーは2017年度に1600億円の営業赤字に転落する見込みです。(2018/7/25)

共同実証を米国子会社と開始:
産業機械の最適な修理作業を自動提案、日立製作所がAIを活用したシステムを開発
日立製作所は、AI(人工知能)などの先進デジタル技術を用い、さまざまな産業機械の最適な修理作業を自動提案するシステムを開発し、製品化に向けて米国子会社のSullairと共同で実証実験を開始する。(2018/6/12)

製造ITニュース:
保全の再訪率半減、AI活用で最適な修理作業を自動提案する技術
日立製作所は2018年6月4日、AI(人工知能)を活用し、産業機械の最適な修理作業を自動提案するシステムを開発したと発表した。今後は日本と米国での製品化を目指しており、空気圧縮機の製造・販売を手掛ける米国子会社Sullair(以下、サルエアー)と共同で実証試験を開始する。サービス開始は2018年中を目指す。(2018/6/5)

国内100社導入めざす:
海外子会社の不正、防げますか? キリバが日本で広める「戦略財務」
財務管理ソリューションを提供するキリバ・ジャパンは、2020年に日本の導入企業数を現在の2倍となる100社に増やす目標を発表。戦略的な財務管理の必要性が注目されつつある中、日本市場で存在感を強めていく考えだ。(2018/5/17)

資生堂、米MIT発の人工皮膚研究ベンチャーを買収
資生堂は、人工皮膚を研究している米国の技術ベンチャー企業Olivo Laboratoriesを、米子会社を通じて買収した。(2018/1/15)

360度の障害物を認識 トヨタ、自動運転車「Platform 3.0」を開発
トヨタの米子会社が、自動運転車のプロトタイプ「Platform 3.0」を開発。全方位の障害物を認識する機能を備え、スマートな外観に仕上げた。(2018/1/5)

サイバー攻撃のリスクに幅広く対応する「サイバーセキュリティー保険」 チューリッヒ保険が発売
チューリッヒ保険が「サイバーセキュリティー保険」を2018年1月1日から販売する。サイバー攻撃による企業収益損失から損害賠償まで、海外子会社も含めて1つの契約で一括管理できる。(2017/12/22)

T-Mobile USと交渉中止:
ソフトバンク、Sprint株を追加取得 統合交渉破談で
ソフトバンクグループが、米子会社Sprintの株式を追加取得すると発表した。米携帯市場3位の米T-Mobile USとの統合交渉が破談に終わったことを受け、Sprintへのサポートをさらに強化する狙い。(2017/11/6)

自動運転技術:
トヨタの自動運転実験車が進化、助手席にもステアリング、アクセル、ブレーキ
トヨタ自動車の米国子会社で人工知能(AI)などの研究開発を行うToyota Research Institute(TRI)は、自動運転技術などの開発の進捗状況を発表した。合わせて、トヨタ自動車の自動運転技術に関するビジョンや戦略をまとめた「自動運転白書」も公開された。(2017/9/29)

信越化学工業:
米国子会社工場のシリコーン生産能力増強と生産設備新設を目的に24億円投資
信越化学工業は、米国でシリコーンを製造・販売する子会社、シンエツ・シリコーンズ・オブ・アメリカ(SESA)のオハイオ州にあるアクロン工場の生産能力を増強すると発表した。(2017/9/29)

社内システム侵入とソースコード流出:
gumi、海外子会社に不正アクセス 無償石の不正配布
gumiの海外子会社に不正アクセス。公式サイトの改ざんと運営タイトル内での「無償石」の不正配布があったという。(2017/9/26)

設備投資額は24億円:
信越化学、米国でシリコーンの生産能力増強
信越化学工業は、米国子会社でシリコーンの生産能力を増強する。オハイオ州にある工場に24億円を投資し、生産設備を導入する。【訂正】(2017/8/29)

新連載・シリコンバレー流「早く帰るIT」:
なぜアメリカのIT企業は“定時あがり”が当たり前なのか?
日本の会社員がオフィスに遅くまで居残っている夜、シリコンバレーのIT企業社員たちは家族との時間を過ごしている――その差はいったいなぜ生まれるのか。Evernote米国本社で働いたのちに日本企業の米国子会社に務める著者の新連載。(2017/8/21)

ソニー、米アニメ配給会社を買収 「ドラゴンボールZ」などライセンス保有
ソニーの米子会社Sony Pictures Entertainmentが、アニメ配信会社Funimationを買収。Funimationは、米国で「ドラゴンボールZ」などのライセンス管理・配給を行っている。(2017/8/1)

米トヨタ、VC設立 AIベンチャーなどに投資 総額1億ドル
トヨタ自動車の米子会社が、AIベンチャーなどへの投資を目的とした総額1億ドルのファンドを設立する。(2017/7/12)

従業員130人は解雇:
グリー、海外ゲーム開発から撤退 米子会社を閉鎖
グリーが米子会社のGREE International Entertainmentを閉鎖し、海外でのゲーム開発事業から撤退すると発表。(2017/7/7)

富士ゼロックスを特別扱い:
【詳報】富士フイルム、不適切会計の裏に何があったのか
富士フイルムホールディングス(HD)が、当初の予定よりも1カ月以上遅い6月12日に決算内容を開示した。その理由は、子会社の富士ゼロックスで海外子会社を巡る不適切会計が明らかになったためだ。事態の発覚が遅れた背景には、富士フイルムHDの富士ゼロックスに対する“特別扱い”があったという。(2017/6/15)

豪子会社ののれん代:
日本郵政、「巨額減損」報道にコメント
日本郵政が海外子会社に絡み巨額の減損処理を迫られる可能性が浮上しているという一部報道についてコメント。(2017/4/20)

海外対応通信モジュールも2017年度内に提供:
さくらインターネット、「さくらのIoT Platform」のグローバル展開を強化 海外に子会社を設立
さくらインターネットがIoTプラットフォームのグローバル施策を強化。香港に子会社を設立し、海外でも接続可能な通信モジュールを2017年度内に提供する。(2017/1/6)

DeNAの公式Twitterアカウントが非公開になっていると物議 「WELQ」問題の影響ではと推測する声もあったが
実際は海外子会社のアカウントでした。(2016/12/1)

DeNA、欧米でのゲーム開発から撤退 ヒット出ず、米子会社精算
DeNAが欧米向けゲーム開発を手掛ける子会社・米DeNA Globalを精算する。「期待する水準のヒットタイトルの創出には至らなかったため」という。(2016/10/19)

産業用ロボット:
人工知能で走る搬送用ロボ、目指すのは生産ラインの「超柔軟性」
オムロンは人とロボットが協調するモノづくり現場実現に向け米国子会社オムロンアデプトテクノロジーズが開発した無人搬送用ロボットを世界33カ国で発売する。(2016/10/4)

デジタル広告費の比率は2017年に30.2%へ:
電通海外子会社が世界の広告費成長率予測を改訂
電通グループのCarat(カラ)は、世界の広告費の成長予測を発表した。デジタル広告費の構成比率は2017年に30%に達する見込み。(2016/9/9)

「画像制作コスト」の課題を解決:
ReFUEL4、世界の中小企業向けにセルフサーブ型SNS広告運用サービスを提供
アライドアーキテクツの海外子会社であるReFUEL4は、世界の中小企業向けにセルフサーブ型のSNS広告運用サービス「ReFUEL4 Spark!」を提供開始した。(2016/8/10)

日本市場は前回予測より上方修正:
世界の広告市場に占めるデジタル広告費比率、2015年は24.3%――電通海外子会社が予測
電通の海外子会社Caratは2015年9月24日、世界の広告費成長率予測の定期改訂について発表した。(2015/9/25)

リクルート、インドネシア向けオンライン学習動画サービス「Quipper Video」スタート
リクルートマーケティングパートナーズと海外子会社Quipper Limited社は、インドネシアでオンライン学習動画サービス「Quipper Video」をスタートした。(2015/8/31)

三菱自動車、米国生産からの撤退を発表
三菱自動車が米国生産から撤退。カリフォルニア州の米子会社による生産を11月末で終了する。(2015/7/27)

工場ニュース:
三菱自動車が米国生産から撤退、アジアにシフトへ
三菱自動車は米国の子会社であるミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ(MMNA)が生産・販売を行う「アウトランダー・スポーツ(日本名:RVR)」の生産を終了し、同モデルの生産を愛知県の岡崎工場に集約すると発表。米国での生産事業から正式に撤退となる。(2015/7/27)

サンリオ、自社キャラのアニメ映画展開へ 米国に子会社
サンリオが米国に新会社を設立。自社キャラクターを活用したアニメーション映画やデジタル事業を展開する。(2015/7/2)

LIXIL、海外子会社破産で最大660億円の損失計上へ
LIXILグループは、海外子会社の破産に伴い最大660億円の損失を計上する。(2015/6/3)

製造ITニュース:
製造業向けクラウドERPの展開を本格化、海外子会社設立の短期化を実現
インフォアジャパンは製造業向けのクラウドERPに関する記者会見を開催。新たに産業機器メーカー向けのクラウドERPの提供を開始する他、アパレルメーカーや飲食関連メーカー向けのクラウドERPを提供する方針も明らかにした。(2015/1/14)

ソフトバンク、Googleのベテラン幹部をバイスチェアマン兼「インターネット&メディア」のCEOに任命
Googleの上級副社長兼CBO(最高事業責任者)、ニケシュ・アローラ氏がソフトバンクにバイスチェアマン兼新設の米子会社のCEOに迎えられる。同氏はGoogle入社前はソフトバンクが買収しようとしているT-MobileのCEOを務めていた。(2014/7/18)

グローバルでビッグデータ事業強化:
米国日立コンサルティングが英国のBI/データ分析コンサルティング企業を買収
日立製作所の米国子会社であるHitachi Consulting Corporation(以下、米国日立コンサルティング)は5月1日、BI/データ分析関連のコンサルティング会社である英Information Management Groupを買収したと発表した。(2014/5/1)

ビジネスニュース 事業買収:
潰れるはずだったルネサスモバイル、ブロードコムが買収
ルネサス エレクトロニクスは、清算予定だったルネサス モバイルの海外子会社2社とLTEモデム技術資産をブロードコムに譲渡すると発表した。譲渡額は約164億円。(2013/9/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。