ニュース
» 2015年05月14日 13時32分 UPDATE

384kHz/32bitネイティブ再生可能!:アユート、最上位のポータブルプレイヤー「Astell&Kern AK380」発表――「春のヘッドホン祭」で発表会&試聴も

アユートが、ハイレゾプレーヤーの新フラッグシップモデル「Astell&Kern AK380」を発表した。価格や発売日は未定。東京・中野で5月16日から開催する「春のヘッドホン祭」で試聴可能だ。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 アユートは2015年5月14日、Astell&Kernブランドのハイレゾ対応プレイヤー「Astell&Kern AK380 256GB メテオリックチタン」(AK380-256GB-MT)を発表した。価格や発売日は現時点で未定。ボディカラーは、メテオリックチタンのみ。なお、5月16日〜17日に東京・中野サンプラザで開催される「春のヘッドホン祭 2015」で試聴も可能(整理券の配布を予定)。さらに、5月16日12時30分から6階チャペルにて、一般来場者向けの製品発表会を開催するという。詳細は、ホームページで確認して欲しい。

hm_ak01.jpghm_ak02.jpg ハイレゾ対応プレイヤー「Astell&Kern AK380 256GB メテオリックチタン」(AK380-256GB-MT)

 AK380は、Astell&Kernのコンセプトである「スタジオマスタークオリティーのサウンドをBit-to-Bitで忠実に再現することに加え、プロフェッショナルの使用環境におけるニーズに応える事も目的とし、更なる音質のブラッシュアップと、新たなる機能の追加を果たした」というプロフェッショナルのニーズに対応できる最上位モデルだ。

hm_ak03.jpghm_ak04.jpg 4型のタッチスクリーンを備えた外観。本体サイズは約79.8(幅)×17.5(奥行き)×112.4(高さ)ミリ、重量は約218グラム

 最大の特徴は再生機能の強化だ。PCM 32bit/384kHz、DSD 128(5.6MHz/1bit)のネイティブ再生を実現する。現行AKシリーズのハイエンドモデル「AK240 ステンレススティール」は、PCMの192kHz/32bitまでをサポート。352.8KHzは176.4KHzへ、384KHzは192KHzへダウンコンバート/32bit integerは24bitにダウンコンバートしていた。

 DACも旭化成エレクトロニクス「AKM AK4490」をデュアル構成で搭載。VCXO Clock(電圧制御水晶発振器)を採用し、超低ジッタ0.2Psを実現する。

 さらに同社によると、写真のみの公開で詳細仕様は不明だが、一体化デザインの専用アンプ(別売オプションの予定)により高度な音質調整が可能という。

hm_ak05.jpghm_ak06.jpg 別売オプションとして用意される専用アンプと思われる製品の装着イメージ

 その他DLNAにも対応し、今後配信予定の「AK Connect App」により、スマートフォンやタブレットからリモートコントロールが可能になるという。据え置き型プレイヤーとしてホームオーディオ用途に便利とうたう。また、NAS/PC内音源のストリーミング再生などにも対応する。

基本仕様

製品名 Astell&Kern AK380 256GB メテオリックチタン
対応ファイル形式 WAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、APE、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF
サンプリングレート FLAC、WAV、ALAC、AIFF:8kHz〜384kHz(全てネイティブ再生)/8、16、24、32bit(float/Integer 全てネイティブ再生)
出力レベル アンバランス:2.1Vms、バランス:2.3Vms(負荷なし)
Bluetooth Bluetooth 4.0(A2DP、AVRCP)
無線LAN IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)
バッテリー 3400mAh、リチウムポリマーバッテリー
本体サイズ 79.8(幅)×17.5(奥行き)×112.4(高さ)ミリ
重量 約218グラム
価格 未定

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.