ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「恐竜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「恐竜」に関する情報が集まったページです。

福井県で撮影された「完全に氷河期」な写真が幻想的 恐竜絶滅の瞬間を捉えたような光景がまるで別世界
“恐竜王国”の氷河期です。(2021/2/20)

子どもに人気の「発掘恐竜チョコ」をレーザーカッターで完全攻略 大人の全力に「技術の無駄遣い」「キャラパキRTA」
手を使わないので衛生的。(2021/2/16)

「Chrome 88」で恐竜付きQRコードでのURL共有が可能に
モバイルおよびデスクトップ版の「Chrome 88」に、Webページを共有するためのQRコード生成機能が追加された。共有したいページを開いて数タップで恐竜の絵がついたQRコードを生成できる。(2021/2/5)

定時で帰ろうとする部下、終わらない仕事を「俺がやっておこう」はパワハラ? 時代に適応したい“恐竜部長”の漫画が物悲しい
時代の変化にとまどう部長のはがゆさ。(2021/1/29)

あの恐竜骨格を360度見回せる 科博のティラノサウルスなど9体のVRモデル公開
恐竜の骨格を360度閲覧できるVRコンテンツ特設サイトを科博などがオープンした。合計7種類9体の化石の360度モデルを無償公開。ティラノサウルスなどの化石を、オンラインでさまざまな角度から見回せる。(2021/1/19)

モバイル版Google検索で猫や犬をAR表示する機能のハロウィーン版(たぶん期間限定)
モバイル版Google検索で動物や恐竜を検索するとAR表示できる機能のハロウィーン版が登場。猫は魔女の帽子をかぶった黒猫として表示される他、踊る骸骨やかぼちゃのランタンなど、6種類を表示できる。(2020/10/29)

スマホだけで旅行を擬似体験できるアプリ「au XR Door」
KDDIは、9月24日にスマホアプリ「au XR Door」をリリース。ARドアに向かって歩いていくとVR空間が出現し、各地への旅行や厳選された宿泊施設、観光名所を疑似体験できる。auスマートプレミアム会員は恐竜との対戦シューティングゲームも楽しめる。(2020/9/24)

巨大ヘビや恐竜が襲ってくる!? 迫力満点の3Dグラフィティアートにビックリ
トリックアートの域を超えた迫力。(2020/7/11)

白いティラノサウルスがしっぽをふりふりトコトコ 手作り恐竜「うちのシロ」動画に癒やされる
中の人に話を聞きました。(2020/7/2)

「唯一コロナに対抗できそうな作品」 アニメ&実写「ギャルと恐竜」、視聴者全員を置き去りにするカオスぶりが話題に
見栄晴さんをキャスティングするセンスよ。(2020/4/5)

水曜インタビュー劇場(絶滅公演):
子どもの数は減っているのに、なぜ「恐竜博」で110分待ちになるのか
国立科学博物館で開催されている「恐竜博2019」が、人気を集めている。9月の3連休には、最大110分待ちのときも。子どもの数は減っているのに、なぜ恐竜を見るために行列ができるのか。恐竜博の監修を務めている真鍋真さんに話を聞いた。(2019/10/2)

通称・むかわ竜、学名が「カムイサウルス・ジャポニクス」に決定 新属新種の恐竜だと正式に認定される
かっこいい!(2019/9/6)

東京スカイツリータウンの夏休みは「昆虫」「恐竜」「海の生き物」! 限定フードとグッズに子どもがワクワクしそう
「大昆虫展」も開催中。(2019/7/19)

今度は恐竜で癒されちゃう? かわいい恐竜満載の4コマ図鑑シリーズ新作『ゆるゆる恐竜図鑑』登場!
かわいいだけじゃなくきちんと恐竜に詳しくなれちゃいます。(2019/4/24)

「人類は恐竜と同時代に生きていた?」の正答率は40% 簡単そうなのに全問正解できない「国際調査に使われた“科学クイズ”」
「地球の中心部は高温?」「「電子は原子より大きい?」など全11問。2001年時点の平均正答率は54%。(2019/3/21)

