ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「暖房」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「暖房」に関する情報が集まったページです。

BAS:
クラウド×AIで設備管理の完全自動化を目指す、アズビルの提案する未来志向のBAS
アズビルは、2050年のカーボンニュートラル達成や設備管理者の人手不足の波を受け、建物管理の完全自動化までのロードマップを定めている。自動化の実現には、クラウドやAI、ビッグデータの活用が不可欠で、現状でもワークプレースの在り方や設備の維持管理業務を効率化させるデジタル技術を用いた各種サービスを展開し、さらなる機能拡張を計画している。(2022/5/13)

産業動向:
2020年度の国内床材市場規模は前年度比12.1%減の4534億円、ウッドショックが影響
矢野経済研究所は、床材メーカーや床材関連業界団体などを対象に、床材市場について2021年12月〜2022年2月に調査し、リサーチの結果をまとめたレポートを発表した。調査結果をもとに、2020年度の国内床材市場規模を前年度比12.1%減の4534億円と推計した。(2022/5/13)

材料技術:
割れた自動車用ガラスを再び自動車用ガラスに、新車採用に向けて試験生産
Audi(アウディ)とReiling Glas Recycling、Saint-Gobain Glass、Saint-Gobain Sekuritは2022年4月25日、破損した自動車用ガラスを自動車用ガラスにリサイクルするパイロットラインを立ち上げたと発表した。さまざまなプロセスを経て接着剤などガラス以外の不純物を除去し、新たな自動車用板ガラスを生産する。パイロット生産が成功すれば、将来的にEV(電気自動車)「Q4 e-tron」のガラスに採用する。(2022/5/10)

製品動向:
アズビルが新たな全館空気清浄換気専用システムを発売、第1種熱交換換気を採用
アズビルは、PM2.5やウイルスなどにより住宅内の空気環境で発生する問題を解消するソリューションとして全館空気清浄換気システム「e-kikubari」の販売を開始した。(2022/5/10)

BAS:
日機装の深紫外線LEDによる水除菌技術が、三菱地所ホームの全館空調システムに採用
日機装が開発した深紫外線LEDを用いた水除菌モジュール「PearlAqua」が、三菱地所ホームの全館空調システム「エアロテック」の加湿システムに採用された。PearlAquaは、加湿に使用する水を深紫外線で除菌することにより、清潔な水で安全性に配慮した加湿が実現する。(2022/5/9)

第6回 ジャパンビルド−建築の先端技術展−:
少子高齢化とコロナ禍の時代に物件価値を向上させる“スマートホーム化”を支援、国内1.8万戸の導入実績
アクセルラボのスマートホームソリューション「SpaceCore」は、IoTを活用して、空調や照明など各種住宅設備を連携し、快適な生活を実現するプラットフォーム。多くのデバイスと連携できるのが利点で、導入することで安全で快適な生活はもちろん、住宅の資産価値向上にもつながる。(2022/5/4)

製品動向:
気流を可視化し室内の不快感を低減する気流制御技術を開発、三菱電機
三菱電機は、室内における空気の流れ(気流)や温度分布を予測して快適な室内環境を実現する「ビル向け快適気流制御技術」を開発し、同社が神奈川県鎌倉市大船で保有するZEB関連技術実証棟「SUSTIE」で気流制御技術を用いた暖房試験を行い、有効性を確認した。今後は、さらなる効果検証のために、今回の実証実験とは異なる条件でも評価を行い、2024年度以降の実用化に向けて開発を進める。(2022/5/2)

リテール&ロジスティクス:
福岡県小郡市で延べ約9.1万m2の物流施設の開発に着手、日本GLP
日本GLPは福岡県小郡市で物流施設「GLP福岡小郡」の開発に着手した。今後は、2022年7月に着工し、2023年11月の竣工を予定しており、投資総額は約145億円となる見込みだ。(2022/5/2)

小寺信良のIT大作戦:
持続時間2倍・外部電源でガン冷え 「REON POCKET 3」を試して分かったその進化っぷり
「着るエアコン」ことソニーの「REON POCKET 3」。3世代目になってどう変わったのか、試してみた。(2022/4/27)

ZEH:
長谷工グループが2022年度以降、全マンションを“ZEH化”
長谷工グループは、2050年のカーボンニュートラルを目指す取り組みの一環で、2022年度以降に設計に着手する新築マンションと自社で保有する賃貸マンションで完全ZEH化することを表目した。(2022/4/26)

