ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プロトタイプ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロトタイプ」に関する情報が集まったページです。

人とくるまのテクノロジー展2019:
全領域で優れた検知性能を実現、古河ASが新型車載レーダーをアピール
古河電工グループは「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)に出展し、古河ASが開発する準ミリ波帯車載レーダーの次世代機プロトタイプを初めて公開した。同レーダーは従来製品から検知性能を大きく伸ばすとともに40%の小型化を両立したことが特徴だ。(2019/5/23)

ロボット開発ニュース:
ATOUNの“着るロボット”が腕の補助機能をプラスしてさらに進化
パワードウェアを手掛けるATOUN(アトウン)は、腰用パワードウェア「ATOUN MODEL Y」に腕の補助機能を搭載したプロトタイプによる実証実験を2019年5月末から開始すると発表した。(2019/5/21)

シャープ、5Gスマホのプロトタイプを公開 約3Gbpsの通信に成功
シャープが5Gに対応したスマートフォンのプロトタイプを公開した。AQUOS R3をベースにしながら、5G対応のモデムチップやアンテナを装備したもの。下り2.9Gbpsほどの通信速度を確認できた。(2019/5/8)

Qualcomm、サーバ向けAIプロセッサ「Cloud AI 100」を2020年出荷へ
Qualcommが、データセンターのサーバなどでのAI処理向けプロセッサ「Cloud AI 100」を発表した。年内にプロトタイプの提供を開始し、2020年中には製品版を出荷する計画だ。(2019/4/10)

米陸軍、「HoloLens 2」ベースの軍事ヘッドセット「IVAS」プロトタイプを披露
米陸軍がMicrosoftの「HoloLens 2」ベースで開発中の軍事ヘッドセット「IVAS」をCNBCの記者に体験させた。2022年には実用化の見込みとしている。(2019/4/8)

「ロードスターは宝」 オートモビルカウンシルのマツダブースが「ロードスター愛」にあふれていた
「ロードスター30周年記念車」日本初公開。ロードスタ−は「プロトタイプ」からかっこよかった。【写真47枚】(2019/4/6)

米空軍、AI搭載ドローン計画「Skyborg」で2023年にはプロトタイプ完成へ
米空軍が、AI搭載の自律式無人戦闘機「Skyborg」計画を発表した。2023年にはプロトタイプを完成させるとしている。(2019/3/28)

MWC19 Barcelona:
5G祭りだった「MWC19 Barcelona」 展示されていた5G&折りたたみスマホを一挙チェック
2019年内に日本でもプレサービスが始まる「5G」。世界に目を向けると、2019年内に本格的な商用サービスを始めるキャリアもあります。それを受けて、MWC19 Barcelonaでも5Gスマートフォンの実機、あるいはプロトタイプの展示が相次ぎました。(2019/3/5)

迫力あってかっこええ 新型「RAV4」日本仕様プロトタイプを公開
青×白ツートン、カスタマイズモデルもかっこいい!(2019/2/21)

路面の雪の状態をリアルタイムに認識する「AI道路管理支援システム」 雪氷対策などに実用化へ――ウェザーニューズから
ウェザーニューズは、定点カメラの映像/画像から、路面を覆う雪の状態を自動認識する「AI道路管理支援システム」のプロトタイプを開発。圧雪やシャーベット状など、異なる雪の状態が混在する複雑な路面状態でも高精度に把握する。雪氷対策作業の効率化、交通事故の低減などへの応用を見込む。(2019/2/13)

スライド式QWERTYキーボード付きスマホ、徐々にスペックが明らかに
Moto Mods公式パートナーでもある英Livermoriumが、3月までに発表する予定のスライド式QWERTYキーボード付きスマートフォン「F(X)」のプロトタイプ画像を公開した。(2019/2/7)

医療機器ニュース:
マイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発
名古屋大学は、エレクトロニクス制御フリー、タンパク質フリー、ナノ粒子フリーのマイクロニードル型「貼るだけ」人工膵臓のプロトタイプを開発した。(2019/2/6)

