ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「冷房」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「冷房」に関する情報が集まったページです。

BAS:
クラウド×AIで設備管理の完全自動化を目指す、アズビルの提案する未来志向のBAS
アズビルは、2050年のカーボンニュートラル達成や設備管理者の人手不足の波を受け、建物管理の完全自動化までのロードマップを定めている。自動化の実現には、クラウドやAI、ビッグデータの活用が不可欠で、現状でもワークプレースの在り方や設備の維持管理業務を効率化させるデジタル技術を用いた各種サービスを展開し、さらなる機能拡張を計画している。(2022/5/13)

製品動向:
アズビルが新たな全館空気清浄換気専用システムを発売、第1種熱交換換気を採用
アズビルは、PM2.5やウイルスなどにより住宅内の空気環境で発生する問題を解消するソリューションとして全館空気清浄換気システム「e-kikubari」の販売を開始した。(2022/5/10)

とことこ歩くシロフクロウ、気配を感じて……「うわぁっ!?」 突然飛んできた同居フクロウに驚く姿がかわいい!
アニメみたい。(2022/5/7)

オールステンレス車両:
伝説の車両「7000系」は、いまどうなっているのか
「銀色の電車」として名をはせたオールステンレス車両「7000系」。その伝説の車両は大阪府貝塚市を走る水間鉄道に引き継がれ、7000系を改造した「1000形」は今も現役。7000系車両が保管されている水間観音駅は鉄道ファンの聖地となっている。(2022/5/4)

リテール&ロジスティクス:
福岡県小郡市で延べ約9.1万m2の物流施設の開発に着手、日本GLP
日本GLPは福岡県小郡市で物流施設「GLP福岡小郡」の開発に着手した。今後は、2022年7月に着工し、2023年11月の竣工を予定しており、投資総額は約145億円となる見込みだ。(2022/5/2)

シャープ「今のうちにエアコンの試運転を」 夏の修理待ちで詰む前にやっておきたい知恵が話題に
今すぐやってみよう。(2022/4/30)

ZEH:
長谷工グループが2022年度以降、全マンションを“ZEH化”
長谷工グループは、2050年のカーボンニュートラルを目指す取り組みの一環で、2022年度以降に設計に着手する新築マンションと自社で保有する賃貸マンションで完全ZEH化することを表目した。(2022/4/26)

仕訳ワンポイントレッスン:
エアコンの固定資産区分は「器具備品」か、「建物附属設備」か? 壁掛け型とダクト型で違い
オフィスに設置したエアコンの固定資産区分は「器具備品」なのか。それとも、「建物附属設備」か?(2022/4/25)

プロジェクト:
渋谷区渋谷4丁目でペット持ち込み可能フロアを備えた老人ホームが竣工、ヒューリック
ヒューリックは、渋谷区渋谷4丁目で開発を進めていた老人ホーム「ホスピタルメント青山」が2022年3月に竣工したことを公表した。(2022/4/22)

22年度中の発売を目指す:
後部座席が丸ごとテレワークスペース 日産とイトーキ、モバイルオフィスカー「MOOW」を共同開発
日産自動車とイトーキが、後部座席でテレワークができるモバイルオフィスカー「MOOW(ムーウ)」を共同開発した。(2022/4/18)

一戸建て派が7割:
「一戸建て」または「マンション」のメリット、デメリットは?
マイホームを購入する際、一戸建てまたはマンションに悩む人も多いだろうが、どちらを購入している人が多いのだろうか。マイホームを買った人に聞いた。(2022/4/16)

電動化:
デンソーの電動化製品が「bZ4X」と「ソルテラ」に採用、走行中除霜などで世界初
デンソーが新型EVであるトヨタ自動車の「bZ4X」とSUBARUの「ソルテラ」に採用された電動化製品について説明。新開発品としては、電流センサー、充電/電力変換/電力分配の各機能を集約したESU、大気中の熱をエアコンの熱源とする高効率エコヒートポンプシステム、乗員の膝元を暖める輻射ヒーターが採用された。(2022/4/14)

早めの「エアコン試運転」、経産省など呼び掛け 去年は購入者の3割が“2週間待ち”に
経済産業省は11日、夏前のエアコン試運転を呼びかけた。今年はエアコンメーカーや業界団体も歩調を合わせて早期の試運転を呼び掛け始めた。(2022/4/11)

地震頻発で節電対策が急務:
電力ひっ迫警報、7割が「節電対策した」 停電で困ること1位は?
日本トレンドリサーチは3月21日に「電力需給ひっ迫警報」が発令されたことを受け「節電に関するアンケート」を行った。警報発令時に普段はしていない節電対策を追加で行った人は69.0%だった。(2022/4/12)

2年連続で1位:
グランピングが人気の宿ランキング、1位は山梨県の……?
「楽天トラベル」が発表した「グランピングが人気の宿ランキング」の結果によると、3位は千葉県の「キャメルホテルリゾート」、2位は大阪府の「GRAN CAMPING パームガーデン舞洲 by WBF」だった。1位は?(2022/4/11)

脱炭素:
NECファシリティーズ、寒冷地特化の環境負荷低減ソリューション提供開始
NECファシリティーズは、寒冷地に特化した「環境負荷低減ソリューション」を提供開始した。主に、山形県と新潟県で、電子部品や食品工場を有する企業を対象に提供する。(2022/4/4)

プロジェクト:
福岡県福岡市で延べ1.6万m2のオフィスビルが着工、鹿島建設
鹿島建設は、2023年6月の竣工に向け、福岡県福岡市でオフィスビル「(仮称)鹿島中洲中島町オフィスビル」の開発を進めている。(2022/3/29)

産業動向:
丸の内熱供給らが大規模熱源システム向け「AI制御システム」を開発
丸の内熱供給と新菱冷熱工業は、冷凍機システムの冷却水温度と冷却水流量を最適値に調整する「AI制御システム」を構築した。今後は、冷水圧力・冷水温度の制御範囲を広げ、AIによる運転台数の最適化に活用範囲を拡大し、大規模熱源を対象としたAI制御システムの性能を向上する。(2022/3/16)

東京・八重洲:
東京駅前の再開発 2025年に新たな複合施設が誕生
東京建物が進めてきた「東京駅前八重洲一丁目東A地区市街地再開発事業」について、東京都知事より組合設立の認可を受け「市街地再開発組合」を設立したと発表した。(2022/3/4)

車載ソフトウェア:
ボッシュが研究開発拠点を新設、横浜市都筑区にグループの4割以上の人員が集まる
Robert Boschの日本法人ボッシュは2022年2月24日、横浜市都筑区に研究開発施設を新設すると発表した。(2022/2/28)

グランドーム 富士忍野:
山梨・忍野村に全8棟のグランピング施設 プライベートプールや焚火スペースを設置
にしがき マリントピアリゾートが、山梨県忍野村に全8棟のグランピング施設「GLAMP DOME-グランドーム-富士忍野」を開業する。(2022/2/21)

影響が出たものは「電気」「ガソリン」:
値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?
NEXERが運営する「日本トレンドリサーチ」が「値上げについてのアンケート」を実施した。(2022/2/21)

プロジェクト:
木造中層新築賃貸マンションが稲城市で竣工、完成後1カ月以内にほぼ満床のワケとは?
三井ホームは、東京都稲城市百村で、「稲城プロジェクト」として開発を進めていた新築木造賃貸マンション「MOCXION INAGI」が2021年11月に完成したことを発表した。MOCXION INAGIに設置された各部屋の賃貸価格は、東京都調布市の賃貸マンション価格と同水準に設定されており、東京都稲城市の賃貸マンション価格より約30%高いが、遮音性やデザイン性、高級感を評価され、2021年12月8日時点で、全住戸の9割で入居の申し込みを受けている。(2022/2/18)

客室温泉やプライベートプールも:
千葉県鴨川市に、複合型リゾート「シーサイドテラス千葉鴨川」オープン 滞在スタイルの選択を可能に
マリントピアリゾートは、千葉県鴨川市にグランピング施設とヴィラを配した複合型リゾート施設「シーサイドテラス千葉鴨川」をオープンすると発表した。(2022/2/10)

脱炭素:
LIXIL、住宅の高性能化に関する報告書を公表
LIXILは、報告書「脱炭素社会の実現に向けた住宅の高性能化について」をまとめた。日本の住宅の単板ガラスを全てトリプルガラスの窓に換えた場合、熱の流出を約80%低減でき、推計で年間1,509万tのCO2を削減できるという。(2022/2/10)

オリオンビールがオフィス移転で直面した「サーバ置けない問題」 それでも数カ月でクラウド化できたワケ
オフィス移転によってサーバ室が使えなくなる危機に陥ったオリオンビール。社内システムの移行先にはAWSを選んだが、作業時間は残り数カ月。タイムリミットが迫る中、それでも同社がクラウド化できた理由とは。(2022/2/8)

ダイキンが節電に役立つエアコンの豆知識を紹介 「加湿で体感温度アップ」「短時間の外出ならかけっぱなしに」
設定温度を1度下げるだけで、約10%の節電になるそうです。(2022/2/2)

戸建て購入者が選ぶ「後悔した間取り」ランキング 2位「狭いバルコニー」、1位は?
南勝は、戸建注文住宅での「後悔した間取り」に関する調査結果を発表した。その結果、自宅の間取りに後悔している人は56.6%に上り、後悔した間取りの1位は「窓の位置」だった。「狭いバルコニー」(2位)、「ウォークインクローゼット」(3位)がそれぞれ続いた。(2022/1/31)

産業動向:
多様な再エネ熱を熱源としたヒートポンプシステムの実証試験を開始、NEDO
NEDOは、鹿島建設とゼネラルヒートポンプ工業ともに、「再生可能エネルギー熱利用にかかるコスト低減技術開発」の事業で、愛知県大府市の豊田自動織機大府工場に「天空熱源ヒートポンプ(SSHP)システムを設置し、実証試験を進めている。今回の実証試験では、鹿島建設とゼネラルヒートポンプ工業が、日建設計総合研究所と東海国立大学機構 名古屋大学と共同で、SSHPシステム運転データの収集・解析に取り組む。さらに、システムの実証運転を通して、試験で活用するSSHPと給湯用ヒートポンプチラーの効率とシステム全体の性能評価を行い、機器容量の最適化でイニシャルコストの低減を実現し、運転制御の高効率化でランニングコストの低減を達成して、実用化に向けた技術の確立を目指す。(2022/1/17)

製品動向:
三菱地所レジデンス、「マンション家計簿」に住戸ごとのCO2排出量記載
三菱地所レジデンスは、分譲マンションのランニングの水道光熱費を見える化した「マンション家計簿」をリニューアルし、新たに1住戸ごとのCO2排出量を記載した。リニューアルにより、CO2排出量削減への意識向上を図っていく。(2022/1/12)

グラデーションにも対応 BMW、ボディーカラーが変化する「E Ink」採用コンセプトカー発表
ボディカラーを黒から白にチェンジすると省エネにも?(2022/1/10)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
メガネ、クルマ、チップ――CES 2022の見どころを振り返ってみた
オミクロン株で拡大するコロナウイルス感染の最中に開催されているCES 2022。それでも重要な発表はいくつかあった。(2022/1/6)

月刊乗り鉄話題(2021年12月版):
自粛から明るい話題へ、DMVデビューで大団円! 「2021年の鉄道ニュース・乗り鉄話題」10選
乗り鉄にとって、2021年も感染症の流行で自粛を強いられる年でした。それでも明るい話題、楽しいことがいくつもありました。日本の鉄道完乗率100%の筆者が振り返ります。(2021/12/31)

省エネ機器:
年間消費量を50%削減可能に、新たな地中熱冷暖房システムの開発に成功
ベルテクス(千代田区)とエコ・プランナー(福井市)はNEDO事業の成果を活用し、あらたな地中熱冷暖房システムの開発に成功。外気熱を使う従来の空冷式エアコンに比べ、施設などの年間の消費電力量を約50%削減できるという。(2021/12/21)

帝国データバンクが全国2万社に調査:
企業の55.4%、業績悪化の可能性 「オミクロン株」感染拡大で
帝国データバンクは、全国2万3679社に「オミクロン株に対する企業の見解について」アンケートを実施。オミクロン株による今後の業績への影響は、「マイナス」と答えた企業は55.4%となった。実際の企業の声を聞いた。(2021/12/20)

海外医療技術トレンド(78):
「欧州NIS指令2」で注目される医療機器メーカーのCSIRT/PSIRTの役割
本連載第33回で取り上げた「欧州NIS指令」だが、現在、改訂版の施行に向けた作業が急ピッチで進んでいる。(2021/12/17)

戸建て購入者が選ぶ「後悔した間取り」ランキング 3位「ウォークインクローゼット」、2位「狭いバルコニー」、1位は?
南勝は、戸建注文住宅での「後悔した間取り」に関する調査結果を発表した。その結果、自宅の間取りに後悔している人は56.6%に上り、後悔した間取りの1位は「窓の位置」だった。「狭いバルコニー」(2位)、「ウォークインクローゼット」(3位)がそれぞれ続いた。(2021/1/31)

月刊乗り鉄話題(2021年12月版):
乗り鉄のイケナイ「夜遊び」 なぜか流行し出した「線内夜行列車」の魅力を探る
夜通し乗っても遠くへイケナイ「伊豆急行スターナイトエクスプレス21」に乗ってきました。夜行列車の旅は「星空」と「夜明け」がいいんですよ〜。(2021/12/10)

Innovative Tech:
「ポーズ」と「合言葉」がなければ開かない自動ドア、文教大が開発
文教大学川合研究室の研究チームは、音声と姿勢で認証する自動ドアの開閉システムを開発。自動ドアに設置したカメラで姿勢推定と音声認識を行い、あらかじめ決めておいたポーズと言葉が合致すれば開く。(2021/12/8)

満天の星が魅力:
富士山のふもと「星降る森」にグランピング施設がオープン 観光需要を取り込む
富士山のふもとに全5棟のグランピング施設がオープンする。それに伴い、リゾートグランピングドットコム上で予約受付を開始した。三密回避レジャーの展開で観光需要を取り込む狙いがある。(2021/11/29)

エアコン商戦 寒冷地で熱 暖房能力向上 灯油価格高騰も追い風
冬のエアコン商戦が始まった。灯油を使うヒーターが主流の寒冷地に向けて、家電各社は外気温がマイナス10度や20度を超えても室内がしっかりと暖まる高機能モデルを相次いで投入している。(2021/11/24)

プロジェクト:
三井不動産、パナ工場跡地「門真市松生町商業施設計画」着工
三井不動産は、大阪府門真市松生町のパナソニック工場跡地における、商業施設、分譲マンションなどからなる大規模複合街づくり型開発事業の商業施設街区「(仮称)門真市松生町商業施設計画」の起工式を行った。商業施設は2023年春に開業予定だ。(2021/11/24)

エアコン商戦 寒冷地で熱 暖房能力向上 灯油価格高騰も追い風
冬のエアコン商戦が始まった。この数年、?激戦区?として注目されるのが北海道や東北地方だ。灯油を使うヒーターが主流の寒冷地に向けて、家電各社は外気温がマイナス10度や20度を超えても室内がしっかりと暖まる高機能モデルを相次いで投入している。新型コロナウイルス禍で在宅時間が増えたことや原油高も追い風となっている。(2021/11/23)

ダイキン工業とオカムラが共同で:
“軽井沢”の風を再現? 大型送風機「ウィンドユニット」が登場
ダイキン工業とオカムラが、自然の風を再現する「ウィンドユニット」を共同で開発した。会員型コワーキングスペース「point 0 marunouchi」での実証実験を経て商品化された。(2021/11/18)

四万十町に位置する:
高知県のグランピング施設に「新エリア」誕生 プライベートプールで差別化図る
高知県・四万十町のグランピング施設「スカイヒルグランピング〜四万十の星空〜」は、2タイプの全天候型グランピングドームテントを増設した新エリアをオープンした。特徴はプライベートプールだ。他社のグランピング施設との差別化を図る。(2021/10/28)

製品動向:
年間のCO2排出量と冷暖房費を半減する新型「エアロテック」を発売、三菱地所ホーム
三菱地所ホームは、冷暖房効率と省エネ性能を上げた全館空調システム「エアロテック」の新バージョンを開発した。今後、同社では、「エアロテック Fit」を除き、2022年5月1日以降にエアロテックを納品する物件に新型を導入していく見通しだ。(2021/10/28)

プロジェクト:
総延べ床面積55万m2の再開発プロジェクトが芝浦で始動、野村不動産ら
野村不動産、野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道(JR東日本)は、東京都港区で、再開発計画「芝浦一丁目プロジェクト」の起工式を2021年9月28日に行い、総延べ床面積が約55万平方メートルの施設開発に着手した。(2021/10/26)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
気温1ケタ台の10月後半に届いた扇風機、家庭に迫る半導体不足
既に年末ムード漂うドイツでの出来事。(2021/10/21)

脱炭素:
既存システムともAPI連携可能、全事業所の電力消費量を可視化するデータ基盤
マクニカは「第1回 脱炭素経営 EXPO 秋」において、工場やビルなどを対象としたクラウド型のエネルギー管理プラットフォーム「Kisense」を展示した。(2021/10/8)

三重県のキャンプ場に、2棟限定の「グランピング施設」が誕生 キャンプ場の活用が狙い
紀伊長島レクリエーション都市開発(三重県紀北町)は、三重県内のキャンプ場にグランピング施設「シーサイドテラス グランピングドーム熊野灘」を10月にオープンすると発表した。キャンプ場の新しい活用方法を模索する狙いだ。どんな特徴があるのだろうか?(2021/10/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。