〈5社共催〉ヒートショック対策リフォーム セミナーレポート:
高齢化社会の住まいで避けては通れない「ヒートショック」、住宅設備メーカー各社の対応製品とは?
かつてない超高齢化社会へ向いつつある我が国において、住まいに関わる重要課題として、ここ最近クローズアップされているのが、「ヒートショック」問題である。現在でも、交通事故による死者数よりも多くの人々が、ヒートショックによる家庭内事故で亡くなっているという。(2022/4/25)

プロジェクト:
渋谷区渋谷4丁目でペット持ち込み可能フロアを備えた老人ホームが竣工、ヒューリック
ヒューリックは、渋谷区渋谷4丁目で開発を進めていた老人ホーム「ホスピタルメント青山」が2022年3月に竣工したことを公表した。(2022/4/22)

22年度中の発売を目指す:
後部座席が丸ごとテレワークスペース 日産とイトーキ、モバイルオフィスカー「MOOW」を共同開発
日産自動車とイトーキが、後部座席でテレワークができるモバイルオフィスカー「MOOW(ムーウ)」を共同開発した。(2022/4/18)

一戸建て派が7割:
「一戸建て」または「マンション」のメリット、デメリットは?
マイホームを購入する際、一戸建てまたはマンションに悩む人も多いだろうが、どちらを購入している人が多いのだろうか。マイホームを買った人に聞いた。(2022/4/16)

女性100人に聞いた:
「新婚生活で嫌だったこと」 3位は「義理の家族との付き合い」、2位と1位は?
リクルートは、入籍から3年未満の20〜30代の女性に、「新婚の新生活」について調査を実施した。新婚新生活で嫌だったこと1位は、「いびきがうるさい」だった。(2022/4/16)

電動化:
デンソーの電動化製品が「bZ4X」と「ソルテラ」に採用、走行中除霜などで世界初
デンソーが新型EVであるトヨタ自動車の「bZ4X」とSUBARUの「ソルテラ」に採用された電動化製品について説明。新開発品としては、電流センサー、充電/電力変換/電力分配の各機能を集約したESU、大気中の熱をエアコンの熱源とする高効率エコヒートポンプシステム、乗員の膝元を暖める輻射ヒーターが採用された。(2022/4/14)

プロジェクト:
東京・練馬区で全住戸にIoT設備を導入した新築分譲マンションを開発、伊藤忠都市開発
伊藤忠都市開発は、日鉄興和不動産とともに、東京都練馬区東大泉で開発を進めている新築分譲マンション「クレヴィア大泉学園」のモデルルームを、東京都渋谷区代々木の「ギャラリークレヴィア新宿」内で2022年1月8日にオープンした。クレヴィア大泉学園で導入しているIoT設備は、ギャラリークレヴィア新宿内のモデルルームに備え、家電や照明などの操作を体感できる。(2022/4/12)

地震頻発で節電対策が急務:
電力ひっ迫警報、7割が「節電対策した」 停電で困ること1位は?
日本トレンドリサーチは3月21日に「電力需給ひっ迫警報」が発令されたことを受け「節電に関するアンケート」を行った。警報発令時に普段はしていない節電対策を追加で行った人は69.0%だった。(2022/4/12)

2年連続で1位:
グランピングが人気の宿ランキング、1位は山梨県の……?
「楽天トラベル」が発表した「グランピングが人気の宿ランキング」の結果によると、3位は千葉県の「キャメルホテルリゾート」、2位は大阪府の「GRAN CAMPING パームガーデン舞洲 by WBF」だった。1位は?(2022/4/11)

節電エアコンをサブスク 脱炭素時代の新世界戦略
生産工程や物流の見直し、燃料費の上昇など、脱炭素へ向けた企業の負担が増大する中、空調メーカーはピンチをチャンスに変えられるのか。(2022/4/11)

節電エアコンをサブスク 脱炭素時代の新世界戦略
エアコン業界では、省エネ性能の高いエアコンのサブスクリプション制度や、CO2排出量の少ない「ヒートポンプ式」暖房機器の増産など、脱炭素に軸足を置いたビジネスを各社が展開する。(2022/4/11)

Go AbekawaのGo Global!〜緊急特別編:
「私たちのことを話題にし続けて」 ウクライナのエンジニアが今、日本の皆さんに伝えたいこと
ウクライナのキエフでIT企業を営み、自身もITエンジニアであるCyril Samovskiy(キリル・サモフスキー)さん。爆破された空港を避け、渋滞する避難の車列を離れ、南へと向かったキリルさん一家は今どこで何をしているのか。キリルさんから日本の皆さんへのメッセージ動画付き。(2022/3/31)