契約書のポリシー審査をAIで自動化 自然言語処理×機械学習で高精度に分析――NTT-AT、試作版で実証へ
NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は、AIを活用して契約書などの各種ドキュメントの審査業務を効率化する「自動ドキュメント審査システム」を開発。プロトタイプでのトライアルを開始する。文章の構成や表現に依存せずに、契約書の分析とポリシー審査ができるという。(2019/1/29)

組み込み開発ニュース:
直動部品大手がセンシング用マイコンボードを開発、プロトタイプ製品も
THKは、独自開発したセンシング用マイコンボード「ARGUS BOARD」と同ボードを活用したプロトタイプ製品を、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」に出展した。(2019/1/23)

SpaceXのマスクCEO、「Starship」プロトタイプの光り輝く完成画像をツイート
SpaceXのイーロン・マスクCEOが、月周回旅行用宇宙船「Starship」の小型プロトタイプの完成写真をツイートした。全長約9メートルで表面はステンレスの鏡面仕上げだ(2019/1/11)

「Galaxy S10」(仮)の発表はMWCではなく2月20日にサンフランシスコで
Samsung Electronicsが2月20日にサンフランシスコで「Galaxy UNPACKED 2019」を開催する。告知には「10」がデザインされており、「Galaxy S10」(仮)が発表されるとみられる。昨年11月にプロトタイプを披露した折りたたみ端末も登場しそうだ。(2019/1/11)

幻のファミコン版「シムシティ」、プロトタイプ版が海外の中古店で発見
スーファミ版と同時に発表されながら、中止になっていた作品が発掘。(2018/12/27)

“爪のゆがみ”で手の動きを捉える小型センサー、IBMが開発
IBMがわずかな爪のゆがみを検出して手の動きや震えなどを推測する小型センサーのプロトタイプを開発したと発表した。(2018/12/25)

メルカリ、ARグラス使い「ジェスチャーで検索」 CES2019でプロトタイプ公開
メルカリが米VuzixのARスマートグラスを使った実証実験を開始。ジェスチャー動作だけで商品検索や購入をできるようにする。(2018/12/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタがスープラを「スポーツカー」と呼ぶ理由
長らくうわさのあったトヨタの新型スープラが、年明けの米デトロイトモーターショーで発表されることになった。今回はそれに先駆けて、プロトタイプモデルのサーキット試乗会が開催された。乗ってみてどうだったか?(2018/12/17)

フェラーリ絶対許さないマンと化した激おこフォードが作った「GT40」プロトタイプが米オークションに出品
フェラーリとフォード、因縁深い歴史を持つマシン。過去には7億円で落札されたことも。(2018/12/14)

Google、Androidで「折りたたみ」ディスプレイをサポート SamsungなどのOEMと協力中
Googleが、Samsungがプロトタイプを披露したような折りたたみ式スマートフォンをAndroidでサポートすると発表した。ディスプレイの開閉でアプリの“連続性”を保てるようにする。(2018/11/8)

あの「NIKEN」のGT仕様も出る! ヤマハの3輪「LMW」新型、ミラノで発表へ
300cc版のプロトタイプ「3CT」を公開。(2018/11/7)

SensorMedal-EVK-002/SensorShield-EVK-003:
ローム、IoT機器のプロトタイプ開発に最適なセンサー評価キット2製品を販売開始
ロームは、IoT機器のプロトタイプ開発に最適なセンサー評価キット「SensorMedal-EVK-002」および「SensorShield-EVK-003」の販売開始を発表した。(2018/10/22)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(45):
AIシステム発注に仕組まれたイカサマを美人コンサルは見抜けるのか?!――システム開発トラブル小説「コンサルは見た!」、Season2が早くも登場
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第45弾は、「コンサルは見た!」シリーズのパート2が早くも登場。正式契約をにおわせて無料でプロトタイプを作らせた揚げ句、AIの学習データまで奪った悪徳顧客。だまされたシステム開発会社は泣き寝入りするしかないのか――?(2018/10/19)

衣類を自動で折りたたむタンス「INDONE」現る
ロボットメーカーのASTINAが、衣類を自動で折りたたみ収納するタンス「INDONE」のプロトタイプを、CEATEC JAPAN 2018に出展する。(2018/10/15)

