ニュース
» 2015年08月27日 15時40分 UPDATE

東芝、エアコン14機種を発表――約30秒で40度の温風が吹き出す「秒速ダッシュ暖房」搭載

東芝ライフスタイルは、プラズマ空気清浄機能付きエアコン「DRシリーズ」計10機種と、同寒冷地向けエアコン「DRNシリーズ」計4機種を発表。9月以降順次発売する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 東芝ライフスタイルは8月27日、プラズマ空気清浄機能付きエアコンの新製品「DRシリーズ」10機種を発表した。価格はすべてオープンプライス。本体色はグランホワイトのみ。11月下旬から順次発売する。

DRシリーズ

 新製品DRシリーズは、暖房運転開始後約30秒で約40度の温風が吹き出す「秒速ダッシュ暖房」と室内機の正面約25メートル/左右約15メートルまで温風が届く「パワフル気流」機能を搭載。足元まで素早く温めることができるという。

hm_to01.jpg RAS-B406DR

 空気清浄機能を大幅に強化。「プラズマ空清」の集じん部の改良によって、空気清浄適用床面積が従来機種(2014年度モデルRAS-406SDR)の16畳から20畳へと広まった。空気中に浮遊するウィルスを99%抑制し、PM2.5、花粉、カビ、細菌を99%除去するという。プラズマ空清機能は、冷暖房との併用運転だけでなく、空気清浄のみの単独運転でも使える。

 エアコン内部のエアフィルターの清掃、送風路のカビ発生を抑制する乾燥運転、プラズマ空清による菌の減少など、エアコン内部を自動で清潔に保つ「プレミアムクリーン」機能を搭載する。

 省エネでは、低負荷時に高効率運転を可能にした「eco i-savingインバータ制御」を新採用。容量可変方式「エナジーセーブコンプレッサー」により、消費電力45ワットでの冷房・暖房運転ができる。人の位置や活動量を検知する「人サーチセンサー」、室内の明るさを判別する「明るさ(日あたり)サーチセンサー」も備える。気流の向きと冷暖房能力を自動制御する「ecoモード」によって電気の無駄を省くという。使用冷媒はすべてR32。

「DRシリーズ」の主な仕様
主な畳数 型名 電源 冷房定格能力 暖房定格能力 市場想定価格(税別)
6畳 RAS-B225DR 単相100ボルト 2.2kW 2.5kW 21万円前後
8畳 RAS-B255DR 単相100ボルト 2.5kW 2.8kW 23万円前後
10畳 RAS-B285DR 単相100ボルト 2.8kW 3.6kW 25万円前後
12畳 RAS-B365DR 単相100ボルト 3.6kW 4.2kW 26万円前後
14畳 RAS-B405DR 単相100ボルト 4.0kW 5.0kW 27万円前後
14畳 RAS-B406DR 単相200ボルト 4.0kW 5.0kW 27万円前後
18畳 RAS-B566DR 単相200ボルト 5.6kW 6.7kW 29万円前後
20畳 RAS-B636DR 単相200ボルト 6.3kW 7.1kW 31万円前後
23畳 RAS-B716DR 単相200ボルト 7.1kW 8.5kW 33万円前後
26畳 RAS-B806DR 単相200ボルト 8.0kW 9.6kW 35万円前後

寒冷地モデルDRNシリーズ

 合わせて、外気温度マイナス27度で使用可能な「DRNシリーズ」4機種も発表した。発売は9月下旬。本体色はグランホワイトのみ。

hm_to02.jpg RAS-406DRN

 マイナス15度の外気温でも定格暖房能力を発揮。6時間の連続運転が可能だ。「ダッシュ暖房」「プラズマ空清」などを搭載する。

「DRNシリーズ」の主な仕様
主な畳数 型名 電源 冷房定格能力 暖房定格能力 市場想定価格(税別)
10畳 RAS-286DRN 単相200ボルト 2.8kW 4.0kW 26万円前後
14畳 RAS-406DRN 単相200ボルト 4.0kW 5.0kW 28万円前後
18畳 RAS-566DRN 単相200ボルト 5.6kW 6.7kW 30万円前後
20畳 RAS-636DRN 単相200ボルト 6.3kW 7.1kW 32万円前後

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.