ネットワークの9つの問題と解決法【第1回】
無線LANがつながらないのはキャビネットのせい? 通信トラブルの対策集
「接続が遅い」「印刷できない」「VPNに入れない」――。企業ネットワークの利用はさまざまなトラブルが付き物だ。快適に仕事できるようにするためにはどうすればよいのか。ヒントを集めた。(2022/3/31)

プロジェクト:
福岡県福岡市で延べ1.6万m2のオフィスビルが着工、鹿島建設
鹿島建設は、2023年6月の竣工に向け、福岡県福岡市でオフィスビル「(仮称)鹿島中洲中島町オフィスビル」の開発を進めている。(2022/3/29)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
電力需給逼迫の夜、毛布にくるまって「電力インフラ」に思いをはせた
やはり蓄電技術にかかっているとも思われます。(2022/3/29)

停電のおそれで配信イベントを延期 ゴールデンボンバー、三澤紗千香さんも
東京電力管内の電力需給ひっ迫を受け、3月22日に予定していた動画配信イベントを延期するケースが相次いだ。(2022/3/22)

デジタル防災を始めよう:
厳しい電力需給続く 今すぐできる節電・寒さ対策を実践しよう
連載「デジタル防災を始めよう」ではこれまで、停電時や寒さの対策について報じてきたが、電力ひっ迫と寒波がダブルでやってきた現在の状況に対応するための方法について改めてまとめた。(2022/3/22)

東京電力「実際は100%超えていません」 電力使用状況“100%超え”表記の理由を聞いた
ギリギリの状況は続いています。(2022/3/22)

東北電力管内も「需給ひっ迫警報」 午後3時台の使用率97%
東北電力は22日、電力需給が非常に厳しい状況にあるとして、利用者に節電への協力を呼びかけた。経済産業省は「需給ひっ迫警報」を発出。(2022/3/22)

東電管内で4060軒が停電 「電力ひっ迫が原因ではない」
静岡県や神奈川県、埼玉県で合わせて4060軒が停電。ただし東電パワーグリッドは今回の電力需給ひっ迫とは関係ないとみている。(2022/3/22)

大規模停電リスク:
首都圏“ブラックアウト危機”いつまで? 初の電力需給逼迫警報
福島県沖で発生した地震による一部の火力発電所停止や関東地方の気温低下で、東京電力管内の電力需給が危機的状況だ。経済産業省と東京電力ホールディングスは22日、節電を呼び掛けたが、電力供給は綱渡りが続く。専門家は「政治決断がなければ今後数年間は大規模停電のリスクは続く」と警告する。(2022/3/22)

「エアコン1度下げれば10%の節電に」──家電の節電方法、シャープが案内 「電力需給ひっ迫警報」発令中
シャープは公式Twitterアカウント(@SHARP_JP)でエアコンや洗濯機、冷蔵庫などの節電方法を紹介した。東京電力管内では電力需給ひっ迫警報が出されており、停電が懸念されている。(2022/3/22)

「暖房は20度が目安」「カーテンで断熱」 シャープ公式Twitterが家電の節電方法を拡散、東電管内の電力ひっ迫を受け
厚着もしてしのごう……。(2022/3/22)

東電管内、電力使用率100%超え さらなる節電呼びかけ【更新】
東京電力管内の電気使用量が22日午前10時台に4455万kWとなり、供給予測値の101%に達した。午前11時には4498万kWとさらに増加している。(2022/3/22)

東電、管内に22日の節電呼び掛け 電力需給が極めて厳しい見通し
東京電力ホールディングスは21日、連休明け22日の電力需給が極めて厳しい見通しだとして、管内の一般利用者や顧客企業に節電への協力を呼び掛けた。16日深夜に福島県沖で発生した最大震度6強の地震の影響で東日本で一部の火力発電所の運転停止が続き供給力が落ちている中、22日は気温の低下で暖房用需要が増えると見込まれるためだ。(2022/3/22)

エネルギー管理:
経産省が初の「警報」と節電要請、東京電力エリアの電力需要がひっ迫
経済産業省・資源エネルギー庁が、3月22日に東京電力管内の電力需給が極めて厳しくなる見込みとして、初の「需給ひっ迫警報」を発令した。東京電力ホールディングス(以下、東京電力)とともに、節電への協力を呼びかけている。(2022/3/22)