Magic Leap、リアルな人間のようなAIアシスタント「Mica」を紹介
MR(複合現実)に取り組むMagic Leapが開発者会議で、MRメガネ越しに交流できるリアルな人間の女性の姿のAIアシスタントのプロトタイプ「Mica」を紹介した。目を見つめて微笑み、ユーザーの動きに反応する。(2018/10/11)

Essential、新コンセプトのスマートフォンを開発中か──Bloomberg報道
Androidの父、アンディ・ルービン氏のEssential Productsが、“スマホ中毒”を解消する新しいコンセプトの電話を開発中だとBloombergのマーク・ガーマン記者が報じた。早ければCES 2019でプロトタイプが登場する可能性があるという。(2018/10/11)

レースゲームのボスマシン感すごい 日産自動車が次世代コンセプトEV「インフィニティ・プロトタイプ10」を披露
ゲームの世界から飛び出してきたようだな【写真:90枚】(2018/8/27)

うひょひょー、弾丸っぽいスゲー形! 日産、シングルシーターのぶっ飛びEV「インフィニティ・プロトタイプ10」を公開
米国で開催される「ペブルビーチ・オートモーティブ・ウィーク」で披露。(2018/8/17)

医療機器ニュース:
心臓の鼓動を正確に再現する人工筋肉、手術訓練シミュレーターに
豊田合成とイービーエムは、電気で機能する人工筋肉「e-Rubber」を用いて、心臓の鼓動を正確に再現できる手術訓練シミュレーター「SupeR BEAT」のプロトタイプを共同開発した。2019年秋に販売開始を目指す。(2018/7/19)

「未来のレーシングカー」:
日産とイタルデザインがコラボ 黒×金の「GT-R」限定プロトタイプ公開
日産との伊Italdesignが、共同開発したスーパースポーツカー「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開した。(2018/7/3)

もう迷わない! ビジネスを成長させるUXデザイン手法の使い方(5):
プロトタイプは画面や機能ごとに作ってはいけない
B2C、B2B問わず、ITサービスがビジネスに不可欠な存在となった近年、UXデザインに対する企業や社会の認識は一層深まっている。にもかかわらず、「使いにくいサービス」が減らない原因とは何か?――今回から、「人間中心設計」の各種方法論を説明していく。(2018/6/21)

電気自動車:
全固体電池は材料から生産技術まで幅広い課題、オールジャパンで解決目指す
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、全固体リチウムイオン電池の研究開発プロジェクトの第2期を開始する。全固体リチウムイオン電池の製品化でボトルネックとなっている課題を解決する要素技術を確立するとともに、プロトタイプセルで新材料の特性や量産プロセス、車載用としての適合性を評価する技術も開発する。期間は2018〜2022年度で、事業規模は100億円を予定している。(2018/6/18)

ロボット開発ニュース:
遠隔操作技術を用いたロボットの量産型プロトタイプを開発
Telexistenceは、同社が提唱するテレイグジスタンス技術やVR、通信、クラウド、ハプティクスを活用した遠隔操作技術を用いたロボット「MODEL H」の量産型プロトタイプを開発した。(2018/6/15)

「Pixel 3 XL」(仮)のプロトタイプらしき画像リーク 背面はガラス
Googleの次期オリジナル端末「Pixel 3 XL」(仮)のプロトタイプだとされる画像がXDA Developersのフォーラムに投稿された。ディスプレイの切り欠きや背面の材質がガラスであることなどが確認できる。(2018/6/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
あなたはカローラの劇的な変貌を信じるか?
カローラ・ハッチバックのプロトタイプ試乗会のために富士スピードウェイの東コースへ訪れた。そこで目の当たりにしたのはカローラの劇的な変貌だった。(2018/6/4)

空飛ぶ消火ロボット「ドラゴンファイヤーファイター」開発 建物内に突入して直接消火
東北大学・田所諭教授らの研究グループが“空飛ぶ消火ロボット”「ドラゴンファイヤーファイター」のプロトタイプを発表した。水の噴射を推力にしてホースを浮上させ、建物内の火元を直接消火する。(2018/5/30)

