ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「冷房」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「冷房」に関する情報が集まったページです。

ネット・ゼロ達成の鍵:
ビルのデジタル化を加速する 「シングルペアイーサネット」の役割とは?
温室効果ガスの排出量を実質ゼロに抑える「ネット・ゼロ」を世界レベルで達成するためには、通信用インフラのデジタル化が必要不可欠です。本稿では、シングルペアイーサネットを導入することにより、ビルのデジタル化を図る方法について説明します。(2024/5/20)

「こういうネーミングに弱い」 冷房機器の“秀逸すぎる”商品名に「吹いた」「耐えられなかった」
じわじわくる。(2024/5/20)

山善“コンセントに刺さない”家電 売上100億円を狙う新シリーズは成功なるか?
山善は5月13日、リチウムイオンバッテリーを活用する新家電カテゴリー「ELEIN」を発表した。コンセプトは「新しいバッテリーが人を自由にする」で、第1弾商品として16商品を用意。6月上旬から順次発売する。同社家庭機器事業部長の中山尚律氏によると、初年度の売り上げは5億円を見込んでいるという。(2024/5/16)

旅館・ホテルの6割が「景況感が良い」と回答 旅行単価は引き続き上昇傾向
帝国データバンクが調査結果を発表した。(2024/4/30)

知らないと損!?業界最前線:
30畳対応の大風量なのに静か、シャープ初の「サーキュレーター」が採用する“ネイチャーテクノロジー”とは?
シャープが同社初のサーキュレーターを発売した。“フクロウの翼”形状を応用した新開発のファンで、大風量と静音性を両立。開発に3年以上をかけたという。さらに工具不要で分解清掃でき、洗濯物の生乾き臭を消臭するプラズマクラスターNEXTを搭載する。開発を担当したシャープの担当者に話を聞いた。(2024/4/27)

省エネ機器:
塗布するだけで空調設備を省エネに、マクニカが遮熱断熱塗料の販売を開始
クニカが冷暖房や冷蔵、冷凍などに使用する室外機向けの遮熱断熱塗料「マクニカット」の販売を開始したと発表した。(2024/4/24)

第6回「建築物の販売・賃貸時の省エネ性能表示制度に関する検討会」:
既存住宅の省エネ性能表示に新制度、「改修等部位ラベル」が2024年秋にスタートへ
国交省では膨大なストックが存在する既存建築物においても「省エネ性能表示制度」の適用拡大を目指し、2024年秋から「改修等部位ラベル」という新たな表示スキームの導入を開始する。(2024/4/22)

「玄関前が台無し」なエアコン室外機が…… DIYのカバーでスタイリッシュに激変「こんなの欲しい」
ビフォーアフターで比べると違いは明らか。(2024/4/21)

カーボンニュートラル:
愛三工業の新工場新築で、大林組が環境配慮型工場の実現へ
大林組は、愛三工業の安城新工場(仮称)新築工事で、帯水層蓄熱空調システムなどの導入により、環境配慮型工場の実現を目指している。(2024/4/17)

「タケノコ」を見たらエアコン試運転 シャープとヤフーの斬新な提案
シャープは8日、ヤフー・データソリューションと共同で「たけのこを見たらエアコンの試運転をしてほしい」という提案を始めた。(2024/4/9)

プロジェクト:
「赤坂」駅直結で40階建てオフィスと劇場含む18階建て2棟が2028年誕生、三菱地所とTBS
三菱地所とTBSホールディングスが計画する赤坂二丁目と六丁目の一体再開発が、本格始動する。高さ207メートルの40階建て高層ビルと、劇場やホール、ホテルから成る18階建ての2棟で街区を構成し、2028年3月末の完成を目指す。(2024/3/31)

スマートビル:
“麻布台ヒルズ”が第1回「脱炭素都市づくり大賞」受賞 AIのエネ最適化など評価
森ビルが管理運営する「麻布台ヒルズ」が、第1回目となる「脱炭素都市づくり大賞」にて最優秀賞「国土交通大臣賞」を受賞した。街づくりGXを推進する特に優れた事業として、AIを用いたエネルギー利用の効率化や緑地創出の取り組みなどが評価された。(2024/3/25)