関西初の「変なホテル」はロボホン19体がお出迎え 心斎橋に開業、スマート照明「Hue」も導入
関西地区初となる「変なホテル大阪 心斎橋」が2月1日に開業。おなじみの恐竜型ロボットのほか、シャープのロボット「ロボホン」が19体で迎え、多言語であいさつしたり、季節や時間に合わせてダンスを繰り広げる。(2019/1/31)

“恐竜×騎士”の組合せ最高か! スーパー戦隊43作目「騎士竜戦隊リュウソウジャー」3月17日スタートティラ〜
恐竜モチーフは「キョウリュウジャー」以来、4度目。(2018/12/26)

建設×ロボット:
BIMを利用して木造建築のCLT材を自動加工する“多関節ロボット”が実用化、恐竜の骨格標本複製で性能実証
前田建設工業は、千葉大学と共同で、BIMを活用して大規模木造建築に使用するCLT材などの構造材を自動加工できる「多関節ロボット加工機」を開発し、自社の新技術研究所「ICIラボ」に配備した。(2018/12/20)

「めっちゃ直立」「恐竜みたい」 背筋をピンと伸ばして立つオオトカゲがかっこいい
神の化身が現れたのかな?(2018/12/20)

変化していく恐竜と人間の関係 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』製作総指揮コリン・トレボロウ、今作のテーマを語る
「ジュラシック・ワールド」三部作を通じて、トレボロウが伝えたい一番大切なこととは?(2018/7/13)

マーケターが語る「こだわり」:
12年ぶりに復活「ゾイド」は“ワイルドさ”で現代っ子の心をつかめるか
動物や恐竜がモチーフの組み立て式玩具「ゾイド」が12年ぶりに復活する。かつて高い人気を獲得した旧シリーズとは、どんな点が異なるのか。マーティング担当者に話を聞いた。(2018/6/7)

「REXだー!」 安達祐実の“無邪気”な写真に映画デビュー作を思い出す人が続出
映画「REX 恐竜物語」公開から25年。(2018/6/4)

白亜紀大量絶滅の“爆心地”、わずか3年で生命復活
約6600万年前の白亜紀末に、恐竜など生物の約76%が大量絶滅する引き金となった、メキシコ・ユカタン半島への小天体衝突。直径200キロに及ぶ巨大クレーター内部を調べたところ、衝突後わずか2〜3年で“爆心地”に生命が復活していたことが分かった。(2018/5/31)

アルバトロス「ジュラシック・ユニバース」登場 死刑囚vs恐竜、生き残りをかけたVR“ジュラシック・ゲーム”
最高の組み合わせ。(2018/5/19)

酔っぱらったギャルが拾ったのはなんと恐竜だった メンタル最強ギャル&恐竜のふしぎ同居漫画
ギャルと恐竜の不思議な生活がスタート。(2018/4/26)

GoogleマップのAPI、ゲーム開発者に提供 リアルワールドゲームが作れる
既に現実世界で恐竜を探すゲームなどが開発されています。(2018/3/15)

映画「ジュラシック・ワールド」がARゲームに 現実空間に恐竜たちが出現
公園がジュラシック・パークになるの?(2018/3/13)

Googleの動画アプリ「Motion Stills」にARオブジェクト追加機能
Googleが、動画アプリ「Motion Stills」に恐竜やニワトリなどのARオブジェクトを動画や静止画に追加する機能「AR Mode」を追加した。「Instant Motion Tracking」により、オブジェクトはカメラの動きにリアルタイムで対応する。(2018/2/7)

恐竜好きにはたまらない 恐竜の頭骨型ティーバッグ発売
紅茶にも白亜紀到来? 発掘場はティーカップの中。(2018/2/2)

恐竜の折り紙=百億円 5歳児が自分の作品に値段を付けて販売するECサイトがほっこり&前衛的
「ごみばこ」の工作物は1870円。ECサイト「5歳児が値段を決める美術館」がいろいろとアーティスィックです。(2017/8/31)

恐竜と重装備の動物が戦ったらどっちが勝つのか 「Beast Battle Simulator」で試したらカオスしかなかった
限られた予算内で動物を集めて戦う、チャレンジモードのゲーム性がけっこうアツい。(2017/8/26)

「ジュラシック・ワールド」の恐竜パークを運営できるシミュレーションゲーム登場 恐竜が脱走するシーンも
2018年夏、PC・PlayStation 4・Xbox Oneで発売。(2017/8/21)

カナダで発見された白亜紀の新種恐竜、命名される 現代の生物にも見られる保護色でカモフラージュ
化石の保存状態の良さでも注目を集める「Borealopelta markmitchelli」。(2017/8/4)

コンテンツ東京2017 VR・ARワールド:
ティラノサウルスの内側に入れるVR!? 国立科学博物館「おウチで科博」がすごい
恐竜の剥製を内側からのぞき見る――そんな体験ができるVR(仮想現実)ゴーグル「おウチで科博」。国立科学博物館と「ハコスコ」がコラボしたものだ。(2017/6/28)

宇宙恐竜「ゼットン」に変身できちゃうパーカー発売 周囲の視線に対する鉄壁の防御力!
フードをかぶれば君もゼットン。(2017/6/14)

ドラゴンや恐竜の赤ちゃんがオギャァ! ファンタジーが生まれる「卵キャンドル」発売
卵の中からドラゴンが!(2017/6/4)

コップのフチにつかまる恐竜たち 「T-REX」や「トリケラトプス」がどれもミニかわいい姿になって登場
こんな恐竜なら飼いたい。(2017/5/15)

Weekly Memo:
恐竜の逆襲!? “オラクルならでは”のクラウドサービスは広がるか
日本オラクルがクラウド事業で独自色を一層強く打ち出している。同社が開催したイベントから、その戦略の中身を探った。(2017/5/1)

司書メイドの同人誌レビューノート:
全国各地の“恐竜像”を1冊に 220カ所ものスポットを紹介した「日本全国恐竜公園ガイド」にワクワクする
そんなところにもいるの!?(2017/4/2)

世界最大となる1.7メートルもの恐竜の足跡が発見される オーストラリア北西部に生息していた竜脚類
研究者は「オーストラリアのジュラシックパーク」と調査場所を表現。(2017/3/29)

段ボールの恐竜! 手作り感あふれる巨大な猫ハウスを楽しむ猫ちゃん
遊びがいがありそう!(2017/1/28)

「よく諦めなかったね」――高さ数メートルの“リアル恐竜”作り続けて13年、たった6人の制作企業の思いは
全長8メートルのリアルな恐竜の着ぐるみ「TRXO3」を、商用壁画などを手掛けるON-ARTが発表。同社は10年以上にわたって恐竜を作り続けているという。その原動力は。(2016/11/11)

重度アレルギーの娘に楽しい食事を お父さんの食パンアートがキリスト像に恐竜と秀逸
食べるのがもったいないレベル。(2016/8/12)

恐竜やアンモナイトの化石が景品に! 太古のロマンをつかむクレーンゲーム「化石キャッチャー」が登場
“世界一のゲームセンター”エブリデイで挑戦できます。(2016/8/3)

FAメルマガ 編集後記:
“恐竜の第2の脳”は「つながる工場」に必要か
“第2の脳”をどうするかはIoT時代の大命題へ。(2016/7/1)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
恐竜に見守られながら壁登り?Amazon“仰天”のオフィスに潜入!
内山信二がAmazonのオフィスに潜入。恐竜、ボルダリング、シャワー室……不思議な設備がいっぱい。天井一面に吊り下げられた複数の“ドアの謎”に迫る。(2016/6/24)

Lenovo、Project Tango対応スマートフォン「Phab 2 Pro」を発表 9月発売で499ドル〜
Lenovoが、Googleの「Project Tango」に対応したスマートフォン「Phab 2 Pro」を発表。価格は499ドルからで、9月に海外で発売する。スマホの画面で自宅の家具を配置したり、部屋に恐竜を表示させたりするなど、スマホ単体でAR(拡張現実)体験ができる。(2016/6/10)

もしも駐車場に車じゃなくて恐竜がいたら? 絶対ありえない設定のドッキリがなぜか超怖い
理屈を超えてビビらせていくスタイル。(2016/4/9)

遺伝子操作で恐竜の脚を持つジュラシック・チキン襲来?
恐竜の子孫であるニワトリは、遺伝子操作で祖先の姿を取り戻せるだろうか。(2016/3/25)

恐竜の内臓まで見られる! 「ティラノサウルス大解剖 恐竜大発見展」3月19日より
ホントの意味での大解剖。(2016/3/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。