ニュース
» 2015年07月31日 15時20分 UPDATE

BDP-105DJPの有償アップグレードも:日本のマテリアルで生まれ変わった限定版――OPPO「BDP-105D JAPAN LIMITED」正式発表

OPPO Digital Japanは、ユニバーサルプレイヤーの新製品として、日本限定販売の「BDP-105D JAPAN LIMITED」を正式に発表した。最大11.2MHzのDSD再生にも対応することも判明。

[ITmedia]

 OPPO Digital Japanは7月31日、ユニバーサルプレイヤーの新製品として、日本限定販売の「BDP-105D JAPAN LIMITED」を正式に発表した。一般流通経路向けの「ブラック」と直販限定「チタニウムグレー」の2色を用意。8月中旬に発売する予定で、価格はオープン。店頭では25万円前後になる見込みだ。

ts_oppo02.jpg 「BDP-105D JAPAN LIMITED」

 BDP-105DJPの基本設計を踏襲しつつ、非磁性体金属による各種強化パーツの追加により内部不要振動を抑え,重心をセット中心に一致させた「オプティマル・バイブレーション・コントロール・アラインメント」など新しい筐体構造を採用。またD/Aコンバーターの水晶発振器に日本電波工業(NDK)製の高クロック低位相雑音水晶発振器を搭載、内部の高周波ノイズを効果的に対策するため旭化成繊維製のノイズ抑制素材「PULSHUT」を採用、さらに底面には振動減衰に優れたアイシン高丘(TAOC)製グラデーション鋳鉄インシュレーターを備えるなど、「日本の優れたマテリアルを活用し、画質/音質の大幅な向上を実現した、新しいリファレンスにふさわしい製品」(同社)という。

ts_oppo01.jpg

ts_oppo03.jpgts_oppo04.jpg 内部構造と使用パーツ

 なお、先にリポートした最終試作機との違いは、最大384kHz/32bitまでのPCMデータおよび11.2MHzまでのDSDネイティブ再生にも対応したUSB-DAC機能(ASIO対応、DoPは非対応)。DACチップはESS Technologyの「ES9018S」をステレオ/マルチチャンネル専用にそれぞれ1基(計2基)使用している。

 またOPPO Digital Japanでは、既に「BDP-105DJP」を購入した人に向け、「BDP-105D JAPAN LIMITED」相当品へのアップグレードサービスを実施することも明らかにしている。詳細は近日発表する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.