ニュース
» 2015年03月10日 22時07分 UPDATE

怒ると手がつけられなくなる恐竜ロボット、タカラトミーから

タカラトミーは、やんちゃな恐竜ロボット「Hello! DINO」(ハロー!ダイノ)を4月に発売する。しっぽを引っ張ったりしてイタズラすると、文字通り“目の色を変え”、手に負えないほど暴れまくる。

[ITmedia]

 タカラトミーは3月10日、やんちゃな恐竜ロボット「Hello! DINO」(ハロー!ダイノ)を発表した。4月23日から全国の玩具店などで販売する。価格は1万5000円(税別)。

ts_dino01.jpg 「Hello! DINO」(ハロー!ダイノ)(c)TOMY

 昨年、加Spin Masterが北米市場で発売し、62万個を売り上げた人気アイテムがタカラトミーの「Omnibot」(オムニボット)シリーズに仲間入り。スイッチを入れるとリアルな鳴き声をあげながら、ジャイロセンサーを使って2本の足で自立する。足にタイヤを備えたことで、前進/後進はもちろん、ぐるぐる回転したり、体を左右に振りながら走り出すなど機敏に動き回ることができる。

 ハロー!ダイノは、“指示通りに動く”というロボットのイメージを覆すロボットだ。しっぽを引っ張ったりしてイタズラすると、文字通り“目の色を変え”、手に負えないほど暴れまくる。

ts_dino03.jpg 怒った!

ts_dino02.jpg 暴れまくり

 一応、指示通りに動かすことも可能だ。付属のコントローラー(コントロールポッド)を使って離れた場所から操作したり、内蔵の赤外線センサーを活用して手の動き(ジェスチャー)で動かすことができるという。

ts_dino04.jpg コントロールポッドで遠隔操作

ts_dino05.jpg ジェスチャーでも操れる

 本体にはリチウムイオンバッテリーを内蔵。付属のUSBケーブルで充電する。コントロールポッドは単四形アルカリ乾電池3本を使用する。商品サイズは390(幅)×160(高さ)×170(奥行き)ミリ。

 対象年齢は6歳以上。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.