あらゆる方向からの5G信号を受信:
MediaTek、スマホ両面搭載可能な5G向け28GHz帯RFIC
MediaTekは、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP) 2018」の特設パビリオン「5G Tokyo Bay Summit 2018」で、アンテナ部を一体化した28GHz帯RFトランシーバーICのプロトタイプ品を参考展示した。(2018/5/30)

人間の「分身」になる遠隔操作ロボット、KDDI出資企業が量産プロトタイプを開発
KDDIが出資するベンチャー企業Telexistenceが、人間の分身として遠隔操作で動くロボットの量産プロトタイプ「MODEL H」を開発した。(2018/5/29)

KDDIとTelexistence、遠隔操作ロボットの量産型プロトタイプ「MODEL H」を開発
KDDIとTelexistenceが、遠隔操作ロボットの量産型プロトタイプを共同開発。夏をめどに、ロボットの遠隔操作体験を体感できる一般向けイベントも開催する予定だ。(2018/5/29)

VRゴーグルとグローブをつけてロボットを遠隔操作、KDDIが量産型プロトタイプ発表
ロボットの遠隔操作体験を体験できるイベントも予定。(2018/5/29)

毎日の情報映す「未来ドア」 AIと大型ディスプレイ搭載、YKK APが2020年商品化
玄関ドアが“AI執事”になる――窓やアルミサッシなどを手掛けるYKK APは4月25日、大型ディスプレイや人工知能(AI)を搭載した“未来ドア”「UPDATE GATE」のプロトタイプを発表した。2020年発売予定で、価格は搭載する機能の数によって130万〜200万円程度となる見込み。(2018/4/25)

VRニュース:
HoloLensを使って季節感あふれるMR体験ができる「菊MR」を発表、商業施設など向けに
Nomura Open Innovation LABは、ヘッドマウントディスプレイのMicrosoft HoloLensの専用アプリのプロトタイプ「菊MR」を発表。実空間に配置された花に対し、関連の産地情報や、虫や動物といった生き物、月や雲などの自然の風景の3D画像などを重ねて表示する。「かぜ」というと風を吹かせるなど音声認識でのコントロールにも対応する。(2018/3/13)

Boseも拡張現実メガネに参入 ただし“オーディオAR”
音響機器メーカーのBoseが“オーディオ拡張現実”プラットフォーム「Bose AR」とそのプロトタイプメガネを発表。視界に映像を重ねるのではなく、場面に即した情報を音で提供する。(2018/3/11)

段差を乗り越え、確実に帰還する fuRoが開発した次世代ロボット掃除機
千葉工業大学未来ロボット技術研究センターとパナソニックがロボット掃除機のプロトタイプを公開。高精度のマッピング技術を搭載した他、毛足の長いラグや段差を乗り越える新機構を備えた。(2018/3/2)

AAEONが「Intel Movidius Myriad 2 VPU」搭載の基盤を用意:
Intel、AIプロトタイプの市場投入を支援するプログラム「Intel AI: In Production」を発表
Intelは、デベロッパーによるAIプロトタイプの市場投入を支援する新プログラム「Intel AI: In Production」を立ち上げ、その最初のパートナーとしてAAEON Technologiesを選定した。(2018/3/1)

Spreadtrumと5G SoCの開発も:
Intel、5Gモデム搭載PCをMWC 2018で披露
Intelは、「Mobile World Congress(MWC) 2018」で、5Gモデムチップを搭載した2-in-1 PCのプロトタイプを展示する。5Gが実現するギガビット/秒クラスの通信速度により、セルラー対応PCが普及すると、Intelはみている。(2018/2/27)

Intel、かなり自然なスマートグラスのプロトタイプを披露
IoTに注力するIntelが、一見普通のメガネに見えるスマートメガネ「Vaunt」のプロトタイプを米メディアに披露した。カメラは搭載せず、レーザーで文字情報を表示する。(2018/2/6)

コンサルは見た! AIシステム発注に仕組まれたイカサマ(5):
契約するとは言いましたが、確約まではしてません――約束の耐えられない軽さ
プロトタイプは作ってもらいましたが、発注は別の会社にします。あ、試作品のコピーは頂きましたからね――契約をにおわせて契約前作業を強要したクライアント。開発会社は泣き寝入りするしかないのか???(2018/1/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。