ニュース
» 2015年04月13日 20時02分 UPDATE

新しい4KスタジオカメラにHDR向けソリューションも――ソニーが「NAB 2015」出展概要を発表

ソニーが「NAB2015」の展示概要を発表。4Kコンテンツ制作に欠かせない4Kカメラの新製品に加え、既存製品を使ったHDR対応コンテンツの制作環境を提案する。

[ITmedia]

 ソニーは、米ラスベガスで4月13日から開催される国際放送機器展「NAB(National Associations of Broadcasters)2015」の展示概要を発表した。4Kコンテンツ制作に欠かせないカメラの新製品に加え、HDRソリューションなどを提案する。

ts_sonynab01.jpg 4K/HD対応のマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-4300」。価格は約1400万円で7月に発売する

 新製品は、世界初の2/3型3板式4Kイメージセンサーを搭載した4K/HD対応システムカメラ「HDC-4300」。放送局で広く使われているHD用B4マウントレンズを直接本体に装着できるため、カメラマンは使い慣れたカメラの操作性で4K撮影が行えるのがメリット。また高倍率レンズの使用も可能で、スポーツ中継にも最適としている。

 HDR(ハイダイナミックレンジ)のワークフローを展示するコーナーには、同社のCineAlta 4Kカメラ「F65」および「PMW-F55」のRAWデータからHDR映像を制作するマスタリングプロセスの環境を提案する。HDR映像を表示できる有機ELマスターモニター「BVM-X300」と組みあわせ、4K解像度、広色域、HDR対応の映像表現が可能になる。なお、ソニーではHDR対応の液晶テレビ“ブラビア”を2015年内に発売する予定だ。

ts_sonynab02.jpg 4Kメモリープレーヤー「PMW-PZ1」は6月下旬発売。価格は56万円(税別)

 このほか、XAVC対応の4K/HDライブサーバーシステム「PWS-4400」向け収録用ソフトウェアや4Kメモリープレーヤー「PMW-PZ1」、4Kではないが、XDCAMショルダーカムコーダ「PXW-X320」なども展示する予定だ。さらにブース内には、「Beyond 4Kソリューション」として、4K SXRDプロジェクター「SRX-T615」2台をエッジブレンディングでつないだ8K×2Kの大スクリーンを設置。F65やPMW-F55で撮影した米国のロックバンド「Foo Fighters」のライブコンサート映像を上映するという。コンサートやイベント、テーマパークといった高度な映像活用を行うエンターテインメント市場に向けた提案となる。

関連キーワード

ソニー | NAB | Beyond 4K | BRAVIA | HDR | 交換レンズ | 有機EL


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう