レビュー
» 2015年08月07日 13時18分 UPDATE

橘十徳の「自腹ですが何か?」:電卓・ライト・バイブ機能とてんこ盛り ドリテックの多機能タイマー「ディスティックプラス」 (1/2)

今回紹介するのは、電卓とLEDライトが一体化したドリテックのタイマー「ディスティックプラス」。タイマーを利用しながら電卓も使えるのが便利だ。

[橘十徳,ITmedia]
photo ドリテックの多機能タイマー「ディスティックプラス」。電卓・ライト・バイブ機能を備える

 料理をするときにキッチンタイマーを使う人は多いと思うが、キッチンタイマーの多くは設定時間になるとアラームを鳴らすだけのシンプルなものだ。

 今回紹介する「ディスティックプラス」は、電卓やLEDライトを一体化させた多機能タイマー。普通のタイマーは音が鳴るだけだが、このタイマーはアラームに加え、バイブ機能を搭載する。簡易ストップウォッチとしても使えるカウントアップ機能も備える。

 本製品が発表されたのは2015年の3月だが、当初はほとんど市場に出回ることはなかった。いろいろな通販サイトを探してみたところ、看護士向け通販サイト「アンファミエ」で売られていた。

 価格は2480円(税込)と少し高めだが、ふつうのキッチンタイマーにはない付加価値を考えると、まあ納得できるということで購入した。カラーはホワイトとピンクの2種類で、今回はホワイトを選んだ。ちなみに現在ではAmazon.co.jpなどの通販サイトでも購入できる。

photo 計算機としても使える

アラームに加えバイブ通知機能も

 テレビのリモコン風な縦長にしたデザインで、数字キーや表示窓のほかに「×」「÷」「+」「−」の四則計算キーや「C(クリア)」キー、「%(パーセント)」キー、「=(イコール)」キー、「.(少数点)」キーなど、電卓でおなじみのキーが並ぶ。液晶ディスプレイには8桁までの数字を表示できる。

 サイズは42(幅)×115(高さ)×14(厚さ)ミリ、重量は約49グラム。普通のキッチンタイマーに比べると厚さが気になる。本体下部にはストラップホールを備え、付属のストラップを付けられる。上部にはLEDライトを搭載する。

photo ストラップを付けられる

 背面にマグネットとライト切り替えスイッチ、側面にアラームとバイブ切り替えスイッチを備える。ライト切り替えスイッチは、LEDライトと液晶ディスプレイのバックライトを切り替えられる。アラーム/バイブ切り替えスイッチは、アラームだけ、バイブだけ、アラームとバイブ両方の3パターンから選択できる。音を鳴らしたくない場面に利用できて便利だ。電源はリチウムバッテリー(CR2032)2個。1日1回1分使う場合、約半年使用できる。

photo バックライトが点灯する
photo 背面にはマグネットやLEDスイッチなどを備える
photo ボタン電池2個を使用する
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.