ニュース
» 2015年05月29日 16時00分 UPDATE

その姿はまるでヒートシンク:「ジェイク ダイソン ライト」の新顔「アリエル」シリーズに動画で迫る

ダイソンブランドの傘下に入った「ジェイク ダイソン ライト」に、新シリーズ「アリエル」が加わった。LEDライトとしては非常にユニークな形状のダウンライトを動画で見てみよう。

[田中宏昌,ITmedia]

 掃除機や扇風機、加湿器などを手がけるダイソンブランドに加わった「ジェイク ダイソン ライト」。その開発を担ったジェイク・ダイソンは、ダイソン創業者であるジェームズ・ダイソンの長男でもある。今回、ジェイク・ダイソンが来日し、ダイソン直営店の「Dyson 表参道」で発表会を行い、ペンダントライト「アリエル」(Ariel)シリーズの詳細を明らかにした。

 その模様はこちらの記事(「ポイントは熱放散」――技術屋が作った37年使える「ジェイク ダイソン ライト」の正体)に譲り、ここでは「アリエル」の外観をじっくり見ていく。

ht_al01.jpg 「ジェイク ダイソン ライト」に加わった新モデル「アリエル」のダウンライト

 アリエルシリーズは、先日発表された個人向けのタスクライト「シーシス」(CSYS)シリーズとは異なり、オフィスや会議室、リビングやキッチンといった作業空間に適したモデルだ。ダウンライトとアップライトが用意されている。

ht_al02.jpg アリエルに使われたヒートパイプを手に語るジェイク・ダイソン氏

 動画や写真を見れば分かるとおり、アリエルの外観は自作PCユーザーになじみ深いヒートシンクそのもので、その中央にLEDとレンズが配置されたシンプルな構造だ。

ht_al03.jpg 大型のLEDライトとレンズが中央に設置される
ht_al04.jpg 9000ルーメンという高出力のLEDと広範囲に正確な光を照射するための特殊なレンズを組み合わせている
ht_al05.jpg アリエル ダウンライトの天面。6本のヒートパイプが通っているのが分かる
ht_al06.jpg 数多くのフィンが左右に広がっており、まさに形状は大型のヒートシンクと言える

 現時点で、アリエルシリーズの日本での発売時期や価格は未定だが、直営店のDyson 表参道ではシーシスとともに展示中だ。シーシスシリーズはその場で購入できるので、気になる人はお店に足を運んでもらいたい。

関連キーワード

Dyson | ヒートシンク | 直営 | LED | レンズ | 表参道 | 創業者


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.