産業動向:
丸の内熱供給らが大規模熱源システム向け「AI制御システム」を開発
丸の内熱供給と新菱冷熱工業は、冷凍機システムの冷却水温度と冷却水流量を最適値に調整する「AI制御システム」を構築した。今後は、冷水圧力・冷水温度の制御範囲を広げ、AIによる運転台数の最適化に活用範囲を拡大し、大規模熱源を対象としたAI制御システムの性能を向上する。(2022/3/16)

家電メーカー進化論:
認知度50%から国内シェア1位へ、サブスク殺到のデロンギ・ジャパン社長の戦略
コーヒーメーカーやオイルヒーターなどで知られるイタリアの家電メーカー、デロンギ。認知度50%、ダウントレンドの売り上げという状況から、国内の電気ストーブやコーヒーメーカー市場で金額シェア1位となるまでの道のりを、日本法人のデロンギ・ジャパンの成長を牽引した杉本敦男社長に聞いた。(2022/3/16)

石油ファンヒーターが長持ちする片付け方を家電メーカーがアドバイス 安全のために心掛けたいこととは?
残したまま放置すると、灯油が劣化して故障の原因になってしまいます。(2022/3/15)

東京・八重洲:
東京駅前の再開発 2025年に新たな複合施設が誕生
東京建物が進めてきた「東京駅前八重洲一丁目東A地区市街地再開発事業」について、東京都知事より組合設立の認可を受け「市街地再開発組合」を設立したと発表した。(2022/3/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
原油価格が史上最速ペースの値上がり 「第三次オイルショック勃発」の可能性も
原油価格が歴史上類を見ないスピードで値上がりしている。2020年にはマイナス価格になったこともあるNY原油先物が、22年の初めには75〜80ドル近辺まで値上がりした。そして3月に入ると、年初からさらに4割も暴騰し、一時は1バレル=112ドルを突破したのだ。(2022/3/4)

オフィス探訪(point0後編):
仮眠室やシャワー室も実験会場 ワークスペース「point 0 marunouchi」で分かったこと
コロナ禍で、ビジネスパーソンの働き方は大きく変わり、今やテレワークが当たり前の世界になった。そのなかでも、point0社が運営する「point 0 marunouchi」は、各企業が常に実証実験を行っている新しいコワーキングスペースだ。(2022/3/2)

「夢が叶った!」 元ボクシングの内藤大助、夢の「秘密基地ハイエース」納車 もうニコニコが止まらない
わぁぁー、夢をぜんぶ詰めこんだような豪華仕様。屋根も開く〜!!(2022/3/1)

エアコンの室外機が壁から宙づりに…… 雪による無惨な光景に恐怖する声
屋根からせり出した雪庇(せっぴ)の脅威。(2022/2/28)

グランドーム 富士忍野:
山梨・忍野村に全8棟のグランピング施設 プライベートプールや焚火スペースを設置
にしがき マリントピアリゾートが、山梨県忍野村に全8棟のグランピング施設「GLAMP DOME-グランドーム-富士忍野」を開業する。(2022/2/21)

影響が出たものは「電気」「ガソリン」:
値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?
NEXERが運営する「日本トレンドリサーチ」が「値上げについてのアンケート」を実施した。(2022/2/21)

プロジェクト:
木造中層新築賃貸マンションが稲城市で竣工、完成後1カ月以内にほぼ満床のワケとは?
三井ホームは、東京都稲城市百村で、「稲城プロジェクト」として開発を進めていた新築木造賃貸マンション「MOCXION INAGI」が2021年11月に完成したことを発表した。MOCXION INAGIに設置された各部屋の賃貸価格は、東京都調布市の賃貸マンション価格と同水準に設定されており、東京都稲城市の賃貸マンション価格より約30%高いが、遮音性やデザイン性、高級感を評価され、2021年12月8日時点で、全住戸の9割で入居の申し込みを受けている。(2022/2/18)

デジタルネイティブのためのユーザー体験(モビリティ編):
トヨタの超小型2人乗りEV「C+Pod」でさいたま〜東京を往復してみた 「FOMM ONE」とどう違う?
モビリティーシェアリングサービスを使い、話題の超小型EVに乗ってみた。(2022/2/16)

経産省が冬の“ヒヤリハット”について注意喚起 暖房器具を使う際の注意点は? 実際に火災が起きたケースも
暖房器具の使い方に注意しましょう。(2022/2/12)

客室温泉やプライベートプールも:
千葉県鴨川市に、複合型リゾート「シーサイドテラス千葉鴨川」オープン 滞在スタイルの選択を可能に
マリントピアリゾートは、千葉県鴨川市にグランピング施設とヴィラを配した複合型リゾート施設「シーサイドテラス千葉鴨川」をオープンすると発表した。(2022/2/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。