国際結婚の夫妻、アメリカ人夫と永遠に分かり合えないテーマとは…… 「私と同じ(笑)」「わかりすぎて笑いました!」
共感の声が続出。(2024/3/23)

専門家は急速な市場成長を予測:
これは確かに「スマートなホーム」だ NXPがCESで示したMatterの可能性
2022年10月にバージョン1.0がリリースされた、スマートホーム規格「Matter」。これまでは、Matterの真の利便性を示すことができるデバイスがほとんど存在しない状態が続いていたが、NXP Semiconductorsが「CES 2024」で展示したデモでは、Matterで実現するスマートホームの可能性が示されていた。(2024/3/13)

プロジェクト:
コーエテクモの光優が運営する「ゲームミュージアム」や29階建てオフィスを含む、MM21街づくりに大和ハウスが着工
大和ハウス工業と光優は、神奈川県横浜市西区のみなとみらい21中央地区で、世界初を謳うゲームアートミュージアムや地域熱供給プラント、29階建てオフィスから成る街づくりに、2027年7月の開業を目標に着工した。(2024/3/11)

築50年古民家に暮らして3年、今だから言えるメリットとデメリットとは? リアルな声と家族の生活風景が参考になる
良いところも悪いところも、全てが魅力!(2024/3/7)

クーラー付き“犬小屋”を店頭でシェア アプリでカギ開閉、見守りも 御殿場のアウトレットモールで実証実験
旭化成ホームズは、冷房機能が付いた犬小屋「WanPod(ワンポッド)」の実証実験を「御殿場プレミアム・アウトレット」で3月20日から実施する。(2024/3/6)

ZEB:
2024年4月から始まる住宅・建築物の「省エネ性能表示制度」、そのポイントをおさらい
建築物の省エネ性能の周知を目的に、2024年4月からスタートする「建築物の販売・賃貸時の省エネ性能表示制度」。本稿では同制度の概要や、運用方法の概要などについて解説する。(2024/2/26)

和田憲一郎の電動化新時代!(50):
EVシフトの伸び悩み期間「プラトー現象」を乗り越えるには
2024年に入り、EVシフトに関して、ネガティブなニュースも数多く見られるようになってきた。ニュースに一喜一憂する訳ではないが、これまで急激なEVシフトに対して、やや揺り戻しが起きているのではと感じる。(2024/2/16)

冬に猫が過ごしやすい温度は何度? 寒がっていると分かるサインは? 知っておきたい猫の寒さ対策を解説
猫が寒いと感じるサインや寒さ対策について紹介します。(2024/2/15)

スピン経済の歩き方:
ワークマン「職人を軽視してる」批判は気にしなくていい、これだけの理由
「#ワークマン女子」などが好調なワークマンが、既存顧客である職人から叩かれているようだ。しかし同社としてはまったく気にする必要ないと考える。理由は……。(2024/2/14)

グリーンコンピューティングの基本
電力消費の無駄をなくすデータセンター「エコ化」の8ステップ
データセンターにおける環境配慮の方針を具現化するためのさまざまな方法がある。現状把握から実践まで、環境とビジネスにメリットをもたらす8つのステップを紹介する。(2024/2/13)

パナ、AI制御で電気代削減 2020年代後半に世界展開へ 業務用、サブスク検討
世界的な脱炭素の流れに加え電気代高騰で、業務用空調の省エネニーズが高まっており、電機各社には新サービスや製品を打ち出す動きが広がっている。(2024/1/31)

パナ、AI制御で電気代削減 2020年代後半に世界展開へ 業務用、サブスク検討
パナソニックホールディングス(HD)が人工知能(AI)で業務用空調を制御して電気代を削減するサービスを2020年代後半に海外展開することが30日、分かった。まずは今年4月から国内のオフィス・店舗向けにサービスを始め、米国や欧州などに広げていく。世界的な脱炭素の流れに加え電気代高騰で、業務用空調の省エネニーズが高まっており、電機各社には新サービスや製品を打ち出す動きが広がっている。(2024/1/30)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
昆布が連れてくる温暖化の現実味
実感することで、人々の行動は変わっていくはず。(2024/1/24)

オートモーティブ 年間ランキング2023:
電池のSOCやSOHとは? eAxleを巡る状況は? 2023年に読まれた自動車の記事
「そうそう、これは今年の話題だよなあ」なんて2023年の記事を振り返っていただきたく、毎年恒例の年間ランキングをお届けします。2022年より前のランキングも意外と面白いですよ。(2023/12/27)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
“ぶるぶる”するほど寒いのに、ワークマンの「冷暖房ベスト」はなぜ売ってないの?
ワークマンの「冷暖房ベスト」が人気である。今年の5月に発売したところ、3カ月ほどで完売。寒くなってきたので、再び売れているのかなと思っていたら……。(2023/12/23)

知らないと損!?業界最前線:
アイデア家電サンコーの「着る暖房」が、6億の売り上げを稼ぎ出した舞台裏
「着る暖房」が注目を集めている。ここにきて一気に寒さが増してきたが、光熱費の高騰により暖房器具の選択は切実な問題だ。着る暖房はエアコンなどとは異なり、人だけを暖めるため省エネ効果が高い。着る暖房を数多く手がけるサンコーのプロダクトマネージャーに今季製品の新機能などを聞いた。(2023/12/23)

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
AR技術でZEBの効果を可視化する「建築模型AR」を東急建設が開発
東急建設とARスタートアップのOnePlanetは、建築模型とAR技術を組み合わせてZEBの内部構造や全体像を可視化する「建築模型AR」を初公開した。(2023/12/21)

犬に暖房は必要! 暖房を使う上での適温や乾燥などの注意点などを紹介
犬には毛皮があるため、寒い冬でも暖房は必要ないと思っていませんか?(2024/1/9)

2023年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
PC USERでモバイルディスプレイやスマートスピーカー回りの連載をしている山口さんに、2023年に使って良かったデバイスを挙げてもらった。(2023/12/15)

法制度・規制:
「くらしGX」を実現へ――家庭・業務部門の省エネ・非化石転換政策の今後
政府では「暮らし」に関連する需要家分野のGXを「くらしGX」と呼び、重点分野の一つとして分野別投資戦略の策定を進めている。「省エネルギー小委員会」第43回会合では、こうした需要サイドにおける今後の省エネ・非化石転換政策について検討が行われた。(2023/12/12)

パナソニックRE100ソリューション(後編):
水素で工場の電力をまかなうとどんな成果が生まれるのか
パナソニックは再生可能エネルギー100%で設備を稼働させるRE100ソリューションを展開しているが、本稿では先行して実証を進めていた草津RE100ソリューション施設「H2 KIBOU FIELD」の実証内容とその実績について掘り下げて紹介する。(2023/11/29)

冬の電気代を節約する方法 2位「電気代の安い暖房器具」、1位は?
電気代高騰の折、暖房が欠かせない冬は節電への関心が高まる。不動産の情報メディアを運営するAlbaLink(東京都江東区)が冬の電気代について調査を実施した。(2023/11/27)

もう待ったなし! Matterで広がる快適ライフ:
アップデートで赤外線リモコン対応家電もMatter経由で利用可能に! スマートリモコン「SwitchBot ハブ2」を試した
スマートリモコンの「SwitchBot ハブ2」が、アップデートによって赤外線リモコン対応家電もMatter経由で利用可能になった。実際に試してみた。(2023/11/20)

捕獲器を洗って干したら“猫が勝手に入ってた” 自ら保護されにきた猫の捕獲現場と現在の姿に「可愛くて笑っちゃう」
現在はドヤ顔で居候中です。(2023/11/12)

「ごはん」と聞いて駆けつけた猫、しかし皿は空っぽで…… 感情丸わかりながくぜんの表情に笑ってしまう
ごはんと聞いたら落ちついていられないよね。(2023/11/7)

セキュリティ対策としてのAWS移行のススメ:
中堅・中小企業がビジネスとセキュリティを両立するためのAWS活用術
セキュリティ対策かビジネスのミッション達成か――。これまで中堅・中小企業が抱えていた課題を解決するためにAWSが有効なワケとは。(2023/10/27)

太陽光:
太陽光発電と家電が連携、快適性と省エネを両立するシャープの新サービス
シャープが同社のクラウドHEMSサービス「COCORO ENERGY」において、太陽光発電システムの電気を家電の運転に有効活用し、電気代を抑制する新サービス「ソーラー家電連携」の提供を開始する。(2023/10/25)

STマイクロ SPSB081:
CAN FD/LINトランシーバー搭載の車載用PMIC
STマイクロエレクトロニクスは、車載用パワーマネジメントIC(PMIC)「SPSB081」シリーズを発表した。LDOレギュレーター、セカンダリーLDOレギュレーター、4つのハイサイドドライバー、CAN FDトランシーバーなどを備えた。(2023/10/24)

海外医療技術トレンド(100):
DXとGXで先行する北欧の医療“SX”イノベーション
本連載第32回、第45回、第51回、第57回、第90回で北欧諸国のデータ駆動型デジタルヘルス施策を取り上げてきたが、今回は医療に焦点を当てる。(2023/10/20)

BAS:
パナソニック 空質空調社の次の事業戦略 ガス/電気一体型空調やクラウド運用、生産拠点の国内回帰へ
パナソニック 空質空調社は、業務用の空調システムとして電気空調/ガス空調を展開し、オフィスや店舗などの小型施設用から、工場やビルといった大型施設まで、それぞれに対応する幅広い製品をラインアップしている。近年では、空質機器や空質空調連携システムなど、複数の機能を一体化した業務用システムで、多様化する市場ニーズにも応えている。(2023/10/16)

夏ようやく終了 エアコンは忘れず「送風運転3〜4時間」 内部のカビ予防──パナソニック
例年以上に酷使したエアコンには、水や汚れが溜まり、カビ菌が繁殖してニオイが発生する原因になるとパナソニックは指摘する。(2023/10/9)

組み込み採用事例:
コイズミのタワーファンが音声認識AI技術を採用、オフライン音声操作が可能に
菱洋エレクトロの音声認識AI技術が、小泉成器の冷暖房機器「ホット&クール プレミアム」に採用された。ユーザーの仕様にカスタマイズして提供する音声認識モジュールを内蔵し、オフラインでの音声操作と音声応答機能を搭載した。(2023/10/5)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
子どもを持つことで生まれる未来を守りたい気持ち
子どものいない私は誰のために?(2023/10/4)

約半数が「ペーパーレス」を実践 「脱・紙」の課題とは?
半数以上のビジネスパーソンが環境貢献に寄与するための活動として、ペーパーレスを実践していることが、アドビ(東京都品川区)の調査で明らかとなった。(2023/9/27)

スマートエネルギーWeek 秋 2023:
パナソニック×ヤンマーで目指す「廃熱」の資源化、熱を冷房にも活用可能に
パナソニックとヤンマーが「スマートエネルギーWeek 秋 2023」に共同出展。「1%のエネルギーもムダにしない社会へ」を目標に掲げ、業務用発電機(マイクロコージェネレーション)の廃熱を空調全般で活用するシステムの共同提案を進める。(2023/9/26)

猛暑でエアコン使用時間が増えた地域、2位は青森県、1位は?
パナソニックは22日、「エオリアアプリ」の利用データをもとに「夏のエアコン使用実態調査」結果を発表した。(2023/9/22)

材料技術:
薄膜でガスバリア性を発現するコート剤と温度を調整できる樹脂蓄熱材
住友化学は「エヌプラス2023」でガスバリアコート剤「STRADER」と樹脂製蓄熱材「ヒートレージ/コンフォーマ」を披露した。(2023/9/22)

八重洲エリア再開発、大型複合施設を整備 2024年度着工へ
東京建物(東京都中央区)は9月15日、「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」について、権利変換計画の認可を受けたと発表した。工事の着工は2024年度を予定しており、南街区の竣工は28年度、北街区の竣工は31年度を予定している。(2023/9/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。